帯に短し襷に長し。詰まるところは何なのか?

先日アメリカ人プログラマによるプレゼンを聞く機会がありました。

アメリカ人と言っても日本在住年数も長く、日本語ペラペラ、時々「閉じてしもたんですけど」などという大阪弁まで混じって来るくらいの達者なトークだったのですが、それでもやっぱり日本語は難しいんだなと実感しました。

もちろん日本人にとっての難しさじゃなくて外国人にとっての難しさであり、かつ、何国人であるかによってどこが難しいかはかなり変わってくるとは思いますが…。

この時のプレゼンで気になったのは以下のような表現です。単に彼がこういう発音をしたというのではなく、プロジェクタに映された彼のパワポにもこう書いてあったのです:

  1. 作て
  2. デバグ
  3. スレード
  4. サビス
  5. スリプ

1)と2)は促音(っ)が脱落したもの(本来は「作って」「デバッグ」)。3)は促音が長音に化けたもの(本来は「スレッド」)。そして4)と5)は長音が抜け落ちたもの(本来は「サービス」「スリープ」)です。

なるほど、そんな風に間違うのか、と思いません?
特に元来英語であった外来語が多いところなど、ちょっと思いもよらない間違い方でしょ?

英語に促音はないんですよね。日本人が英語を片仮名書きする時に勝手に促音を入れたり入れなかったりしてるだけなんです。

ram と rat の発音の違いは語末が m か t かということだけのはずなのに、日本語にすると「ラム」と「ラット」となり、片方にだけ「ッ」が入ってしまうのです。

can は「キャン」ですが cat は「キャット」です。もちろん、ちょっと考えたら解るように、日本語で「ん」の前が促音になる組合せは存在しませんから「キャッン」になどなるはずがないのですが…。

それから kiss は「キス」ですが「キッス」と書かれることもあります。

大ざっぱにまとめてしまうと、

というような感じかと思いますが、実際どこにアクセントがあるかなどによっても変わってくるみたいです。

日本人はこういうことを全然意識せずにやっているわけですが、外人から見ると難しいでしょうね。1)や2)のような表記が出てくるのも無理はないと思います。

それから4)や5)の例についてですが、促音と違って長音/短音の区別はもちろん英語にもあります。ただ、日本語の長音/短音の感覚とは微妙に違うように思うのです。

早口で喋っているときは長母音もかなり短いし、強調したいときは単母音でも長く伸ばして発音することがあります。

別に強調もせずにさらっと流してしまう時の can はほとんど [kn] に近い発音になりますが、例えば「そんなことできないよ」と言った人間に対して「いやいや、できるさ(やってもらわないと痛い目に遭うぜ)」などと返す場合は、イエス・ユー・キャーンみたいな感じになるでしょう?

そういうことを考えて行くと、長音や促音の有無で英語の発音を区別しようとする試みにはどうしても無理があるように思います。

前に書いた、社内で配られている「放送で間違いやすい言葉」を集めた本には「first food ではなく fast food なのだからファースト・フードではなくファスト・フードと表記する」などとあるのですが、私はこういう書き分けについては昔からバカバカしい気がしてなりません。

洋画などを見ていると last がラーストに聞こえることがよくあるじゃないですか?
過去 past は何故か昔からパーストと表記してきませんでしたか?

長い/短いは大した差ではないのです。それよりも母音の根本的な差異にこそ耳を傾けるべきなんです。

first と fast を何が何でもカタカナで書き分けたいのであれば、フーストとフャストとでもするしかないんじゃないでしょうか。でも、そんなことしてどうなる? 別に両方ファーストでいいじゃないですか──というのが私の意見です。

さて、冒頭で紹介したアメリカ人プログラマにもしも日本語の誤りを正してあげるとすれば、どう説明します? 「デバグ」じゃなくて「デバッグ」ですよ、と教えてあげるまでは良いとして、Why? と返されたらちゃんと説明できますか? 私にはできません。

私に説明できるのは1)の「作て」だけです:

何故「作て」ではなく、「作って」なのか?──それは本来「作りて」であったものが促音便化したからです。「り」が「っ」に転じたのです。

それに対して英語のカタカナ表記のケースではルールの説明のしようがありません。せいぜい「アクセントのある短母音は往々にして促音化する」くらいのもんです(その前に発音の違いが巧く説明できるかどうかという問題がありますが)。

そんなことを考えると、外来語の日本語表記にはもっと寛容で良いのではないか、どんどん多様性を認めて良いのではないかと、そんな気がした講演終わりなのでした。

Copyright©yama-a Dec.2009mark

目次へ 次号へ 前号へ