外来語の故国の外来語に

日本人は何でも吸収する国民性ということなんでしょうか、日本語にはあまりにも多くの外来語が、それこそ溢れかえっているとは思いませんか?

どうして日本古来の言葉で表せるものまで、次から次へと外来語に置き換わって行くのでしょう? 外来語なんかなくたって、古くからある日本語だけで何でも表わせそうなものなのに・・・。

しかし、考えてみれば、なにも外来語があるのは日本語だけじゃないんですよね。

日本語に外来語があるように英語やフランス語にも外来語があります。そして、それらの中には日本から輸出されたものもあるんです。

でも samurai とか harakiri とか geisha とか、昔の日本語由来の外来英語って、そんなもんばっかりでした。

いつだったか、あるミュージシャン(確かビリー・ジョエルだったと思うのですが)のライブ・ビデオを見ていたら、彼がいきなり Kamikaze! と叫んだのでびっくりしたことがあります(もっとも我々日本人には「釜風」としか聞こえませんでしたが)。

同じような間投詞めいた言葉として wasshoi を載せている英語の辞書もあると聞きます。

最近ではアニメ=オタク文化から伝播した、anime, cosplay, hentai などが有名ですね。

もう少し別の分野では、ケニアのワンガリ・マータイさんによって全世界に提唱された mottainai なんかもそうです。

これなんか、外国語では1単語で巧く表すことができない概念なんですね。ちょうど英語の動詞 miss が日本語ではどうしても1単語で表せないみたいに。

思えば miss は「不在を実感する」という極めて哲学的な動詞です。仏教用語かなんかにも同じような概念を表す言葉があっても不思議ではないと思うのですが、ただ、英語の miss みたいにそこら辺の凡人が気軽に使う表現にはなりえなかったのでしょう。

でも、miss は日本では外来語になりませんでした。つまり日本人はそういう感覚を表す言葉を必要としていなかったということなのでしょうか。

さて、英語にはもちろん日本語以外の、フランス語やスペイン語、あるいはラテン語などから来た外来語がたくさんあります。

私が多分最初に憶えたのは rendezvous か Renaissance かのどちらかです。フランス語由来のものはともかくどう発音して良いのか判らない、綴りが覚えられないという特徴があります。

私が教わっていた英語塾の塾長は昭和1桁生まれで、「自立する女性」を自ら体現するような、まさに時代の先端を行く生き方をしてきた女性でしたが、彼女はこう教えてくれました。

ねえねえ、ルネッサンスって綴りが素敵じゃない!?
「恋愛賛成」って書くのよ。私、ひと目で憶えちゃった。

この言葉で私も一発で綴りを憶えてしまいました。もっとも正確に言うと「恋愛s、賛成」と途中でちょっと「噛む」んですけどね(笑)

最近よく目にする例では entrepreneur (企業家)があります。同じようにどう読むのか判らないし、綴りも却々憶えられません。多分フランス語を知っている人にとっては苦もなくできることなんでしょうけどね。

他にも debut とか matinee とかの演劇用語でもフランス語がそのまま使われているケースが少なくありません。

私などはヨーロッパの演劇と言えばシェイクスピア、つまり英国という思い込みがあったのですが、興行の先進国はフランスだったということなのでしょうか? この辺の事情に詳しい方がいらっしゃったら教えてほしいものです。

いずれにしても、英語にもちゃんと外来語があるのだという、言ってみれば当たり前のことに気がついて、私はなんだかほっとしてしまいました。我々が西洋から輸入してばかりの関係ではないのだ、という、なんだかイーブンになったような感じなんです。

実はもちろん、イーブンなんかじゃありません。明らかに日本は入超です。

ただ、数が多いか少ないかじゃないんです。私を安心させたのは、そんな風にして世界は相互に網目状に繋がっているのだという認識でした。イーブンでなくても充分です。

人と人とを結び、国と国とをも結ぶ──それが言葉の役割です。そう思うと日本語の中に溢れる外来語もまた、なんとなく愛しいもののような気がしてきました。

Copyright©yama-a Jan.2009mark

目次へ 次号へ 前号へ