かなしいかな、かなしい作業

以前「かなしいかな」というタイトルで常用漢字表について書きましたが、この常用漢字表がまた改訂されようとしています。詳しいスケジュールは頭に入っていませんが、まもなくパブリック・コメントの募集も終わって最終案が提示される頃のはずです。

いつも書いているように、こういうのは後追いであるから大変なんですよね。いくら「こうあるべきだ」「こっちが正しい」なんて言ってても、世間が挙ってそう書き始めたら嫌でもそれを認めて行くしかありません。

しかし、国が基準を決めて、公的な機関はある程度それに従うとなると、単純な現状追認に終わってしまうのは如何にも残ない感じがするでしょう。国は(あるいは国の諮問を受けた機関は)当然そこに「理念」を織り込もうとするはずです。

それを考えるとなんともご苦労なこった、と思います。いや、皮肉っているのではなく、本当に大変な作業だろうと頭の下がる思いです。

パブコメを受け付けるために「『常用漢字表』に関する試案」というのがネット上に上がっています。

これを見るとよく分かるのですが、やっぱりいろんな要素があって、かなり分裂したものになっています。

まず、誰もが言いそうな「別にそんなもんいらんでしょ」という批判に対して、

情報機器を利用することで,このような多数の漢字が簡単に使える現在,常用漢字表の存在意義がなくなったのではないかという見方もある。

しかし,このことは,既に述べたことからも明らかなように,一般の社会生活における「漢字使用の目安」を定めている常用漢字表の意義を損なうものではない。

むしろ簡単に漢字が使えることによって,漢字の多用化傾向が認められる中では,「一般の社会生活で用いる場合の,効率的で共通性の高い漢字を収め,分かりやすく通じやすい文章を書き表すための漢字使用の目安(「常用漢字表」の答申前文)」となる常用漢字表の意義はかえって高まっていると考えるべきである。

と必死になって反論しています。ま、解ったような解らんような理屈ではありますが。

そして、この試案はその後のパートで、漢字を手書きすることが如何に大事かということを強調しています。「手書き自体が大切な文化である」とまで言っています。

しかし、あまりそれを強調すると、やたらと難しい漢字を常用漢字表に加えることは国民に対して負担を強いることになってしまいます。そういうこともあって、

なお,情報機器の使用が一般化・日常化している現在の文字生活の実態を踏まえるならば,この漢字表に掲げる字のすべてを手書きできる必要はなく,また,それを求めるものでもない。

との一文も織り込まれています。今回追加されようとしている漢字には、例えば「語彙」の「彙」とか「憂鬱」の「鬱」のような、読めはしても凡そ書けそうもないものも含まれているのですが、この一文によって辛うじてこういう難しい字を加えることの整合性が取れているとも言えるのです。

しかし、初めに書いたように、やはりこの手の規範は現状追認をかなりの割合で含んでしまうために、今回加えられようとしている字を眺めていると、あれ、そんな字、今まで入ってなかったの?と不思議に思うものも少なくありません。

例えば、茨木の「茨」、大阪の「阪」、岡山の「岡」、愛媛の「媛」。ものすごくポピュラーな地名であっても今まで排斥されていたということに強い違和感を覚えます。現行の常用漢字表は固有名詞を適用範囲外にしていたのです。

固有名詞と言えば地名だけではなく人名もそうです。そういうわけで「藤」とか「伊」とか「彦」とか「之」とか、いまだに表外漢字扱いされているものは沢山あるようです。伊藤之彦さんは何と4文字とも常用漢字ではないのです。

とりあえず、今回の改訂では47都道府県の漢字だけを追加したようです。人名に関する気持ち悪さは恐らく次の改訂の際に議論されるのではないかと思います。

他には、「禁錮」の「錮」、「賄賂」の「賂」、「勾留」の「勾」、「毀損」の「毀」──これらは何と内閣法制局からの要請だそうで、確かにそう言われると法律用語としてこれだけよく使われているのに、常用漢字表に入っていないために「禁こ」とか「賄ろ」と書かなきゃならんのは非常にカッチョ悪い気がします。

しかし、それにしても、ワープロの普及による漢字に対する接し方の変化はあるし、大所高所からの漢字文化論みたいな理念もあるし、政府からの横槍もあるし、いやいや全くご苦労様だと思います。

私は決してこういう改訂作業が全くの無駄だとは思っていません。ただ私自身はそんな仕事はしたくないです(笑)。

で、もうひとつ言えば、常用漢字表がどのように定められても、改訂作業に関わった方たちへの敬意は別として、私はそんなもの気にしないで使って行きます。悪いけど、ま、そんなもんで良いんじゃないでしょうか(笑)。

Copyright©yama-a Jan.2010mark

目次へ 次号へ 前号へ

【註】長い長い「『常用漢字表』に関する試案」から例を引くにあたっては、小形克宏さんの「“情報化時代”に追いつけるか?審議が進む『新常用漢字表(仮)』」を参考にさせてもらいました。このリポートの後半部分にはフォントに関する非常に興味深い分析もありますのでぜひご一読ください。なお、フォントについては以前私も冒頭に掲げた「かなしいかな」で少し触れています。

[ このテーマの続編を読む]