続々・はてしないトイレ談義(改訂版)

以下は2009年7月18日にブログ trivialities & realities に書いた記事です(Web 用に多少手直ししてます)。

ブログにもトイレの話は何度か書いているのですが、この時の記事は言葉に関する文章でしたので、こちら(HP)にまとめたほうが良いかと思い転載することにしました。ブログの記事は日々消えて行ってしまいますが、HPに置いておくと一覧性も、テーマごとの一貫性もありますので…。

転載するに当たって、【追記】も認めましたので、併せてお読みいただけると幸いです。しかし、自分で書くのも変ですが、私はどうしてこんなにトイレ談義が好きなのでしょう(笑)。


【7月18日】 トイレの話はブログのほうにもここにもたくさん書いています。

  1. はてしないトイレ談義(本記〜追記4)
  2. 続・はてしないトイレ談義(本記〜追記2)
  3. はてしないトイレ談義(番外編)

さて、今回はこんなものを見つけてしまったので、また書くことになりました。位置づけとしては上記2の続編と言うことになります。

Everyonesroom

これは図柄としては『続・はてしないトイレ談義』に書いたものと同じです。あの時は文言が「だれでもトイレ」だったものが、今回は「みんなのトイレ」──私が書きたい趣旨は前回と同様です。

「みんなのトイレ」って何ですか? 単純に考えれば「公衆便所」と同義? いや、書いた人はそういうつもりじゃないんですね。だって、車椅子のマークがありますから。

本来は障害者用なんです、多分。ただ、障害者用と書いてしまうと健常者が全く使えない。そうではなくて、本来は障害者用なんですが空いていれば健常者も使って良いですよ、というニュアンスが表したかったのです(今回はまさにそういうボディ・コピーがついてます)。

しかし、なんでまたその気持ちがこういう表現になるんでしょう? よくよく考えてみたら意味ないんですもん。

私だったら「みんなのトイレ」なんて意味不明な表現ではなくて、車椅子マークは残した上で「お体のご不自由な方優先です」などと表記します。

でも、そう書き換えたところでやっぱり意味のない表現なんです。だって「本来は障害者優先だけど健常者も使える」とか「空いていれば誰が使っても良い」などと言っても、トイレの個室は空いてなければ使えないのです。

そうすると、このトイレの使用規則を決めた人の意思が活きるのは、そのトイレのドアの前で車椅子の人と健常者が鉢合わせしたときだけです。

そういう場合は、健常者が(たとえ今にも漏れそうでも)「あ、お先にどうぞ(-_-;)」ということになるのです。

そうでない場合はどうか? 僕からすると、空いてたってそうそう使えやしません。自分が入っている時に切羽詰まった車椅子の人が来たらどうしよう、なんて考えてしまいますから。

そういう時はいくら「みんなのトイレ」などという言い訳めいた表記があったとしても、このトイレに入ってしまったことを大いに後悔するでしょう。早く出てあげようと思っても、うんこは急に止まらない。特に腹具合の悪い時は終わったかと思ったらまだ続きがある。

でも、僕がこんなことをしている間に、外で待っているあの人は・・・。そもそも彼らは使えるトイレが少ないのだから何が何でも早く出てあげなければ・・・。

今からそんな光景が頭に浮かんでしまうので、もう本当にズボンを下ろす暇さえ危機的な状況にあるのでなければ、おいそれと「みんなのトイレ」などには入れないのです。

ならば不用意に変なトイレは用意しないでいただきたいです。むしろ「車椅子ご利用の方専用」「健常者使用厳禁!」などと表記しておいてもらいたいものです。

でも世の中に「だれでもトイレ」「みんなのトイレ」的な表記がどんどん広がっているのは、運行、いや運用する側からすると専用にすると無駄が出るなんて考えちゃうからなんでしょうか?

あるいは「障害者専用」などと書いてあると文句を言ってくる健常者がいるということなんでしょうか?

うんこ漏れそうな時って誰でも大変なものです。「空いていれば」なんて言うけれど、これはやっぱり車椅子で入って来られる方のために常時「空けておく」べきものなのではないでしょうか?

それを考えると、やっぱり僕は「みんなのトイレ」に入るのは遠慮しておこうと思います。漏れそうでも走って他を捜します。


【追記】

前からずっと思ってるんですが、新幹線の洋式トイレに入ると「洋式トイレの使い方」というものすごくご丁寧な図解があるでしょう? あれって、いまだに必要なんですかね?

私の場合、最近東阪移動は大抵航空機を利用していて長らく新幹線には乗っていないのですが、まだありますよね、あの貼り紙──人と便器のイラスト2種+「男子小用」&「大便ならびに女子小用」のキャプション。

ポイントは、1)男子のおしっこは立ってするんですよ、2)座るときは和式と反対向きですよ、ということで、とても懇切丁寧な解説なんですが、日本にはまだ洋式トイレを使ったことがなくて、新幹線に乗って初体験、なんて人がいるんでしょうか?

いや、いるのかもしれませんね。

ついつい我々は自分の周りの生活が日本中の常識だと考えがちなんですが、旧い習慣のまま暮らしている日本人がまだいたってちっともおかしくありません。日本の長い歴史の中では洋式便器なんてほんの新参者に過ぎないわけですから。

そう思うとむやみに「こんな貼り紙いらんでしょ、いまさら」なんて乱暴なことは言わない方が良いのかもしれません。

考えてみれば私の洋式便器初体験は高2の時でした。それまで洋式便器がどんなものか全く知らなかったわけではありませんでしたが、自分で初めて使ってみたのは、高2の時、金満家の同級生の家ででした。

やたら毛足の長い高そうな絨毯が敷いてあったり、綺麗な毛糸のO型便座カバーが掛かっていたりしたので「汚しちゃいけない」というプレッシャーもあってのことですが、使用するに当たって少しとまどいがあったのを憶えています。

あれからまだ半世紀も経っていません。最低でも100年くらいは「使い方」を書いておいてあげるのが親切と言うものかもしれません。

ただ、最近では「男子小用」も座って済ませる派が増えていると聞きます。つまり、あの「貼り紙」における「常識」が崩れてきているんですね。

前段で書いたことも含めて、ああいうところの掲示って、本当に難しいと思います。また座って考えてみようと思います。ひらめいたらまた書きます。

Copyright©yama-a Oct.2009mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ