エトランゼ:名前と発音をめぐる一考察

以前このサイトに、祖母の世代の人間にはPやFやTiやDiの音が発音できなかったという記事(その1その2)を書きました。

祖母が発音しやすくするためにわざわざPの前に促音(「っ」)を挟んだり、Fを「分割払い」にして fa はフア、fi はフイなどとしたりしていたことを書きました。

そして、それに続いてティやディも発音できなかったことに触れ、「ディがジに変換される例はなかなか思いつかないかもしれませんが」と書いたのですが、突然その最たる例を思い出しました。

それはエジソンとガンジー。今の時代の人であったなら発明王は間違いなくトーマス・エディソン(あるいはエディスン)であるはずだし、インド建国の父は疑いなくマハトマ・ガンディーであるはずです。

今でこそたまにガンディーという表記も目にしますが、これはむしろ避けられる傾向にあると思います。何故なら「ガンジー」が定着し過ぎて今更「ガンディー」と書いても誰のことだか分からないくらいだからです。

ことばというのはそういう風にして定まってしまうんだと思います。

歴史や慣習の前ではどっちが原語の発音に近いかなんてことが吹っ飛んでしまうということなんですね。

だから、発明王の死後ずいぶん経ってから生まれたサッカー選手(綴りは Edison ではなく Edson)まで日本ではやっぱりエジソンと表記されたりしてしまうのです。

クレジット・カードはいつまでたってもクレディット・カードに改められたりしないのです。ラジオはラジオであってレイディオウにはならないのです。

話は変わりますが、ビートルズの初期のレパートリーに Roll over Beethoven という曲があります(オリジナルではなくカバーです)。

中学時代にそのレコードを聴いていたら、歌詞に Tell Tchaikovsky the news という一節がありました。これ、文字で見たらチャイコフスキーのことだと想像がつくのですが、耳で聞くとチコヴスキーです。いや、英語慣れしていない中学生の耳にはむしろチコッキーに聞こえました。

なんだろう、これ、と思って歌詞カードを見て初めてチャイコフスキーだと分かったのですが、ああ、そうか、日本人が外国語を勝手な日本語風の発音にしてしまっているのと同様にイギリス人もロシア人の名前を英語風に読んでいるんだ、と知ってなんだか感慨深かったのを覚えています。

それから何十年後の別の例ですが、ニューヨークのメトロポリタン美術館に行ったときにフェルメールの絵が展示してありました。私もかろうじてフェルメールを知ってはいたのですが、その絵がフェルメールの作品だとは俄かに分かりませんでした。

何故なら画家名のところに Vermeer と書いてあったから。

ふーん、ヴァーミアか、知らんなあ、そんな画家──と通り過ぎようとしたときに、ふと絵のタッチから、ちょっと待て、これはフェルメールではないか?と気づいたのでした。

それで何を思ったかと言えば、多分アメリカ人はフェルメールのことをヴァーミアと発音してるんだろうな、ということ。

アルファベットが共通だからこんなことが起こるんですよね。これは以前書いた、漢字が共通だから韓国人や中国人の名前をどう読むかと言う問題が起こるのと同じメカニズムだと思います。

私はずっと「エディソンさんごめんなさい、ガンディーさんごめんなさい」という後ろ暗い思いを抱いていたのですが、そうか、だとすれば彼らも「チャイコフスキーさんごめんなさい、フェルメールさんごめんなさい」と言わなければならないのか、と気づいて、なんか少し救われたような気がしたのでした。

だったら、やっぱり偉大なる将軍様はキン・ショウジツで良いのではないでしょうか(笑)。いやいや、その問題はあの時に散々書きましたね。では、また。

Copyright©yama-a Sep.2009mark

目次へ 次号へ 前号へ