あけおめ、ことよろ

「あけおめ、ことよろ」──この表現を初めて見たときには本当に愕然としました。なんじゃ、そりゃ!?と、驚くとともに落胆しました。なんか、うまく説明できないんですが、日本の若者はここまで落ちたか、もはや言霊は失われたか、みたいな感じでした。

メールで使われる短縮表現は、そもそもパケ・ホーダイみたいな固定料金制がなかったころの、多分ポケベルの通信分に於いてパケット代を節約するために始められたものではないかと思います。

「あけおめ、ことよろ」も、恐らくは同じ発想の系譜の中から生まれてきた表現なのではないかと私は思っています。

しかし、いくらパケット代を節約するためとは言え、あるいは単にキー操作の数を減らすためとは言え、そんな風になんでもかんでもチョン切ってしまっては風情も何もあったもんじゃないじゃないですか?

それでは1年間お世話になった方々に、あるいは今年もよろしくお願いしたい皆様に対して失礼じゃないですか?

──などと私は思ったわけなんですが、しかし、すぐに考え直しました。

「あけおめ、ことよろ」を、それじゃあ「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします」と書き直せば心がこもっているかと言えば、決してそんなことはないと気づいた、と言うか、思い直したのです。

そもそも年賀状、と言うか、新年の祝辞などというものは、ただ述べれば良いだけのもので、あるいは、ただ意味もなく述べられているだけのものであり、そのこと自体に心がこもっているとかどうとかいうことはないのです。

心がこもっている人が言えば心がこもっているし、心を込めたい相手に言えば心がこもってくるというものなのです。

それは儀礼です。儀礼自体はつつがなくやっておけばそれで良いのです。心がこもっているかどうかは別の話です。

私は小さい頃から儀礼や儀式が大嫌いで、ま、真面目な少年だったので高校の卒業式までは辛抱して出席しましたけど、大学の入学式は絶対出るまいと思っていたのですが、これも友だちに強引に誘われて出席する羽目になり、漸くそれ以降、成人式と大学の卒業式はパスすることができました。

年賀状は毎年書いてましたが、これはデザインの過程が楽しいからであって、別に年賀状を送る相手に伝えたい事があるわけでもなければ、伝統を守りたいわけでもありませんでした。

正月が来て初登校やら初出社した日にいちいちいろんな人に「おめでとうございます」云々を言わなきゃならんのがいまだに面倒くさくてたまらないのです。

しかし、儀礼というものは完全にネグってしまうと結局のところ礼儀知らずの謗りを受けて終わってしまうのです。注意しなければなりません。

となると、ああ、いちいち面倒くさい、もう「あけおめ、ことよろ」でいっか、という気持ちになってきて、なんだか最初の印象とは全く逆に、急にこの表現が気に入ってしまいました。

よく見てみてると、簡潔で、なかなか可愛い表現ではないですか。

それでは、このホームページの読者の皆様に心を込めて申し上げます。

あけおめ、ことよろ!

Copyright©yama-a Jan.2010mark

目次へ 次号へ 前号へ