GUI を考える

コンピュータはこの20年余りの間に随分扱いやすいものになりました。

Windows の登場以前、いや Mac 以前かな、コンピュータはコマンドを知らなければ何もできないし、そのコマンドも1字打ち間違えるとウンともスンとも言ってくれないような代物でした。

それが Mac ができ、それを真似て Windows も開発されて、コンピュータは一気に素人向けの機械、それこそパーソナルな存在に変貌しました。それもこれも所謂 GUI(Graphical User Interface)のおかげです。

GUI というのはマークや図形を巧く使ってあって、ユーザがなんとなく見れば分かる仕掛けです。これが登場してから、マニュアルを全く読まずに使い始めるユーザが出てきました、と言うか、そんなユーザの存在を可能にしたのです。

印刷はどうするのかな、と思ったら、ここにプリンタの絵が描かれたボタンがあるじゃないですか。クリックしてみたら、あ、ちゃんと印刷できました、てな具合です。

アプリから文書を開くときはファイルのマーク、新規に作る時は白紙のマーク、と何となく「相場」は決まっているし、知らなくたって想像はつきます。

また、GUI というのは単に分かりやすいマークを置くことではなく、ここをクリックしてみたら多分こうなるだろう、とか、ここで右クリックしたらきっと今使いたい機能が出てくるだろう、とか、そういうことが予想通りに運ぶ仕組みです。大変便利にできていると思います。

ただ、そんな仕掛けの中で、私がひとつだけ如何なものかと思うものがあります。

それは「保存」ボタンでよく使われているフロッピー・ディスクのマークです。

フロッピーっていつまでありましたっけ? いや、今でもあるにはあるんですが、そもそも FDD がついているPCがほとんどなくなりましたし、今世紀に入ってからPCを使い始めたユーザの何割が果たしてフロッピーを見たことがあるのでしょう。

このままやっていると、もうすぐ「ねえねえ、どうして保存ボタンはこういうマークなの?」という素朴な疑問も出てくるでしょうし、そういう疑問が出てくるようではもはや GUI とは言えません。

では、どう変えますか? ハードディスクは筐体の内部にあるもので実際見たこともない人も多いから、それを図案化する意味がありません。それに HDD もその内 SSD に取って代わられる恐れもあります。

では、DVD や CD のような円盤マーク? これなら判るような気もしますが、フロッピーはなんとなく保存のイメージが強いのに対して、DVD や CD は保存と読みだしのイメージが拮抗していて、円盤マークを見て「保存する」と思う人もいれば、「ディスクの中身を見る」みたいな意味に取る人もいるかもしれません。

実際フロッピーのマークを捨てて他のマークにしているアプリケーションもあるようですが、やっぱりマイクロソフトが思い切って変えてきて初めて末端のアプリ・メーカーも追随するというものでしょう。ちょっと考えてもらう必要があります。

考えてもらう必要と言えば、最近もうひとつ思い当たることがありました。随分前にも「追いかけ始めた翻訳者」というタイトルで同じようなことを書きましたけれど、Windows のアラートなどの訳語の問題です。

今回のそれは Windows Update の際に表示される「インストールの開始中です」です。

「インストールの開始中」って何でしょう? もうインストールし始めているのかいないのか? この「開始中」という表現がおかしいのです。原語は何でしょう? 多分 Starting...ではないかと思うのですが、この ing を「中」と訳してしまうのはあまりにも機械的すぎると思います。

「開始中」という表現から想像するとしたら「開始のための準備や段取りを進めている」という感じでしょうか。自動車で言うとエンジンはかけたけどまだ動いていない感じ。そう、どちらかと言えば「まだ動いてはいません」ということのほうが強調される感じです。

でも、ここで言いたいのは明らかに「インストールを始めました」ということのはずです。その後で表示されるのが「...完了しました」であることからすると、言いたいことは「完了に向けて走り出した」ということです。

ならば「インストールの開始中です」ではなく「インストールを開始しました」「インストールを始めました」でしょう?

多分翻訳者は ing を過去形に訳してしまうことに違和感があったのでしょう。形に拘って文意をないがしろにしてしまったのです。

──と一旦は考えたのですが、その直後に表示される文言をよくよく見ると、この考え方が間違っていることに気づきました。こんな文章が続くのです。

○○プログラム KBxxxxxxxx をインストール中(更新プログラム○個中○個)

そして、それに続いて漸くこう出ます。

...完了しました。

つまり、「インストールの開始中です」の時点ではまだインストールが始まっていなかったのです。「インストールの開始」が「完了」して、初めて個々の更新プログラムのインストールが始まるのです。

つまり、「インストールの開始中です」とはインストールを開始するための準備をしているという意味で、もっとも日本語らしい表現にするなら「インストールの準備中です」となるところです。

なるほど翻訳は難しいです。ただ、難しかろうが簡単であろうが、最終的に出てきたものが「こなれた日本語」になっていない限り、それは翻訳とは言えません。こなれた日本語にすることができない人間が翻訳に手を出してはいけないのです。

いくらコンピュータの知識に長けていても、母語である日本語が良く分からないような人が翻訳している限り、それは決してユーザに優しい機械にはならないのではないかと思います。

こういう例を見ると、意外に文字で書くよりも全てをマークや図形にしてしまうほうが誤解が少ないように思います。

そういう意味では、これからの時代、多分誰にも理解されなくなるであろうフロッピーのマークは大きな問題になってきそうな気がします。MSさん、ちょっと考えてみてはいかがでしょうか?

ところでふと気がついてみると、私が使っている携帯電話では伝言メッセージが残っている時に表示されるマークは何とカセット・テープの図柄です。これまた如何なものか?

フロッピー・ディスクとカセット・テープ、あなたはどちらのマークの変更のほうが急務だと思いますか? ではまた。

Copyright©yama-a Oct.2009mark

目次へ 次号へ 前号へ