お皿洗いから始めよう

私の会社の取引先に外国人の営業マンがいます。

コーカサス系のアメリカ人、解りやすく言うと白人です。

ファースト・ネームがあって、ミドル・ネームもあって、それからファミリー・ネームが続いて、それで終わりかと思ったら最後に「V世」が付く厳めしい名前の持ち主です。でも、決して名前ほど厳めしい人物ではなく、至って気さくな男です。

日本語ペラペラで、その滑らかな喋りが一層彼を気さくな男に見せます。ただ、ペラペラとは言っても、決して日本で生まれて育った人間の発音ではなく、あくまで後から学んだ発音です。

彼がいつから日本にいるのかは知りませんが、後から学んだ人間としてはかなり流暢な日本語です。

しかし、とは言え、やはり時々間違いはあるものです。

こないだ来社したときには、こんなこと言ってました。

一からのお皿洗いになって申し訳ないですが、確認の意味で説明しますと…

なるほどなあ、と思いました。こんなネタは「ちゃうちゃう大全」のほうに書いたほうが良いのかもしれませんが(まあ、そこにも後で書いておくつもりではありますが)、あまり笑えるネタではないんですよね。それよりも感心してしまいます。

なるほどなあ、我々だって、こういう間違いするよなあ、って。

同じ「ちゃうちゃう大全」に載せた例では「耳たぶ」が「耳ぶた」になってしまう(耳の蓋だからミミブタ)とか、「山吹色」を「ヤマブ黄色」だと思ってしまったりするのに似てますよね。発音のよく似た別の意味の単語が入り込んでしまう例です。

彼の頭の中の「おさらい」とは、きっとせっかく洗ったお皿をもう一度洗い直すイメージだったのでしょう。

その彼が会社に戻って、今度はメールをくれました。

考えてみたら、ワープロの発明は日本語を学ぶ外国人にとって日本語を書くという行為のハードルをかなり下げたんでしょうね。

自分の手で書くとなると、やれギョウニンベンだとかフルトリだとかいろんな部首の形を憶えなければならないでしょうし、たとえ眼で識別できるようになったとしても、それを自分の手できれいに書けるようになるにはさらに年月を要するでしょう。

ところがワープロなら、打ち慣れた QWERTY 配列のキーボードを叩いて、それに続いて英語のタイプライターには存在しない「変換」キーを押すだけで美しい日本語が書ける訳ですから。

彼の書く日本語も大したもんです。ワープロで書くとなると発音のボロは出ませんので、日本人が書いたのと全く区別がつきません。

しかし、とは言え、やはり時々間違いはあるものです。

このメールには、こんなことが書いてありました。

先日はお忙しいところお時間を割いていただき、どうもありがとうごじえました。

どうも「お代官様、おねげえでごじぇえますだ」と嘆願されているみたいで、なんだか可愛くさえあるのですが、しかし、こっちの間違いのほうはよく解りません。似たような打ち間違いは我々もやりますが、我々日本生まれ日本育ちの日本人ははこういうパタンの間違い方はしません。

タイプしていてよく起こる間違いは、こないだの「音位転換(metathesis)」じゃありませんが、入れ替わってしまうという形です。

gozaimasu と打っているつもりが、ついつい左手の小指より右手の中指のほうが先に動いてしまって goziamasu になってしまうようなことが、私にはよくあります。
皆さんもそうではありませんか?

しかし、彼の間違いは「ごじあます」ではなくて「ごじえます」でした。この e は一体どこから出てきたのでしょう?

そう言えば、かれは za の発音が苦手みたいで、gozaimasu が時々 gojaimasu っぽくなってしまいます。しかし、もし間違ってそう憶えているのなら「ごじえます」ではなく「ごじゃいます」になるはずです。

この「え」は一体どこから来たのでしょう? 今度彼が来たときにそれとなく訊いてみましょうか? いや、やっぱりやめましょう。

例えば逆に、私が間違えた英語を喋ったり書いたりしたときに、相手がこんな風に間違いの原因を一生懸命解明しようとしたりしていると、やりにくくって喋ることも書くこともできなくなってしまうでしょうから。

こういう言葉好きの人って、外国語を学んでいる外国人にとってはさぞかし嫌な相手でしょうね(笑)

一からお皿洗ってる人に「何お皿洗ってるんだよ、違うだろ?」なーんてね。ははは、私は嫌な野郎です。

でも、外国人の過ちのパタンの中に日本語固有の特徴や人類共通の傾向を探して/見出してしまうのは私だけではないですよね? だって、そこからいろんなことが見えてくるんですもん。一からお皿を洗うのって、とても意味があることなんだよ。ありがとう、ハワード君。

Copyright©yama-a May.2009mark

目次へ 次号へ 前号へ