ララピポに広がれ、ララピポ式表記

ちょっと前に『ララピポ』という題名の邦画がありまして、と言うか、これはそもそも奥田英朗の同名の小説を映画化したものだったんですが、そんなこと知らない私はこの映画のポスターを前にして、「なんじゃ、そりゃ?」とひとりごちたのでした。

で、後で知ったのですが、ララピポとは (a) lot of people のことでした。私は「それじゃあ大半の日本人には理解されないだろう?」という憤慨と、「でも英語教育という面から考えれば、こういうタイトルが付くのは良いことかも」という妙な感心が交錯したのでした。

もう随分前に、英語のカタカナ読みをそのまま洋画の邦題にしてしまうことについてけしからんという記事(その1その2)を書きましたが、今回はそれとは逆に、こういう表記はある意味歓迎すべきことなのかもしれないという気がしたのでした。

これは耳から入って来た英語です。日本人は眼で憶えた英語に長らく親しみすぎたので、ここら辺で耳からの洗礼を受けることは良いことだと思うのです。

確かにそう聞こえます── lot of がララ。これは (a) kind of が kinda、(a) sort of が sorta になるのと同じですね(いずれも「ある意味」とか「多少」とかいう意味です)。

そして、people がピポ、double がダボと聞こえます。ならば自分が言う場合も people はピポ、double はダボと発音しておけば完璧かと言うと、それはそれでちょっと荒っぽすぎますが、でもどうせカタカナ読みみたいな発音しかできないのであれば、それもアリでしょう。

マクドナルドをマクダナーって言っちゃおうという類ですね。

カタカナで(つまり、日本人のスピードで)ピープル、ダブルなどと言ってもまず解ってもらえることはないでしょうが、ピポ、ダボなら通じる可能性が出てきます。

ワンダフルよりワンダフォー、ビューティフルよりビユーレフォーのほうが通じるのと同じです(ここまでの4例を見ると語末の [l] の発音の感じが掴めるでしょう)。

同じ邦画のタイトルで言えば『チェケラッチョ!!』というのがありました。これは Check it up you all! でした。

この辺はむしろヒップホップなどの音楽を通じて入って来た表現ですよね。Check it up! をチェケラッ、baby をベイベなんて書き始めたのは日本におけるラップの先駆者たちでした。

私はこのサイトで「英語における [i] は日本語のイと同じではなく、日本語のイよりも幾分エに寄った音である」ということを何度か書いて来ましたが、チェケラッやベイベはまさにそのことを裏づける表現でした。

他にもこのサイトでは「英語における [o] は日本語のオよりもアに近い音である」みたいなことも書いて来ましたが、図らずもその証左となっているのがララピポのララであり、マクダナーのダであり、イツナロウバのナなのです。

だから、こういう表現を見るととても嬉しくなるのです。

ちなみにイツナロウバは Kick the Can Crew の歌のタイトルで、It's not over です。イツナトウバではなくイツナロウバになっているのは、アメリカ英語では [t] がしばしば [l] に近い音で発音されるのを反映しています。ビューティフルがビユーレフォーになるのと同じです。

どうです? 個別の実例に触れると発音になんか説得感が増すでしょう? それを思うとこういう表現が街に溢れることを私は歓迎したくなるのです。

思えば日本人は英語に触れる前にローマ字に触れますよね? あれが英語(あるいは広く外国語)の発音を悪くさせているのではないかという気が最近とてもするのです。

小学生は最初にアルファベットで日本の音を書き表わす方法を学びます。そんなことすると、英語の綴りを見てもそれらが全部日本語の音に「見えて」しまうようになるのも無理はないのではないでしょうか?

まず音から英語を学び、それから綴りを知り、そして最後に、その応用として英語の文字で日本語の発音を書き表わす方法(つまりローマ字)を習うというのが、こと英語の発音を学ぶのに限っては有効な順番のような気さえしてきます。

いっそのことローマ字は小学校で教えないことにしたらどうでしょうか? 眼は時として耳にとっての障害となるのです。

だから、その障害を乗り越えてララピポ、チェケラッチョなどと書き始めた日本人を、私はなんだか愛おしいようなありがたいような気持ちで、こうして祝福しているというわけです。

ララピポに広がれ、ララピポ式表記。

Copyright©yama-a Jun.2009mark

目次へ 次号へ 前号へ