それで害はなくなったのか?

最近「障がい者」という表記を随分目にするようになりました。別に障害者の方に不愉快な思いをさせようという意図はないのですが、私はどうもこの表記が気に入りません。

障害者の方が多分「『害』という字は使わないでほしい。自分たちは決して害を与えている訳ではないのだから」と主張された結果「障がい者」という表記が生まれたのだと思います。

たしかに「害」という字の用例としては「害虫」「災害」「損害」「殺害」「迫害」などと結構えげつないイメージのものが多く、印象として良くないのは確かです。

でも、そういうのって、理性的でなく極めて情緒的な反応じゃないですか? 「じゃあ『害』はないけれども、『障り』があることは認めるんですね?」と言いそうになってしまいます。

もちろん私も情緒的な反応は全て斬り捨てて構わないと考えている訳ではなく、障害者の方が「害」という字を宛がわないでと言う根本のところは理解します。ただ、「じゃあ、『障がい者』で良いか」としてしまった(誰がしてしまったのかは知りませんが)そのセンスが理解できないのです。

私はこういう漢字かな混じりの熟語が非常に気持ち悪いのです。それに「害」を「がい」にしたからと言って「害」の意味が消えるわけではありません。目につかなくなっているだけです。それで良いのでしょうか?

もし「障害者」という表記が良くないと納得したのであれば、それをそのまま一部かな表記にするのではなく、何か別の表現を充てるべきなのではないでしょうか? かつて「めくら」を「視覚障害者」と言い換えたように。

この手の話は以前「かなしいかな」というタイトルで書いたことがあるのですが、「障害」もまた「障碍(「得」のギョウニンベンの代わりに石ヘン)」の「同音による書き換え」です。

難しい漢字があまりに多いと憶えるほうも大変で、国民の教育という面からもある程度の簡素化をしておいたほうが好都合な面があります。そういう訳で中国では多くの漢字が簡略化されました。

「中華」の「華」なんて「化」の下に「十」になっています。形と音を巧く組み合わせたと思います。

同音による書き換え

日本でも漢字そのものの簡略化は進めましたが、その一方で漢字そのものを作り変えるのではなく、音が同じで意味が割合よく似た簡単な漢字(あるいは最悪の場合は単に音が同じ簡単な漢字)に書き換えることにしました。それが「同音による書き換え」です。

「碍(「得」のギョウニンベンの代わりに石ヘン)」も常用漢字には入っていない「表外字」です。しかもPCにおいては「機種依存文字」に当たるので、この文章においても皆さんのPCでちゃんと表示されているかどうか定かではありません。だからさっきからいちいち(「得」のギョウニンベンの代わりに石ヘン)と註釈をつけています。

で、漢和辞典を引いてみると、この字は「妨げる」という意味の字です。「妨げ」を「害」に書き換えたことが当事者の気持ちを逆撫ですることになったのです。

それを考えると「障碍(「得」のギョウニンベンの代わりに石ヘン)者」を「障害者」に書き換えるのではなく、それをさらに「障がい者」と書いてごまかすのではなく、音が違っても意味が同じ漢字に置き換えて、例えば「障妨者」にするような方策が必要だったのではないでしょうか? (お願いですから「妨」は女性差別だなんて言わないでくださいね)

恐らくは苦肉の策で手を染めた「同音による書き換え」だと思うのですが、ここに来てその障害が少し見えてきたような気がします。

今の日本語にはこの「同音による書き換え」の例がたくさんあります。機種依存文字を含む例も多いので、右にテキストではなく画像で例示しておきました。

書き換えたことが害になっているものはないか、この際ですからみんなでいろいろ考えてみたほうが良いのかもしれません。


【追記】

読者の「りびけん」さんからメールをいただきました(この方は随分前に「Knock Three Times」というタイトルの文章にもメールを下さった方です)。

りびけんさんは私のこのエッセイをご自分のブログで紹介してくださったそうです。で、りびけんさんとしては「障ガイ者サイドからそういう要望がなされた例を知らない」と書いたところ、読者の方からこんな↓コメントがついたのだそうです(リンクをクリックしてください)。

「障がい」って読みにくいよ。

曰く、そんなことを言っているのはむしろ健常者のほうなんじゃないの?──と。

なるほどなあ、と思いました。もちろんたった1件のコメントで全てがそうだと断定する気はありませんが、如何にもありそうな話じゃないですか。健常者のほうが勝手に気を使って、いや、気を使ったんならまだ救いはあるけど、どっちかと言うと、「ほれ、書き換えといたから、これで文句ないだろ」みたいな、おざなりで見下した感じで。

だとすればますますこの表記が気に入らなくなってきました。

Copyright©yama-a Aug.2009mark

目次へ 次号へ 前号へ