NHKの後を承けて

NHK放送文化研究所という組織があって、このサイトはよく私がここでやっているような言葉についての研究をしています。私自身も時々読ませてもらって楽しんだり納得したりしています。

さて、そのNHK放送文化研究所が先ごろ発表した文書(と言うか「コラム」ですね)に『ことばウラオモテ』というタイトルのものがありました。

何かと思ったら、日本語には漢字2字からできた熟語で上下をひっくり返してもちゃんと熟語になるものがたくさんある、という指摘でした。辞書で数えたら 2300組あったということで、まあなんと暇な、と言うか、いや、こういうことに真面目に取り組んでくれている、文字通り有り難い組織であると言うべきでしょう。

そして、ひっくり返してもほぼ同じ意味になるもの、類似した意味になるもの、全然違う意味の単語になるもの、いろいろあると分析しています。

例えば「愛情」と「情愛」ならほぼ同じ、「演出」と「出演」なら違う意味(とは言えどちらも演劇関係の言葉)、「骨粉」と「粉骨」では意味も用法も全く無縁のものになってしまいます。

この著者はそういう例をなんと 490 ほど「お目にかけて」くれています。かなり真面目な方と見えて、「少々苦しいものもありますが、一応辞書には載っています」と言い訳までされています。

全文お読みになりたい方は上記のリンクをつついてみてください。

さて、まことに丁寧な仕事に頭が下がるのですが、しかし、ただ1つの欠点はこれだけではあまり面白くないということです。

そこで私がアレンジしてみることにしました。この 490 の中から「これ、入れ替えると嫌だなあ、おかしいなあ」という例文をいくつか試作してみましたので以下をご覧下さい。

どうです? ま、そこそこ面白いでしょ?

中には本当にこういう間違いをする人がいそうじゃないですか。それも言い間違いではなくて憶え間違い。

で、さらに遊ぶなら、わざと間違って憶えてる振りをして「本当に奇数な人生だよなあ」などと言ってみて相手の反応を見るという趣味の悪い遊びもあります。

言葉遊びを考え始めると際限がなくなってくるんですよね。

ただ辞書から抜き出すだけじゃなくて、こういうおバカな例文を入れ込みながら書いて行くと、自画自賛ですがこんな風に「読んで面白い」文章になるのです。
しかし、どう考えても NHKの研究所の人はそんなことやらんわなあ(笑)

どうやらこういうのは今後も私の仕事のようです。

Copyright©yama-a Mar.2010mark

目次へ 次号へ 前号へ