イオン寒天

今年の初めの号で「お騒がせ」が「おさがわせ」になってしまうという現象に少し触れました。これを専門用語では「音位転換(metathesis)」と言うのだそうです。

今回はこれをテーマに少し書いてみました。今回のタイトルは音位転換の激しい音位転換です(笑)

こういう風に、ひとつの単語の中で隣り合う音が入れ替わってしまう現象って意外に少なくないんですよね。

特に小さな子供はこういう間違いをしょっちゅうやります。私が個人的に見聞きしたものでは「クリーニング」が「クニーリング」とか、「エレベータ」が「エベレータ」とか、「高島屋」が「たかましや」とか、他にもいくらでもあります。

言いやすいほうに流れるという傾向があるんですね。もっともAとBとどちらが言いやすいかというのはかなり主観的な判断になってしまいますが…。

大阪市内に住んでいた親戚のおばさんが「お醤油」のことを「おしょゆう」と言っていたのを思い出します。

矢野顕子のデビュー・アルバム"JAPANESE GIRL"に『へこりぷたぁ』というのがありますが、これも確か彼女の長男の言い間違い(憶え間違い)に因んだタイトルだったと記憶しています。

子供だけではなくて大人も言います。言い間違いもあれば、ふざけて言う場合も。

例えば「体」のことを「かだら」などと(こんなこと言うの関西人だけか?)。「鉄コン筋クリート」なども近いものがあります。初めは訛りや言い損ねだったものを誰かが面白がって真似して、あげくに定着してしまったんでしょうね。

同じような成立過程を辿ったものとしてギョーカイ人の逆さ言葉や2ちゃんねる語などがあります。

でも、そんな風に面白がって使うものではなく、結構大真面目に間違えたまま流通している言葉があります。

冒頭に挙げた「おさがわせ」がその最たるものですが、他にも「シミュレーション→シュミレーション」という例があります。

原語の綴りは simulation(動詞は simulate)ですから落ち着いて考えれば間違わないはずなのですが、ついつい発音のしやすさから「シュミレーション」と言ってしまう人もいるみたいです。

また、昨今の日本語ブームに乗ってよく引き合いに出される例として「あたらしい」とか「だらしない」などがあります。これはまさに蘊蓄の類なんですが、元々はそれぞれ「あらたしい」「しだらない」だったんですね。それが音位転換を起こしました。

「新た」の形容詞なんだから「あらたしい」が正解であり、漢字で書くと「設楽ない」だと聞けばなるほどと納得するでしょう。

同じような蘊蓄話に「さざんか」があります。これは漢字で書くと「山茶花」ですから、本来は「さんざか」であったという説です。そう言われれば「へえ、ホンマかいな」っちゅう気がしますよね。

もひとつ同じような例で「あきはばら」があります。これも一説によると本来は「あきばはら」だったものが「あきはばら」になったのだそうです。

確かに漢字で書いたものを先入観なしに読むと「秋+葉原」よりも「秋葉+原」のほうが自然な気がします。ならば「あきばはら」ですよね。略称だけはいまだにちゃんと「アキバ」ですし。

それから「なおざり」だったか「おざなり」だったか分からなくなることないですか?
この例のややこしいところは両方とも存在する言葉であり、意味が違うということです。

前者は「おろそか、放ったらかし」。後者は「その場限り、間に合わせ」。どちらも「いい加減」で、微妙にニュアンスが似通っているところも厄介なところです。

あと、癌に効くと言って何年か前にブームになったきのこがありましたが、あれがアガリクスだったかアガリスクだったか分からなくなります。

他にも「可愛さ余って百さ憎倍」とか…。

まあ、こういう間違いシリーズになると、このサイトの別コーナー『ちゃうちゃう大全』をご覧ください。実はこのコーナーは「ほぼ日」の「言いまつがい」よりも古いんですよ。誰もそんなこと知りませんけど(泣)

皆さんも面白い例があったらメールをお寄せください。ではまた。

Copyright©yama-a Mar.2009mark

目次へ 次号へ 前号へ