名前をどう読む? 違いをどう読む?

国際政治のニュースやスポーツの国際大会の中継などを観ていると、いつも不思議に思うのが、何故中国人の名前は漢字の日本語読み(音読み)なのに韓国/北朝鮮人の名前は韓国・朝鮮語読みなんだろうか、ということです。

ま、韓国/北朝鮮はハングル中心の表記法になっているとはいえ、依然として名前には漢字が使われている訳で、なんでそれをわざわざ韓国・朝鮮語読みにしなければならないのか? そもそも漢字には音訓それぞれ多数の読み方があり、ただでさえ憶えるのが大変なのに、なんでさらに読み方を増やすんだろう──という単純な疑問です。

しかし、これは大昔からそうだった訳ではありません。つい最近まで、などと書くと若い人たちに笑われるでしょうけれど、私が子供の時代までは韓国/北朝鮮人も中国人同様、漢字の音読みをしていました。

例えば、今の「偉大なる将軍様」の父親で、多分本当に偉大な指導者であった金日成は、私が子供の時には日本ではキン・ニチセイと呼ばれていました。少なくとも生きている間はずっとキン・ニチセイであったような気がします。

それが死後しばらく経ってからキム・イルソンと読み替えられるようになりました。

韓国の大統領もそうです。初代大統領の李承晩については、私はリ・ショウバンという読み方しか知りません。朴正煕もほとんどはボク・セイキと呼ばれていたように思いますが、この辺りから韓国語読みが導入されたようで私の記憶にはパク・チョンヒという呼び方もあります。

全斗煥も最初はゼン・トカンと呼ばれていたように思います。それがいつの間にかチョン・ドファンになりました(ドゥファンという表記もあります)。そして、その当時から既に大統領候補であった金大中も当時はキン・ダイチュウであったのに、漸く大統領になった頃には完全にキム・デジュンに変わってました。

ちなみに日本語読みの記憶があるのは全斗煥までで、次の慮泰愚以降は前述の金大中を除いて韓国・朝鮮語読みしか知りません。

どうして、こんな風に変えて行かなければならなかったのでしょうか。

「日本語読みで読まれるのは不愉快だ」と韓国の人が言ったのか、あるいは「日本語の読みにするのは失礼だろう」と日本人が自発的に考えたのか・・・。

私なんぞは自分の名前が中国語や韓国語読みで読まれたら、「へえ、そういう発音になるのか」と、なんか嬉しい気分になることさえあります。ローマ字で書いた名前を英米人が巧く発音できずに英語訛りになることにさえ、なんか好感を覚えたりもします。

だから、そんなに勝手に気を遣わなくても良いのではないか、という気もしないではないんですが・・・。

しかし、日本と朝鮮の間には、加害者対被害者という図式の長い歴史があったので、やっぱりいろいろな気遣いが必要だったのかもしれません。でも、それだと中国人の名前はそのまま音読みにしているのに理屈がつかないじゃないですか。

──ずっとこのことが疑問だったのですが、こないだ何かで読んだら、実はこういうことなのだそうです。

考え方としては、韓国/北朝鮮人に対してであれ中国人に対してであれ、名前は現地の音で表現すべきであるというのが基本としてあるようです。だから、中国人の名前も本来であれば中国語の音で読むべきなのです。

しかるに、中国人の名前にこれを当てはめようとすると、上述した韓国大統領の名前みたいに全てを中国語読みに改めて行く作業が必要になってくるのです。そうすると何が起こるか──。

秦の始皇帝から始まって、孔子も孟子も、李白も杜甫も白楽天も、三蔵法師も孫悟空も猪八戒も、項羽も劉邦も諸葛公明も、李陵も司馬遷も、韓愈も柳宗元も、魯迅も、孫文も毛沢東も周恩来もぜーんぶ読みなおし、憶えなおしが必要になってくるのです。

歴史の教科書も漢文・古文の教科書も政治経済の教科書も、いや、それどころか中国の時代小説の全てが・・・。切りがありません。日本が中国から受けた影響が大き過ぎ、受け継いだ歴史が長すぎ、輸入した文化が深く根差し過ぎているのです。

だから、中国は放ったらかしにするけど、ごめんなさい、というのが、どうやら真相のようなのです。

どうです? そう言われるとなるほど確かに、って思うでしょ?

でも、考えてみたら、中国の地名は、北京にしても上海にしても香港にしても早くから現地語読みでした。

これはなんで? 知っている人がいたら教えてください。


【追記】

この原稿を書き上げた後で調べてみたら、1983年に中曽根康弘総理大臣が韓国を訪問した際に、韓国側が「相互主義に則って両政府がそれぞれの総理大臣/大統領を母国語読みしてほしい」とメディアに要請し、日本新聞協会がこれに応じたことから始まったのだそうです。

これは日本人が長年日本語読みしてきた韓国/北朝鮮人の名前を母国語読みに転じたという意味で画期的であっただけではなく、裏を返せば、日本の総理大臣が韓国メディアに紹介される際に「なかそねやすひろ」と発音されたのも初めのことだったそうです。

それから、中国人の名前をそのまま日本語読みしているのは、上に書いたように「既に日本語読みが定着してしまっている」という理由のほかに、広い中国国内にあっても漢字の読み方に違いがあって容易に統一できないという事情もあるのだそうです。

なるほど、中国は広い──日本人には容易に想像できない背景がありました。


【追々記】

さらに補足です。韓国/北朝鮮人の名前を漢字の日本語読みにしなくなってきている背景の1つに、漢字の名前を持たない韓国人が増えてきているという事情もあると聞きました。「漢字の名前を持たない」というのはハングルでしか書けない(書かない)名前ということです。

私はこれを聞いて大層驚いたのですが、私にこのことを教えてくれた人によると「日本で言えば『横峯さくら』みたいな名前」とのことで、そう言われるとなるほどと思います。名前がひらがなやカタカナの日本人はかなりいますもんね。 誰だか忘れてしまいましたが、かつてそんな名前を持つ日本のアイドルが台湾進出したときに、台湾では逆に漢字しかないので無理やり同じ音の漢字を宛てられていたのを目にした記憶があります。

話は元に戻りますが、ハングルでしか書けない名前を日本語読みしようったって無理な話で、そうなると韓国/北朝鮮人の名前は現地語読みにするしかないでしょう。

そのこともあって、最近ではゴルフなどのスポーツ中継でも韓国人選手の名前は漢字ではなくカタカナで表記することも増えてきたととか。

読みの問題に留まらず表記にまで広がって来たとは、同じ漢字圏の人間だと思っていた私にすると、少し淋しいような気もします。

Copyright©yama-a Jul.-Aug.2009mark

目次へ 次号へ 前号へ