4=2+2? 四字熟語の構造

四字熟語の構造を考えてみます。

例えば「本末転倒」と言えば「本末が転倒している」、もっと分解すると「本と末が転倒している」ということで、「本末」が主語「転倒」が動詞という関係にあります。

こういう組合せはたくさんあります。「制度疲労」とか「敗者復活」とか・・・。後半は動詞とは限らず、広い意味で用言ということなら、「意味深長」とか「容姿端麗」とかも同類です。

「政権交代」と言えば「政権が交代する」ということで、これも主語と動詞の関係ですが、考えようによっては「政権を交代する」というふうに目的語と動詞の関係と捉えることもできそうです。こういう両義性というか曖昧さが日本語の特徴でもありますね。

しかし、例えば「財産分与」と言えば「財産を分与する」ことで、これはもう紛れもなく目的語と動詞の関係です。

「戦争反対」と言えば「戦争に反対」ということで、まあ、直接/間接の違いはあれ大ざっぱに言えば目的語と動詞の関係であることに違いはありません。

では「弱肉強食」は? これは「弱きが肉となり強きが(それを)食す」ということで、ま、分解するなら「弱肉」&「強食」です。単なる「&」でしかないところが何だか味気ない気もしますが、この例の場合は「弱肉」と「強食」が対句になっているところがミソです。

私はこういう対句形式こそが四字熟語の醍醐味だと思っています。「朝令暮改」とか「明眸皓歯」とか「相思相愛」とか、たくさんの対句形式の四字熟語があります。

対句ではなくとも「強盗殺人」とか「拍手喝采」とか「茫然自失」とか、やっぱり「&」で結ばれたものがたくさんあります。それぞれの「&」によって「同時/並立/連続/時間経過/因果関係」などニュアンスは少しずつ違いますが、いずれも「&」で結ばれた関係です。

他にはどんな例があるでしょう?

「焼肉定食」──うむ、これは「焼肉の定食」ですね。「の」というのも大変曖昧な格助詞ですが、「の」としか言いようがありません。こういう風に「の」で繋げればしっくり繋がるものもたくさんあります。

「以心伝心」──これも対句になっていますが、「心を以て心を伝う」ですからそのまま繋がっていて、間に何かを挟んだり前後の関係を解釈したりする余地がありません。

逆に「針小棒大」であれば「針の如き小さきを棒の如く大きく述べる」という風にかなり言葉を補ってやらなければなりません。

ところで、こうやってずうっと考えていると、いや、特段考えていなくともこういう四字熟語に慣れてしまうとついつい陥ってしまう落とし穴があるのに気づくはずです。

例えば「愛別離苦」という四字熟語を見た時に、私たちはついつい「愛別」と「離苦」に分けて考えてしまうのです。4=2+2の法則ですね。

ところが「愛別離苦」とは「愛する者と別離する苦しみ」であり、構造としては[{愛(別離)}苦]、つまり4=(1+2)+1なのです。

意味だけではありません。多くの四字熟語の構造に慣れてしまうと、読みさえ間違えてしまうのです。

「骨粗鬆症」なんてのもあって、これは「骨粗」が「鬆症」なのではなくて、「骨」が「粗鬆」な「症状」です。ここでも4=1+2+1なのです。「粗鬆」は「あらい」という意味の漢字が2つ連なった語で、要するにスカスカという意味です。というわけで、これは「こっそ・しょうしょう」ではなく「こつ・そしょうしょう」と読まなければなりません。

私は最初に東京に転勤したとき「高尾山口」を「たかお・やまぐち」と読んでしまいました。

よくあるじゃないですか。2つの町に隣接する駅を作った時、両方の町が自分の町名を駅名にするべきだと主張して、日本人的な合わせ技の解決策で両方の町名を足して駅名にするようなケースが。

パタンとしては「三河安城」とか「岐阜羽島」みたいな形式。

でも、「高尾山口」は「高尾山(たかおさん)」という山の入り口なので構造としては[{(高尾)山}口]、つまり4=3+1で、読みは「たかおさんぐち」なんですよね。

同じように、関西の例でいえば「東岸和田」は「とうがんわだ」ではありません。岸和田(きしわだ)の東にある「ひがしきしわだ」です。4=1+3です。

非常に見慣れている「新大阪駅」はちゃんと4=1+2+1と読んで読み間違うことはありませんが、まだできてからそんなに年数の経っていない「西東京市」は、ついつい「西東」をひとまとまりに読んでしまって詰まってしまうことがあります。

これ何故なんでしょうかね? 他にも女優の仲里依紗を「なかざと・いさ」(正しくは「なか・りいさ」)と読んじゃったり…。

なんとなく1+3とか1+2+1なんてのは意表をついた組合せなんじゃないかなと思います。やっぱり人間の脳内のどこかに4=2+2を安定的な構造と感じる部分があるのではないでしょうか?

心理学や数学の専門家の方の意見も聞いてみたい気がします。なんか結論がなくて申し訳ないですが、今回はここまでです。ではまた。

Copyright©yama-a Nov.2009mark

[arrow このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ