すべからく誤りを正すべし

言葉には音があります。日本人はあまり意識していないかもしれませんが、その音の響きから私たちはたくさんの印象を受け取っています。

英語では例えばDの音を重ねると不吉な重苦しい雰囲気が出るとされています。英詩ではそういうテクニックがよく使われます。

これは日本語でも同じではないでしょうか? ダ行の音は暗く重く激しい感じがします。

同じくサ行ならサラサラした感じ、ナ行やマ行なら柔らかい感じ、ハ行は薄いものがはためく感じ、ラ行は響いたり弾んだりする感じ、ガ行やダ行なら何かがぶつかるような感じ、バ行はそれが割れる感じ、等々。

昔の和歌にはそういうことを意識したものがたくさんあります。ここでは詳しく書きませんが、百人一首を見ただけでもいろんな例が見つかります。

ところが、こういう語感に引っ張られて意味を取り違えることがあるのです。

以前も取り上げたことがありますが、例えば「はんなりと」。──この京都弁は近年使われる機会が全国的に増えてきたように思いますが、残念なことにその多くが「京都らしい柔らかい物腰」を表す言葉として間違って使われているのです。

正しくは「派手だけど上品だ」という意味です。派手な柄はともすれば下品になってしまいがちですが、上品なものの中に華があることを指すのが「はんなり」であり、その語源は「華なり」なのです。

でも、なんか「すんなり」とか「ほんのり」とか、そういう音の似た単語が大体柔らかい印象を呈していることもあって、「はんなり」もそういう言葉だろうと思い込んでしまい、「派手」という意味とは想像しにくいのです。

そう、言葉に音があるということは、逆に私たちは音から言葉の意味を知ろうとすることもあるということです。で、その結果、音の似た単語に引っ張られて間違った意味を憶えてしまうこともあります。

私の体験を書きましょう。

例えば「おっとり刀」:

この言葉を初めて聞いた時、私は「一大事だというのに妙に落ち着いてゆっくりと刀を携えるさま」を連想しました。これはまぎれもなく「おっとりした」に引っ張られたのです。

正しくはこれは「押し取り刀」が促音便になった「押っ取り刀」でした。「あまりの緊急事態に、刀を腰に差す暇もなく手に持ったまま駆けつける」という意味でした。

例えば「可及的速やかに」:

私はこれをずっと「めちゃくちゃ急いで」という意味だと思ってました。ところがある日辞書を引いてみると「できるだけ早く。なるべく急いで」と書いてあったので驚いたのです。

そもそも私の場合カキュウテキという単語は耳から憶えて、それで勝手に「火急的」だと思っていたのです。で、字が後に目から入ってきて「可及的」だと判り、一応頭の中で訂正したのですが、意味のほうはいつまでたっても「火急的」がこびりついていたのです。

あるいは(これも「はんなりと」と同じ回で取り上げましたが)「すべからく」:

これは間違えている人が非常に多いですが、私もかつてはそのひとりでした。どうしても「すべて」に引っ張られて「すべて」という意味だと思ってしまうんですね。

でも、これも多分以前書いたはずですが、スベカラクは漢文の再読文字「須」であり、「スベカラク…スベシ」と読み下し、「必ず…しなさい」という意味です。だから、そもそも「べし(べき)」と一緒でない使い方は間違いですし、「すべて」という意味もありません。

あと、巷に多い間違いは「嗚咽」と「嘔吐」の混同:

「嗚咽」はむせび泣くことであって吐いたり戻したりすることではありません。これもきっと音から来ているのだと思います。即ち、オエツ→オエッ→嘔吐、という連想。

それから、これはちょっと毛色の違う例ですが、「煮詰まる」:

皆さん、この言葉を悪い意味で使ってませんか? 「ひとりで考えてたら、なんか煮詰まってきちゃって」などと、「行き詰まる」と同じような意味で。

これは「詰まる」に引っ張られているのです。パイプであれチューブであれ血管であれ内臓であれ連絡経路であれ出世の道であれ恋の通い路であれ、日常生活において通常は詰まると碌なことがありません。

ところがこれは料理用語なんです。和食用語なんです。煮物用語なんです。

和食の煮物は充分に味が染みるように、最後の最後に強火で煮詰めるのが決まり切った手順です。だから、「煮詰まる」というのは完成に近づくという意味なんです。

本当は「途中で随分手こずったけど、漸く煮詰まって来た」などと良い意味で使わなければならないのです。

どうです、皆さん? 音そのものや音の似た単語に引っ張られて間違って憶えている言葉はありませんか?

間違いに気づいたら、可及的速やかに頭の中身を入れ替えておきましょう。

Copyright©yama-a Apr.2009mark

目次へ 次号へ 前号へ