「後悔したくない」人たち

近年スポーツ選手などのインタビューを聞いているとやたらと「後悔したくない」という言い回しを耳にします。

後悔だけはしたくありませんでしたから…。

精一杯やったので後悔はしてません。

これも言葉のあやだと言えばそれまでのことなんですが、どうも私は引っかかって仕方がありません。

後悔しろよー!

って思うんですよね。

私たちの若い頃って後悔の連続でしたよ。
青春ってそんなもんでしたよ。
会社に入って仕事をし始めたらこれまた後悔の連続。

ああすりゃ良かった。

こうするべきだったのに。

なんでそれが思いつかなかったのか。

ああっ、なんでまたあんな風に言っちゃったのか!

そんなこんなの後悔を積み重ねて人は育って行くものじゃないですか。それを最近はみんなで避けようとしているような気がします。お前ら、後悔しないことを生きる目的にしてんのかよ、そりゃ違うだろ、って言いたくなります。それって一種の恐怖症でしょ?

いや、もちろん「決勝には進めなかったけど自己ベストが出たから後悔していない」というのは、それはそれで筋が通っているし、後悔してなくても良いんですよ。ただ、どんな時にもことさら「後悔してない」ことを強調しようというのはどういう料簡なのか、って。

君はひょっとして後悔しないために生きているのかい?

スポーツ選手、それもトップ・アスリートならどうしても神がかり的な面はあるんでしょう。「後悔しないために練習に練習を重ねて、根性を出し切って」なーんてね。しかし、我々凡人の場合、冷静に見渡してみりゃ、自分のやったことで後悔の種に事欠くことなんかないでしょ?

大した後悔はないかもしれません。それでも構わないから自ら後悔を探し求めるくらいで良いのではないでしょうか?

後悔することが一世一代の恥みたいに思ってやいませんか? いや、恥かもしれない、っつーか、恥で良いんですよ。恥かいて成長するんだから。でも、恥っていうのは世間や他人との関係で覚えるもの、後悔は恥よりもずっと内省的なもので、自分の中だけで確立するものなんです。

つまり、自分の思いだけでなんとでもなってしまう。

つまり、何が言いたいかと言えば、君は後悔するのが嫌だという気持ちが強くて、それはそれで別に構わないんだけど、時々それが高じて「いや、俺は決して後悔なんかしていない」と自分を説きつけてやいませんか? 私にはそう思えて仕方がないことがあるんですよ。

後悔を忌み嫌っていませんか? もっと言えば、自分が傷つくことを何が何でも避けようとはしていませんか?

それは何故か? 一旦傷ついたらもう2度と立ち直れないから、いや、立ち直れないような気がするから。そうでしょうか? いや、そうかもしれません。ここんとこ、人間は随分弱くなりました。しかし、それでも、一旦傷ついてそれから立ち直ってきた人間に、私たちは敬意を払って生きてきたし、これからもそうして行くべきだと、私は思うのです。

口はばったい言い方ですが、私は後悔を恐れていません。今までも後悔してきたし、ある程度はその後悔を次の機会に役立てても来たつもりです。

それは、ただし、後悔しても平気という感覚ではありません。もちろん打ちひしがれます。今の言葉で言うなら凹みます。そして、後悔に覆いかぶさるような形でやってくる自己嫌悪に打ちのめされてきました。いちいち落ち込みます。

そう、後悔はそこにあって当然なものなんです。後悔は日常です。一挙手一投足に後悔します。後悔はいつも自分に付きまとって来て避けられない嫌な奴です。

でも、逆に後悔しないとなると本当に自分に対してフェアだったのかなという気がするのです。後悔しないようじゃダメでしょう、っちゅう感じかな。

うん、これも言葉のあやだと言えばそれまでの話です。

でも、たとえばこの文章を書いたことを私は後悔しないかと言うと、多分するでしょう。自殺するほどの後悔ではないかもしれないけれど、何らかの後悔はあるはずです。

しまった、こう書けばよかった。この例は良くなかった。いや、このテーマで書くならもっともっと練ってからにすれば良かった・・・。

で、きっと一部手直しをするでしょう。でも、この文章をネット上で消してしまうほどのことはしないと思う。しかし、その程度のものであるとはいえ、後悔は後悔です。それは人間の自然な感情だと思うのです。自分を冷静に評価していれば、それはたいていの場合現われてくるものなのではないでしょうか?

後悔って、私にとってはそんな存在です。

後悔したって構うもんか!

最後の決断に際して、私はそういう風に思うことのほうが多いです。

結局同じところに辿りつくロジックに見えるかもしれませんが、「後悔したくない」という思いとは根本的に違うものだと、私は感じています。

私は振り返ります。いつも苦い思いで振り返ります。振り返ってほぞを噛むのも人生の大切な一場面だと思っているからです。

後悔って、私にとってはそんな存在です。

Copyright©yama-a Feb.2009mark

目次へ 次号へ 前号へ