「無添加」の根拠

最近「無添加」と表示した食品を見かけるのですが、これは一体何が無添加なのでしょう?

料理というものは素材に別の素材や調味料などを添えたり加えたりして完成して行くものだとばかり思ってました。添えも加えもしなければ食品でも献立でもないじゃないですか?

「無添加」だけではありません。回転寿司チェーンで「無添」を標榜しているところもあります。会社の近所にあるので割合よく利用しているのですが、しかし、「無添」なんて聞いたこともない単語です。

一体何を添えていないのでしょう? ワサビ? ガリ? いやどっちもしっかり載ってます。

いや、もちろん解ってますよ。「体に悪いものは添加してませんよ」という意味でしょ? でも昔はちゃんと「合成着色料無添加」とか「人工甘味料無添加」とか、あるいは「防腐剤は使用しておりません」などとはっきり書いてあったものです。

いや、もちろん解ってますよ。省略したんでしょ? 日本語は基本的に省略の文化ですからね。でも、省略しても許されるのは伝えるほうと伝えられるほうとの間で予め自明な事柄だけです。

書いているほうは「『添加物』を使用していないから『無添加』」という意識なんでしょうが、「『添加物』とは何か、何が含まれて何が含まれないのか」を明示してくれないと「無」で打ち消す意味がないのです。

通常は含まれている何か特定の物質を排除してあるのか、完全に自然素材だけで仕上げてあるのか(その場合の「自然」の定義は何か)、アレルギーのもとになる材料は一切使っていないのか──ひと口に「無添加」と言われても人によって期待する範囲が違うのです。

「無添加」と言われて安心して食べていたら、「いえいえ、着色料は無添加ですが、防腐剤は入ってますよ。でないと腐っちゃうじゃないですか」などと言われたらたまったもんじゃありません。

それとどの時点で「無添加」なのか、つまり、回転寿司チェーンなら自分とこの店では何も添加していないが、仕入れた材料に何かが添加してあっても(例えばたらこに着色料が使われていても)それは知らないと言うのか、あるいは完璧な traceability を確保して保証してくれるのか、その辺のことも気になります。

結局のところ「入ってる」ということの証明は簡単なんですが、「入ってない」ということの証明は結構面倒なんですよ(つまらないことを書いていながら、これは結構重要な定理に辿りついたような気がします)。

ひょっとすると、だからこそ「何が入っていないか」を明示せずに単に「入っていない」とだけ表示してあるのでしょうか?

それは卑怯でしょう?
そんな表示は何の意味もないじゃないですか?
そういうのって、ただ書いてあるだけで、意味を伝えようとはしていません。
コミュニケーションとは言えないんじゃないでしょうか?

つまらない駄洒落とお叱りを受けるだろうということは重々承知しながら、ついついこんな風に叫びたくなってしまいました:

やめてんか、そんな表示!

「無添加」って、無根拠に安心感だけを与えようとする、ちょっと危ない表示だと思います。

Copyright©yama-a Nov.2009mark

目次へ 次号へ 前号へ