レシートと領収書

先日コンビニでミネラル・ウォーターを買ってiDで支払ったら、店員さんにこんな風に言われて驚いてしまいました。

「はい、レシートと領収書です」

レシートと領収書って、同じものなんじゃないでしょうか?

彼が何を指してレシートと言い、何を指して領収書と言ったのかは分からないでもありません。

キャッシュであろうとカードであろうとウェブマネーであろうと、何で支払われても入金が入力されたら必ずレジから出てくるのがレシート、カード払い等(今回の場合はiD)でカードや携帯電話をセンサーに読みこませたら出てくるのが領収書──彼はそういうつもりで言ったのでしょう。

後者は多分正式には「カードの支払い明細」と言うべきでしょう。コンビニともめた時の証拠になるのが前者、カード会社ともめた時の証拠になるのが後者。つまり、後者は決してお店がお金を領収したという証ではありません。

でも、こういう風に使い分けようとする発想って面白いなあと思いました。

日本人は外来語を使う名人だと言って良いと思うのですが、従来からの日本語と新参の外来語を少し意味合いの違うものとして併用したりするのです。

例えば mask の和訳は「仮面」であり、顔を覆うものは全てマスクと言って構わないはずですが、通常は風邪や花粉症の人が鼻から下を覆うものだけをマスクと呼んでいます(ま、プロレスラーの覆面の意味でも使われますけど)。多分最初に医療用語として輸入されたからなんですよね。

他にもそういう例は山ほどあると思います。

ただ、中には今イチ使い分けがよく分からないものもありますよね。

例えば暗証番号とパスワード。

かつてパスワードという外来語がまだなかった時代から暗証番号という言葉はありました。それは主に銀行のATM/CDに入力する番号という意味に限られてました。

私は password の翻訳が「暗証番号」で、やがてそれが翻訳されずに「パスワード」のままで流通し始めた、と勝手に信じていたのですが、よく考えてみるとかたや「番号」でこなた「言葉」です。

そういう意味では password の翻訳は「合言葉」なんでしょう。暗証番号に対応する英語としては、

などがあります。

ただ、インターネットで使ってるパスワードは「ワード」だからって、意味のある単語にしている人はむしろ少数派でしょうし、パスワードとしての安全性も低くなります。となると「パスワード」と「暗証番号」の差異がなくなってくるのです。

確かに和英辞書には「暗証番号」の訳語として password という単語も載っているので私の理解もそれほど間違っていはいないのでしょう。要するによく似たもんなんです。

ところが、最近インターネットや携帯サイトで会員ページに入ろうとした時に、「暗証番号」と「パスワード」の両方の入力欄があることがあるんですよね。

例えばDCMXの Member's Menu のログイン画面。「2つの方法でログインできます」と書いてあって、「暗証番号」と「パスワード」の2つの入力フォームが並んでいます。なんじゃ、それ?

ログイン画面を前にして、自分の憶えているのが「暗証番号」だったか「パスワード」だったか、いつもしばし考え込んでしまいます。

同じような例で言うと、日本映画のクレジットで

みたいな記述に出会うことがあります。

私たちTV業界の用語としては「制作」は単純に人間が番組を作ることを意味するのに対して、「製作」は会社が資金を提供して番組を作るという意味です。つまり、後者は著作権を意識して区別された表現なのです。ただ、この場合はその使い分けではなさそうです。

スタッフ・ロールで「製作」と「制作」を並べて使っている場合の区別は、恐らく executive producer と producer の訳し分けかと思います。前者は「製作総指揮」と訳されることも多いようです。

しかし、「制作」と「プロデューサー」の違いは何なんでしょう? それどころか

と3つ並んだ例も見たことがあります。これは一体何なんでしょう?

この役割分担はミステリです。しかし、「プロデュース」と「プロデューサー」という使い分けって凄いですよね。これはもう言語に尽くしがたいです。

ま、映画のクレジットなんてメンツを立てるためだけに載せてある場合もあるのでそんなに真剣に意味の違いを考えたって仕方がないんですけどね。一様に「企画:誰それ」と書いてあっても、名前だけで何もしていない人もいれば、作品の原案/骨格を作り上げた人もいるわけですから。

で、また別の例を思い出したのですが、それは「羊毛」と「フリース」。

──なんで? 羊毛はウールでフリースは化繊(って死語ですかね)でしょ? と思うかもしれませんが、fleece を辞書で引いてみてください。そこには「羊毛」と書いてあります。

第1の意味は「羊毛」。でも、もう少し先を読むと第2の意味として、我々が知っている所謂「フリース」、化学繊維のフリースが出てきます。

つまり、もともとは本物の羊の毛を表す単語であった fleece を、羊毛みたいな化学繊維が開発された時にそれの名前にしちゃったんですね。

これはややこしい。でも、これは日本語に翻訳するときに起こったことではなく、英語のままでその2つの意味を持ってしまったのです。恐らく今後は第1の意味はどんどん廃れて行くのでしょうけれど。

で、日本人はその fleece を輸入するときに下手に訳さずにそのままフリースとしました。だから、英語の場合に起こりうる混乱が日本語ではあり得なくて、従って日本ではフリースは間違いなく化学繊維なのです。

日本人って賢いと思いません? いや、このフリースの例なんて決して意識してやったことではないと思いますが、語彙をどんどん増やしながら巧く使い分けが成立しているのです。

でもまあ、一方でなにごともはっきり区別するのではなくて大概曖昧なまま放っておくのも日本語の特徴で、例えば上記のコンビニの例で店員さんの言う「レシートと領収書」を受け取った後で、「あのう、領収証いただけませんか?」って訊いてみてください。多分もう1枚、今度は手書きで「金○○円也 但し△△代として」と記した紙きれをくれると思います。

なんだかいい加減なくせにちゃんと通じるところが日本人の、いや、人間のすごいところだなあと思ってしまいます。

Copyright©yama-a Feb.2009mark


【追記】

今日は今日でコンビニから3000円の振り込みをしたら、店員にこう言われました。

「はい、レシートと、受領証です」

なるほど、これは新しいバリエーションです。彼が「受領証」と呼んだものは、振込用紙にハンコをついて切り取り線で切り取った右側の紙片のことで、そこには確かに「払込受領証(コンビニエンスストア用)」と書いてあります。

しかし、レシートも領収書(証)も受領証も、英語にしたら全部 receipt じゃないんでしょうか?

こういう使い分けをしている日本人ってやっぱりすごいですよね。

でも、領収書(証)と受領証は違うような気がします。前者はお金を受け取った証拠という感じなのに、後者は品物を受け取った証拠のような気がします。ところが、今日お金を振り込んだ証拠の紙には何故だか「払込受領証」と書いてあります。これはつまり、お金そのものを受け取ったということではなくて、お金の振り込みを受け付けましたよということなんでしょうか?

考えれば考えるほど、こういう使い分けは微妙ですね。

そう言えば、もっと汎用の「受け取り」という言葉もあります。

あ、でも、「受け取り」はかつてはもっぱら「受領印」、つまり「受け取った証拠についたハンコ」の意味で使われていたような気がします。「受け取りお願いします」というのが配達員の決まり文句でしたから。

こういう風にいろんなことに気がつき始めると、あなたもきっと私と同じように言葉の不思議から逃れられなくなってしまったのではないでしょうか。もし良かったら来月以降も、こんなどうでも良いことを一緒に考えてみませんか? ではまた。

Copyright©yama-a Mar.2009mark

目次へ 次号へ 前号へ