対句の微に入り細を穿つ

よく「微に入り細に入り」と言う人がいます。私は「微に入り細を穿ち」と言います。「すでに微かなところにさらに分け行って、充分細かくなっているものをさらに打ち砕いて」という意味です。

どっちが正解などと言う気はありませんが、対句としての完成度としては後者の方が高いと言えるのではないでしょうか。

「微」と「細」の対比、「入る」と「穿つ」の対比、そして「微」に対する「入る」の関係と「細」に対する「穿つ」関係との対比──これらが全て揃った時に初めて対句は完成するのだと思います。

だから「微」と「細」が「入る」を共有する「微に入り細に入り」では少し物足りない気がしてしまうのです。ま、あくまで私の場合は、ですけどね。

同じ観点からすると、宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ」というのもやや美しさに欠ける気がします。例えば「雨ニモ負ケズ風ニモ屈セズ」でどうでしょう?

ただ、それでは「負ケズ」がやまと言葉であるのに「屈セズ」が漢語であるところが感心しません。ならば「雨ニモ負ケズ風ニモ怯マズ」でどうでしょう?

このように同じ単語を使うのを避けて表現に変化をつける練習をしていると、文章に幅が出てくると思いませんか?

ところで「怯マズ」は「ひるまず」と読めましたか? 平仮名で書いておいたほうが良かったかもしれませんが、でも「負ケズ」が漢字の訓読み+送り仮名2文字なので、ここはどうしても「怯マズ」と書いておく必要があったのです。

そういう配慮、と言うか、そういう細かいことへのこだわりが対句の質を高めるのだと、私は思っています。

ともによく使われる表現ですが「雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ」よりも「雨よ降れ、風よ吹け」のほうが対句としての完成度は高い、と私は感じます。

そう言えば大昔のプログレッシブ・ロックバンド"ピンクフロイド"の作品に『吹けよ風 呼べよ嵐』というのがありました。

これも対句です。でも、ちょっと傷がありますね。

「吹けよ」と「呼べよ」の対比、「風」と「嵐」の対比は成り立っているのですが、「吹けよ」と「風」の関係は動詞と主語(風が-吹く)であるのに対して「呼べよ」と「嵐」の関係は動詞と目的語(嵐を-呼ぶ)になってしまっているからです。

こういう細かいところに神経を使わないと綺麗な対句はできないのです。肝に銘じておいてほしいものです。

まとめてみましょう(私の勝手なまとめですが)。

対句は ax+by という形式です。そして以下のようなルールが成立する必要があります。

  1. aとxの関係がbとyの関係と同じ
    例)aがxの修飾語ならbもyの修飾語
    例)xがaの目的語ならyもbの目的語
  2. aとb、xとyもそれぞれ対になる
    例)aとbは互いに類義語、対義語、等々
    例)xとyも互いに類義語、対義語、等々
  3. ただし、2つの対が必ずしも同じ関係とは限らない
    例)xとyは対義語だがaとbは類義語、等々

例えば「温故知新」=「故きを温ねて新しきを知る」。

ax= 温故・・・a が動詞で x が目的語
by= 知新・・・b が動詞で y が目的語
・・・a と b は類義語、x と y は対義語

こんな風に対句を知るなら漢詩/漢文に材を求めるのが一番良いと思います。

どうです、結構楽しいでしょ? 私はこんな風に微に入り細を穿つ遊びが大好きです。

Copyright©yama-a Apr.2009mark

目次へ 次号へ 前号へ