売り切ったのか売り切れたのか?

自動販売機で朝刊を買おうとしたら「売切」のランプが点灯しています。そこでハタと疑問を抱きました。

なんで私たちはこれをすんなり「うりきれ」と読めてしまうのでしょう?

だって「締切」は「しめきり」だし、「貸切」は「かしきり」だし、「封切」は「ふうきり」だし、「踏切」も「ふみきり」じゃないですか。なんで「売切」は「うりきり」じゃなくて「うりきれ」なんだ?

「売り切り」という言葉も確かにあって、「売り切れ」とは随分意味が違います。「売り切り」なら現在店頭にあるものが全部売れたら在庫は補充しない、「売り切れ」なら店頭の商品が全部売れて在庫がない状態です。

じゃあ、この新聞は売り切ったのか売り切れたのか? いや、売り切ったから売り切れたっちゅうか、どっちも同じっちゅうか、「売り切り」は販売側の方針で「売り切れ」は客に対するメッセージであってっちゅうか…。

まあ、でもどっちにしても私は瞬時に「売切」を「うりきれ」と読んだ訳で、そこが不思議なんですね。

「売り切り」と「売り切れ」の違いは後半部分が「切る」か「切れる」かの違いですが、上で挙げた「締切」以下の例が全部「切る」(五段活用)であるように、「切れる」(下一段活用)が続いているのは一般名詞としては大変珍しい例です。

この手の例は地名では結構あります。「馬込」「駒込」「牛込」の(「込む」ではなく)「込める」とか、「赤坂見附」「四谷見附」の(「附く」ではなく)「附ける」とかがそうですね。

で、日本語では連語の場合には割合臨機応変に送り仮名が省略されるわけですが、どんな場合でも省略できる/するかと言えばそうではありません。ただ、その区別は非常に感覚的で、全ては慣用に従うようです。

「売切」がすんなりと「うりきれ」とよめてしまうのもひとことで言うと慣用の問題。「売り切り」より「売り切れ」のほうが使われる局面が多いからであり、また自販機についているボタンとしては「売り切り」は当たり前で「売り切れ」のほうが意味をなすからなのでしょう。

でも、まあ、誤解を避けるためには「売切り」「売切れ」と書くのが良いのではないでしょうか。この場合は前の語の送り仮名だけが省略されていて、こういう書き方もよく目にします。

一応公式のルールとしては、内閣告示「送り仮名の付け方」というものがあって、これはよく国語辞典の巻末付録として掲載されていたりしますよね。

その内閣告示の「通則2」の「許容」に、「読み違えるおそれのない場合は(中略)送り仮名を省くことができる」とあり、それによって「浮かぶ」は「浮ぶ」、「押さえる」は「押える」、「聞こえる」は「聞える」などと書いても良いことになっています。

連語のケースについても全く同じ規定が「通則6」の「許容」に書いてあり、それによって「申し込む」は「申込む」、「打ち合わせ」は「打合せ」、「田植え」は「田植」と書いても良いことになっているのです。

あと、この内閣告示を読んでいると、「工芸品の名に用いられた『織』、『染』、『塗』等」(「博多織」とか「備前焼」とか)は「慣用に従って、送り仮名を付けない」などと、ものすごく細かいところにまで分け入った規定があります。

極め付きは、何の説明もなく「次の語は送り仮名を付けない」などという記述もあり、はあ、これ最初に作った人は大変だったろうなあと思ってしまいます。

どっちにしてもこういうのは後追いで整理された、言わば「観察日記」みたいなもんです。

私はむしろ、こういうことをあまり何も考えずに使っている日本人って、と言うか、それぞれが別に深く考えている訳でもないのに自然と慣用的な書き方が成立して来るところって、なんか凄いなあと思ってしまうのです。

ことばって本当に面白いですね。

さて、今回はこの辺でネタ切れです。

Copyright©yama-a Dec.2009mark

目次へ 次号へ 前号へ