淀むことなく読めますか?

ちょっと前に『クイズ!ヘキサゴンII』を見ていたら、“おバカタレント”のひとりであるスザンヌが「淀君」を「さだくん」と読んだのでびっくりしました。

もっとも、漢字なんてものは知っていれば読めるし知らなければ読めないというだけのものですし、知らなければその漢字のツクリから類推するのが常套手段で、そういう意味では彼女が「淀」を「さだ」と読んだのも別段驚くようなことではありません。

このクイズ番組のこのコーナーは、凡そ漢字や外国語が読めそうもないタレントに漢字熟語や横文字満載の問題文を読ませて、(当然読み間違いやヤケクソ読みだらけの)それを聞いているチームメイトが元の問題を想像しながら答えを言い当てるという企画です。

だから、スザンヌは前後の脈略全くなしに「淀君」で始まる文章を見せられた訳で、気の毒と言えば気の毒です(まあ、TV的には狙い通りなんですけど)。

もしもこれがお姫さまの名前だと分かっていれば、ひょっとしたら「君」の字は「きみ」と読めたかもしれません。可能性は低いですけど(笑)

しかし、それにしてもなんで「淀」の字が読めないかなあ、というのが私の驚きでした。スザンヌは日常生活でこの字に接触しなかったのでしょうか? 「知っていれば読めるし知らなければ読めない」というのは普段の生活の中で出会っているかいないかが読める/読めないの別れ目になるという意味です。

彼女を「発掘」した RKB のIプロデューサは冗談半分で彼女を「ウクライナ出身」という売り出し方をしようとしたらしいのですが、実は九州の出身です。日本人です。

日本で育った日本人なら成人するまでの間に「淀」の字に遭遇していても良さそうなもんだ、と私は訝ったのでした。

これが大阪人なら、小さいころからもう何度となく「淀」の字には出くわしていたはずです。

なぜなら、大阪には淀川が流れており、淀屋橋という地名があるからです。淀屋橋に行けば実際に淀屋橋という名の橋も掛かっています。もっとも淀屋橋の下を流れているのは淀川ではなく土佐堀川ですが。

淀屋は江戸時代の大坂の豪商の屋号で、その淀屋が開拓した中之島に架かった橋を、淀屋に因んで淀屋橋と名付けたのだそうです。

淀屋という名前は多分淀川に因んだものではないでしょうか?
では、淀川はなんで淀川という名がついたのでしょうか? 余程淀んでたんでしょうか?

で、淀君の淀も(彼女もまた大坂城にいた大阪ゆかりの人物ですから)やっぱり淀川に因んだんでしょうか?

まあ、それはともかくとして、淀川という大きな川に因んで、大阪市には淀川区という区もあります。今では北区に編入されてしまいましたが昔は大淀区という区もありました。

それから、府立淀川工業高校、府立淀川工科高校、淀川女子高校、府立東淀川高校、府立東淀工業高校、府立北淀高校、淀之水高校など、名前に「淀川」や「淀」の字が入った高校も山ほどあります。

これだけ淀という字がある訳ですから、大阪人なら間違いなく「淀」という字が読める訳です。

で、そう考えたら、東京にも淀橋区という区があったじゃないか、と思い出したのですが、まあ、昔のことなんで若い人は知らないかもしれません。今では新宿区の一部、JR新宿駅の西側一帯です。

で、その淀橋区を発祥の地としてヨドバシカメラができたのですが、見た通り今ではカタカナ表記なので「淀」の字を憶える助けにはならないんですね。もし、これが漢字だったらさすがのスザンヌも「淀」という字を憶えたと思います。

でも、「淀」の字は地名だけではなく人名にも使われているじゃないですか。そういう人物をスザンヌはひとりも知らないのでしょうか?(なんでそんなにスザンヌの身になって考えてやっているのか我ながら不思議ではありますが、思考が止まらなくなってきました)

一番の著名人としては、「それでは皆さん、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」でお馴染みの映画評論家、故・淀川長治氏(本当はヨドガワナガハルなんですが名前も音読みしてヨドチョーと略されました)。

でも、ヨドチョーさんが亡くなったのが1998年ですから、スザンヌくらいの年齢だと彼が解説していた『日曜洋画劇場』を見た記憶はないのかもしれません。となると読めなくても仕方がないのかな。

で、ヨドチョーで思い出したのですが、ヨドコウ(淀鋼)という会社もあります。しかし、これも淀川製鋼所の略で、やっぱり大阪の会社です。九州出身の“おバカタレント”が知らなくて当然です。

他にも淀川姓の著名人っていませんでしたっけ?

あっ、いました! 淀川吾郎──意味もなく首を小刻みに振る芸で名を売った吉本新喜劇の役者さん。借金で本当に首が回らなくなり失踪したとか。古すぎるし、ローカルすぎるか(笑)

ああ、こんなに探しても全国区の「淀」に行き当たりませんね。

前に夙川の「夙」について書きましたが、それに負けず劣らず、「淀」もどうやらかなりローカルな漢字のようです。

Copyright©yama-a Mar.2009mark

目次へ 次号へ 前号へ