ゴミを前に立ち尽くす

ゴミの分別回収に際して、私はそこで使われている用語の意味するところに時々悩んでしまうことがあります。

ゴミの分別の仕方は自治体によって本当にまちまちですが、それでもどこの地区でも全てのゴミが一緒くたということはなく、「第何・何曜日は何ゴミの日」というのが決まっています。

そんな中のひとつ、「燃やすゴミ」の日が来ると私は必ず思い出すことがあるのです。

それは私の会社の同僚が(彼も私も都内で独身一人住まいしていた時のことですが)、ある朝「燃えるゴミ」の日にゴミ袋を持って出たら、そこにちょうど回収車が来ていて、彼が持っていた透明ゴミ袋の中に発泡スチロールが入っているのが見つかって、係の人に怒られたのだそうです。

しかし、彼は負けませんでした。

「燃えるゴミでしょ? 燃えますよ、発泡スチロールは。なんならここで火つけてみましょうか?」

確かに、やったことがある人ならご存知の通り、発泡スチロールに火をつけると、チロチロとした本当に頼りない炎ですが、それでもちゃんと燃えながら溶けて行くのが判ります。

彼は「燃えるゴミの日だから燃える発泡スチロールを出した」と言って一歩も引かなかったのですが、しかし、ゴミ回収車のスタッフからはにべもなく却下されたのだそうです。

そういうトラブルに学んだからなのか、今ではほとんどの自治体が「燃えるゴミ」ではなく「燃やすゴミ」という表現を使っているのではないでしょうか。

なるほど、「分別の基準はその物体が可燃物かどうかではなく、自治体が燃やして処分するかしないかである」と言う訳ですね。

もっと悪く言うと、自治体の職員が住民に対して「お前が燃えると思うか思わないかなんてどうでもいいんだよ。問題は俺たちが燃やすかどうかなんだ!」とほざいてる感じ。

そういうことであれば、上で書いた私の同僚のような主張は完璧に排除される訳です。

冒頭に書いたように、自治体によってゴミ処理の方法はまちまちで、例えばプラスティック製品を一般ゴミと一緒に焼却しているところと分別回収しているところがあります。しかし、「燃やすゴミ」という表記をしておけば、どちらのケースであっても見事に使えるのです。

しかし、そうなると一般市民がゴミを出す上で、いちいち市がどのようにゴミを処分しているかを調べてからでないと出せないことになってしまいます。これは非常に不親切です。

そういうことのないように、細かく指定したマニュアルを配っている自治体もあります。

食品から出たゴミは、それが燃えるか燃えないかにかかわらず「生ゴミ」であり、「生ゴミ」は「燃やすゴミ」の日に出す。従って魚の骨も梅干しの種も「燃やすゴミ」。

燃える部分と燃えない部分の両方からできていて容易に分離できない場合は体積の大きい部分で判断する。従って木製の柄のついたフライパンは「金属・ガラス」。

これは実際私がかつて住んでいた自治体で配られていたマニュアルに書いてあったことです。ここまで書いてくれるとすっきりします。逆に言うと、多くの自治体で使われているゴミ分別に関する用語は極めて曖昧なのです。

たとえば、プラスティックは分別回収しているけれど決して燃やしていない訳ではなく、一般ゴミとは別に、一般ゴミより高温で焼却している、というケースもあると聞きます。

そういう場合プラスティックはやはり「燃やすゴミ」のはずで、一般ゴミと区別するために本来なら「燃やすゴミB」とか「高温焼却炉で燃やすゴミ」などと表記すべきなのに、「燃やさないゴミ」に含まれてしまっているのです。

そういうことに私はどうも釈然としないのです。

あと引っ掛かるのは「新聞紙」。

私が今住んでいる地域では「新聞紙」ではなく「新聞」という用語を使っているので表現上の混乱はないのですが、「新聞紙」と言われると、はて、新聞紙とは何か、という問題に絡めとられて途端に身動きが取れなくなってしまいます。

新聞に使われている紙は新聞紙でしょう。では、新聞に使われているのと同じ紙は新聞紙でしょうか?

いや、新聞に使われているものだけが新聞紙であり、チラシなど他の紙に使われているのは新聞紙ではない、と言うのであれば、表現上の問題は解決です。

しかし、その場合、新聞であれチラシであれ、同じ材質であるのに何故違う回収・処理の仕方をするのでしょう? そこのところが納得が行きません。形態や用途が新聞であるかどうかにかかわらず、同じ材質のものは同じ処理を施すべきでしょう?

であれば、やはりチラシであっても包装紙であっても、新聞に使われているのと同じ材質の紙は一様に「新聞紙」(あるいは別の名前でも良いですが)と称して一括回収すべきなのではないでしょうか?

ウチの地域の場合は「新聞紙」ではなく「新聞」ですから、新聞紙と同じ紙質のチラシなどは完全に排除されています。

つまり、「新聞」の日に(ウチの地域で言えば「資源ゴミA=新聞・段ボール・紙パック・古着」の日に)出したゴミの中に、例えば新聞紙と新聞紙の間に新聞紙と同じ紙質のチラシが混ざっていたりしたら本来は怒られるはずなのです。

でも、どうして何に使われているかを分別の基準にするのでしょうか? これはどう考えても納得が行きません。

だから私は新聞紙と同じ紙質だと思われるチラシについては、新聞紙と一緒に棄てています。当局に見つかっても怒られたりはしないだろうという確信もあります。

しかし、ならば「新聞」という表記を使っていることが間違いなのであり、その辺の論理的な破綻がどうも気に入らないのです。

再度ウチの地域の例で言うと、資源ゴミA=新聞・段ボール・紙パック・古着、資源ゴミB=雑誌・古本・チラシ・紙箱、のうち段ボールだけが純然たる素材名で、新聞・雑誌・チラシなどは用途名です。

紙パックは混在で紙製であるという材質と、牛乳などの液体を入れてあったものという用途の両方を表しています。紙箱も同様ですが、例えば紙箱を切り取って底の部分の厚紙だけを何かに使っていたものは「燃やすゴミ」なのでしょうか「資源ゴミB」なのでしょうか?

あと古着や古本の「古」はどのように定義されているのでしょうか?(ちなみにウチの地域で言えば、ボロボロやドロドロになってとても人が着られるような代物ではない古着は「古着」ではなく「燃やすゴミ」として定義されています)。

そんなことを考え始めると次から次へと疑問点が湧いてきて、ゴミの日を前にしてどのように分別して良いやら、途方に暮れてしまうことがあります。

「そんなもの、適当でいいじゃないか」と嗤う人がいるかもしれません。しかし、そういう考え方こそが分別回収をぶち壊しにしていると私は思うのです。

せっかくリサイクルを進めて住みよい社会を、と言うのであれば、ここはひとつ、皆さんも私と一緒に悩んでみませんか?

Copyright©yama-a Jun.2009mark

目次へ 次号へ 前号へ