お二階へどうぞ

ふと気づいたのですが、「お二階」とは言うのに「お一階」とは言いません。同様に三階以上の場合も「お」はつけられません。なんでなんでしょうか?

多分、三階以上がないのは昔の日本家屋には三階以上あるものが少なかったために当然それを指し示す丁寧語もなかったのでしょう。

では、「一階」にも「お」がつかないのはなんでなのでしょうか? 一階には正に今いる場合が多いのであえて言及することが少なかったからなんでしょうか?

そう、一階はあくまで生活の場であるのに対して、二階ってちょっと非日常的な洒落た響きじゃないですか。「お二階へどうぞ」なんてね。そもそも昔は二階があること自体がなんだか余裕の象徴みたいなものだったはずだし。

その小洒落た感じを出すのに持って来いなのが「お二階」という表現だったのではないでしょうか、あくまで私の勝手な想像ですが…。ちょうど「酒」じゃなくて「おビール」みたいな感じ。

そんなことを考えていると、またまたふと気づいたのですが、「お一人」「お二人」とは言いますが「お三人」と言いますか?──まあ、これは言わないでもないです。でも四人以上では多分「お」のつく表現はありません。

これはなんでなのでしょうか?

などと考えていると、「お一人」「お二人」よりももう少し丁寧な表現で「おひとかた」「おふたかた」の場合、「おさんかた」まではフツーに言うのですが「およんかた」以上は聞いたことがないことに思い当たりました。

この辺の違いは何なんでしょうね?

ひと言で片づけてしまうとしたら「単に口調の問題」ということになるのでしょう。

それに、数が増えるに従っていちいち四とか五とか区別する意味も薄れてきて、「大勢」とか「団体」とかで済ませると言うことなんでしょう。

ただ、そういうことを考えていて私が思い出すのは、中学時代に、英語には duo(duet), trio, quartet, quintet, sextet, septet などと1単語で何人組かを表す単語があることを知って大変驚いたということです。

pentagon, hexagon など何角形という表現も同様です。

日本語では三人組とか四重奏とか五角形とか、漢字を組み合わせてわざわざ作った表現しかないのに、どうして英語ではこれらを一単語で表せるのでしょう?

むしろ triangle が明らかな合成語であるのが逆に不思議になってきます。

多分何か言語上の必要性があったということなのでしょう。それが何なのかは解りませんが、こういう英単語に出会った際に「ああ、こいつらは僕らとは違う頭の構造をしてるんだろうな」と思ったことをはっきりと覚えています。

日本語にはそういう単語がありません。でも、その代わりと言うわけではないですが、「お」を付加して表現を丁寧にするみたいな技があります。そういうところが言葉の面白いところであり、あるいは日本語として誇れる部分であるという言い方もできるのかもしれません。

しかし、「お」は「二階」には付けられるが「一階」には付けられなくて、「一人」「二人」ならOKだが四人以上には付けられないなどというところが、私としてはなんともやりきれない感じもしますし、このいい加減さがまた日本語の良い所であるような気もします。

いずれにしても外国人が一から学ぶには大変面倒な言語であることは間違いないでしょう。そして、分からないまま使っている日本人が彼らに教えるのも至難の業なのではないでしょうか?

そういうことを思うと、たまにこんなことを真面目に考えてみるのは国際社会にふさわしいことなのではないかと思ったりもします。

世知辛い日常の心配事ばかりに思いを巡らせるのではなく、たまにはこんなことを考えてみるために、お二階へどうぞ──ここはそういうサイトです。

Copyright©yama-a Feb.2010mark

目次へ 次号へ 前号へ