「国語」が問うもの、「国語」が問われるもの

いきなり自慢話みたいなことで恐縮ですが、小中高校を通じて、私にとって「国語」は世に言う「得意科目」でした。ただし、わざわざ「世に言う」と書いたのは、私自身には「国語が得意だ」という意識はあまりなかったからです。

(すいません、この後も少し自慢たらしい表現が続くかもしれませんが、できれば辛抱してお読みください)

結果的に試験を受けると全受験者の平均より高い点を取っていたというだけのことで、でも自分としては「他人よりできたんじゃないかな」という思いさえなくて、点数を聞かされても「ふーん」という感じでした。

英語も得意科目でした。でも、英語については多少とも「得意科目だ」という意識はありましたね。ただ、得意科目だという前に「好きだ」という気持ちのほうが強くありましたが…。

それに対して国語の場合は「得意科目だ」という意識もなければ、好きとか嫌いとか思ったことさえありません。なんかもっと平板な感じ。そもそも受験科目であること自体が不思議な感じでした。

古文や漢文は別として、そもそも現代国語なんて勉強した記憶がないし、勉強のしようもないし、だから「得意だ」とか「学力が伸びた」なんて実感しようがなくて、だいたい問題を解いていても面白さがないんですね。

例えば数学なんかだと問題を解いている時が一番面白い訳で、だから私は数学は苦手科目でしたけど好きな学科でした。

現代国語は問題を解いてもちっとも面白くありません。でも、問題文を読むのはとても面白かったです。それは古文や漢文でもそうでした。英語も同じです。問題を解く前に、まず教材を読むのが面白かったのです。

──この辺が他の教科との違いだと思います。数学の問題文を読んで面白いなんて思ったことはありませんから。

で、今から考えると、その感覚は正しかったような気がするのです──国語の問題を解くことに何の魅力も覚えず、それよりも教材となっている文章を楽しんで読んでいたということが。そういう読み方が正しい読み方を育ててくれたように思うのです。

で、ここからやっと今回の本題に入るのですが、学生時代に国語が苦手だったという人が書くよりも国語が得意だった私が書く方がよほど説得力があるだろうと思って、わざわざこんな書かなくても良いような前置きを書いた次第です。

私が書こうとしているのは、日本の国語教育というのはどこか根本的な欠陥があるのではないかということです。もちろん私が習った時代と今では国語教育も根本的に変わってきているのかもしれませんが…。

私が習った「国語」の出題文で多かったのは「この文章で作者が一番言いたかったことは何か」です。小中学校のテストで山ほど出題されました。

そして、今、時代を振り返ったり世の中を見渡したりしてみて、ひたすらこういう問題を解く訓練を受けたことが日本人の思考力を阻害することになったのではないかと思うのです。

もちろん、相手が何を言いたかったのかを読み取る力は必要です。話を聞いても文章を読んでも、ちゃんと相手の言いたいポイントを掴めなけれが日常生活にさえ不自由するでしょう。

でも、そのことばかりに気を取られ過ぎるのも好ましくないのではないかと思うのです。脇に逸れることも必要なんです。中心を掴んで、脇にも眼をやることによって初めて全体像が把握できるのですから。

我々は骨組みを捉えようとするばかりに肉を切り落とし過ぎたのではないでしょうか?
「作者の一番言いたかったこと」が文章の総体であると勘違いしていないでしょうか?
全体から代表的な部分を切りだすことが知的な作業だと思い込んでいないでしょうか?

たまにはこんな出題も必要だったと思うのです。

この文章の中で、作者が一番言いたかったことではなく、むしろ余談の類であるにも拘らず、強い意志を以てあえて挿入されていると思われる個所はどこでしょうか?

他には例えば、

この文章の中では必ずしも必要ではない部分ですが、この作者が固定的な自分の読者に対する「ファン・サービス」のような感覚で自らも楽しんで脇道に逸れている箇所があります。それはどこでしょうか?

あるいは、例えば作者が夏目漱石だったとしたら、

この文章の中心的なテーマからは少し外れますが、いかにも漱石らしいと思われる表現があるのはどこでしょうか?

本当は「作者の一番言いたかったこと」と併せて、こういう出題もしておくべきだったのだと思うのです。

ただ、こういう出題は採点が難しい、と言うか、何が正解なのか却々意見が一致しないでしょう。

いやいや、そこよりこっちのほうが如何にも漱石らしいでしょう。
いやいや、一般にそんなことが漱石の特徴だと思われていますが、そうではありません。それはむしろ時代の特徴であって、漱石個人の特徴としてはこういうところに眼をつけるべきです。
いやいや、漱石の特徴は文章全体の構成力にあるのであって、そもそも漱石の特徴として文章の一部分を抜き出させようとする出題自体が間違っています。

等々。議論百出。

結局のところ「作者が一番言いたかったこと」であれば最大公約数的に「正解」を決めやすいのですが、上記のような出題をしてしまうと、何が正解なのか意見が分かれすぎるし、解答を見て優劣をつけることも困難になってきて収拾がつかなくなります(そこが面白いのにね)。

でも、本来はこういう風に答えのはっきりしていないテーマについて議論をすることこそが必要なのだと思うのです。特に日本人の学童生徒学生にとって絶対的に欠けているのがこういう風に議論することであり、全体を見通す力であると思うのです。

ものごとは全体をとらえるべきです。もちろん分解して分析するのは悪いことではありません。でも、最後に必要となるのはそれを再構築することです。

たったひとつの正解に辿りつくのも学問の醍醐味ですが、正解のはっきりしないことを皆で考えるのも大切で楽しいことです。そんな中で他人の着想に驚き、刺激され、個性を重んじる心が育つのです。世の中が1つの原理で動いていないことを知るのです。

今、周りを見ていると、「要するに○○でしょ」「このことだけ意識しておけばとりあえず大丈夫」みたいな言説が横行しているのが気になります。

少し穿った見方かもしれませんが、こういう悪習に導いた張本人が"「作者が一番言いたかったこと」教育"だったのではないか、と少し愕然としているのです。

採点して優劣をつけることだけが教育ではないはずなのに、単にそういうことがやりやすいということだけで「作者が一番言いたかったこと」ばかりが問われます。

言うまでもないですが、コミュニケーションは「一番言いたかったこと」だけで構成されているのではありません。

全体を見る眼を育むために、「国語」はもっといろんなことを問うべきではないかと思うのです。

国語が問うてきたものがそれで良かったのか、今こそそれが問われるべきだと思います。

Copyright©yama-a May.2009mark

目次へ 次号へ 前号へ