神戸の「お元気さま」

2009年の春、新型インフルエンザが猛威をふるっていた(というほど実は日本では蔓延しなかったんですが)ころ、たまたま神戸が日本での新型インフルエンザ発祥の地、と言うか、伝来の地になってしまって弱り切っていたころの話です。

三宮(神戸市)の東急ハンズ前の横断歩道を渡ろうとしていたら、そこで拡声器を持って何やら演説している若者がいました。彼が何を訴えかけようとしていたのかは知りませんが、ちょうどその第一声を聞いて私は愕然としたのでした。

彼はこう言いました。

神戸の皆さん、お元気さまです

お、お元気さま? なんじゃ、そりゃ? お前は一体何様じゃ?

こういうワケの分からん「様」については、以前このサイトで『お楽しみさま?』という文章を物しました。

あの時は「お名前さま」という例が一番ひどいと思ったのですが、これはそれを凌駕する用法です。

「お元気さま」などと言うと、まるでどこかの村の鎮守の氏神様の愛称か新興宗教の教祖様のように聞こえますが、そうではありません。彼が言いたかったのは多分こういうことでしょう。

神戸の皆さん、今、神戸はインフルエンザで大変です。神戸から罹患者第1号が出たというだけでまるで神戸が悪いように言われ、神戸在住の者は他の地区に行くと肩身が狭い思いをし、また神戸への人出は激減して地元の産業・店舗は大打撃を受けています。しかし、こういう時だからこそ、お互い元気を出そうではありませんか。

これだけ多くの意味合いを表現するのに、彼は「お元気さま」という造語1つで済ませようとしたのです。

まあ、気持ちは解らないでもないです。

新型インフルエンザ騒動は神戸の住民にとってはお互いさまでお生憎さまでご愁傷さまでお疲れさまでご苦労さまな事態ですが、まあ、元気出して行きましょうや

──きっとそんなニュアンスなんでしょう。

ただ、『お楽しみさま?』にも書いた通り、それを「お(御)○○さま」という形式で表そうとするのは無理があります。

「お(御)○○さま」は基本的に「さぞかし○○だったでしょう」と相手を労う言葉です。どうしてもその構造の造語をしたいのであれば、言うなればここは「インフルエンザ騒動でご心労さま」とでもするべきところです。

いや、別に新語を作る必要などありません。こういう事態に滅入っている人たちに対しては「神戸の皆さん、お疲れさまです」という本来ぴったりの表現があるのです。

しかし、以前『疲れている証拠』という文章に書いたように、「お疲れさま」という単語は今やあまりに簡便で記号的な表現になり下がっており、多分こんな単語では今の自分の気持ちを表せないと考えたのでしょう。

「お元気さま」という表現はある意味「お楽しみさま」に通じるところがあります。

この言葉を作った人は多分ネガティブな表現を避けてポジティブな語感を打ち出したかったのでしょう。しかし、「お元気さま」や「お楽しみさま」は上に書いた「お疲れさま」などの例とは基本的に成り立ちが違い過ぎて、私たちのような少し古い人間は少なからぬ違和感を覚えてしまうのです。

そして、それは単なる世代間の、日本語に対する語感の差ではないような気がします。こういう造語をするところが今の若い人の特徴を如実に表しているように思えるのです。

その特徴とは、

  1. 非常に感覚的で深く考えない
  2. 簡便であることが他の何より優先される
  3. 全てに適用できるオールマイティなものを求める

ということです。

私が如何なものかと思うのは単に「お元気さま」という造語ではなく、こういう傾向のほうです。

世の中は君たちが考えるより遥かに複雑であり、簡単にやり過ごせるものではありません。オールマイティな手段などなく、その都度その都度で一番的確な選択肢を探って行くのが人生というものです。何ごとも、もっともっと深く考えてみるべきではないでしょうか?

基本的に世界は疲れるものであり苦労させられるものなのです。だから我々は「お疲れさま」「ご苦労さま」と互いを労わり励まし合ってきました。そこに安易に「楽しみ」や「元気」を持ち込もうったって、造語するようにたやすく達成できるものではありません。だから、

神戸でお暮らしの皆さん、お疲れさまです。
神戸で働いている皆さん、ご苦労さまです。

そう声を掛け合って、私たちはさまざまな難局を乗り越えて行くのです。

気持ちは解らんでもないですが、「お元気さま」なんて言葉でそういうニュアンスを表すことはできません。お気の毒さま。

Copyright©yama-a Jul.2009mark

[arrow このテーマの続編を読む]

[arrow このテーマの別の続編を読む]

目次へindex 次号へnext 前号へprevious