ジャクソンさん、ちょっと

2009年6月25日に偉大なるポップスター、マイケル・ジャクソンが亡くなりました。そして、翌日の日本の新聞の記事の中にこんな表現がありました。

ジャクソンさんの兄のジャーメインさんは…

これはどう考えても変です。まるで

芦屋さんの弟である小雁さんと雁平さんは…

とか、

ビートさんの漫才時代の相方であるきよしさんは…

などと言っているようなものです。ジャーメインさんもジャクソンさんだし、雁之助さんも小雁さんも雁平さんもみんな芦屋姓だし、たけしさんもきよしさんも同じビートという屋号だったのですから。

「ジャクソンさん」と書いてしまったのが失敗だったみたいです。

ニュース原稿ですから、もちろん初出は「マイケル・ジャクソンさん」でなければなりません。2回目以降は省略することになります。そして、日本語ではあまりファースト・ネームで書く習慣がないので、こういう時はどうしても「ジャクソンさん」になってしまうようです。

じゃあ、アメリカではどうかと言えば、もちろん日常会話においてファースト・ネームで呼び合う機会は日本よりも遥かに多いでしょうが、それでも例えば歴史の教科書においては「エイブラハムは」ではなく「リンカーンは」でしょうし、大統領選のニュース原稿でも「バラクは」ではなく「オバマは」でしょうから、やはりケースバイケースなのです。

しかし、マイケル・ジャクソンに関してはジャーメインやラトーヤやジャネットなど私たちはたくさんのジャクソン兄弟姉妹を知っている訳だし、この死亡記事の場合は後段にジャーメインが登場することを、書いている本人は当然分かっていたはずです。ならば自然と「マイケル(さん)は」になるはずだと思うんですが…。

先ほどの日本の記事を一番違和感のない書き方に改めるなら、

マイケルさんの兄のジャーメイン・ジャクソンさんは…

だと思います。

マイケル・ジャクソンさんの兄のジャーメインさんは…

でも、良さそうな気がしますが、この「マイケル・ジャクソン」はすでに2回目か3回目だろうし、2回目であればそのままフル・ネームで再掲するのはしつこいし、3回目以降なのであれば恐らく2回目の時に省略しているはずだからここで再びフルネームに戻すのは違和感があります。

かと言って、

ジャクソンさんの兄のジャーメイン・ジャクソンさんは…

ではマイケルの兄が同じジャクソン姓であることは当たり前なので、ことさらこういう書き方をされると妙に引っ掛かってしまいますし、だいいち下手すると最初の「ジャクソンさん」がどのジャクソンさんだか判らなくなってしまいます。

なかなか難しいものです。

でも、今回の記事で一番違和感があった理由は、私たちは彼のことを決してジャクソン(さん)などと呼んだことがないからだと思います。

クラプトンやディランはファミリー・ネームで呼ぶことがあっても、マイケルはあくまでマイケルか、あるいはマイコーでした。必ずしも兄弟がいるかどうかによるのではないのです。スティービー・ワンダーもスティービーとは言われてもワンダーとは呼ばれません。

私たちのマイケルはあくまでマイケルです。そのマイケルはもうこの世にはいません。ただでさえ淋しいのに、それがジャクソンさんなどと呼ばれるとなおさら淋しい気がするのは私だけではないのではないでしょうか?

Copyright©yama-a Aug.2009mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ