開くドアと開かないドアのマーク

この連作エッセイでは毎回「ことば」に何等かの形で引っ掛けて書いていますが、それをもう少し広げて、世の中に溢れる「記号」や「シンボル」「マーク」などについて書くこともあります。例えば「続々・はてしないトイレ談義(改訂版)」で触れたトイレのマークについて、等々。

今回はエレベータのボタンを見ていてふと気づいたことがあり、それについて書きます。

エレベータの中にドアの開閉ボタン「開く」と「閉じる」がありますよね。大抵はボタンにマークが描かれています。例えば、こんな形のやつ。

elevatorbutton1

これは非常によく解りますよね。左が「開く」で右が「閉じる」。縦棒がドアの閉じ位置を表していて、横向きの三角形がドアが動く方向を表しています。

国内のエレベータのボタンをよく観察していると、上記のデザインが主流のようなのですが、中にこんなのがあります。

elevatorbutton2

これはどうでしょう? 皆さん、違和感ありません? 僕は強い抵抗感を覚えるんですよね。

この図では縦棒が2本描かれていて、ドアの閉じ位置ではなく左右のドアの右端と左端を表しています。矢印はドアの動く方向です。

で、このデザインの作者は左図で「開く」を、右図で「閉じる」を表したかったのでしょうが、見てて変だと思いません? だって、左図ではドアは既に全開ですし、右図ではドアはほとんど閉じかかっています。これ以上開けたり閉めたりする必要がないし、いやそれどころか、これ以上開けたり閉じたりできないのです。

ドアの開閉ボタンを押す状況を考えてみてください。

ドアが閉まりかかっている時に乗り降りしようとする人を見つけた場合に押すのが「開く」ボタンです。ところが上の左図はドアが開ききった結果を表しているのです。

乗り降りする人がいないのにドアがいつまでも開いている時に焦れて押すのが「閉める」ボタンです。ところが上の右図はドアがほとんど閉まりきった結果を描いているのです。

自分が今からやろうとすることと、結果を描いた図案とが巧く結びつきますか? 僕は結びつきません。

僕が描くとしたら、むしろこうではないかと思うのです。

elevatorbutton3

左は閉じかけていた扉をこれから開けるもの、右は全開になっている扉をこれから閉じるものです。

どうです、このほうがピンとくるのではないでしょうか?

ことばにも解りやすい/解りにくいがあるように、マークにも解りやすい解りにくいがあるのです。何かを図案化する場合にはそういうことをよく考えてやってほしいと思います。

え? そんなこといちいち気にするのはお前だけだって? そうかもしれません(笑)

でも、いろんなものを観察しているといろんなことに気がつくものですよ。で、いろんなことに気がつき始めると、いろんなことが気になってくるものです。

そう言えば、米国に行っていたときに、エレベータの「閉じる」ボタンを押しているのはひょっとして日本人だけではないかということに気づいてブログに書いたこともありました。

あんな小さな箱の中にさえ、ものを考える材料が溢れているのです。今後もそういう風にしていろんなものを取り上げて行きたいと思います。

では、今回はこの辺で「閉じる」ボタンを押させてもらいます。

Copyright©yama-a Mar.2010mark

目次へ 次号へ 前号へ