ゼブラの尻尾はなぜ伸びた?

映画『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』の公開を控えて、と言うか、前作の『ゼブラーマン』の時から思っていたのですが、あれってどうしてゼブラマンではなくてゼブラーマンなんでしょう?

第1作に出てくるゼブラナースも、第2作に出てくるゼブラクイーンも、ともにゼブラであってゼブラーではないのに、ゼブラーマンだけがゼブラではなくゼブラーなのです。

何故なのでしょう?

ナースもクイーンも女性キャラだから? いや、そんなことはないでしょう。おそらくは音の問題。ナースもクイーンも長音を含むからだと思います。で、長音を含まない「マン」が続いた時に「ゼブラ」に長音がくっついたという訳です。

じゃあ、なんでくっついたかと言うと、それは分かりません。無理やり説明すると、多分「そのほうが口調が良いから」なんでしょうね。なんで口調が良いか、どうであれば口調が良いのか、そもそも口調って一体何なのか、みたいなことを言い出すと、きっと誰にも説明できないでしょう。

ただ、「ゼブラマンよりもゼブラーマンのほうが言いやすいでしょう?」と言われると、そんな気はするでしょ?

そんな理由でゼブラをゼブラーに変えるなんて無茶苦茶な気もしますが、ひょっとすると脚本の宮藤官九郎は最初からそういう胡散臭さを狙ったのかもしれません。

前にも書きました(「あなたはコンピュータ派?」「あなたはメモリ派?」)通り、私はむやみに長音を使わない主義です。長音を使ってしまうと、そこにアクセント(少なくとも第2アクセント)が置かれてしまいがちだという弊害もあります。

「ゼブラマン」なら「ゼ」だけにアクセントがありますが、「ゼブラーマン」なら「ゼ」に第1、「ラー」に第2アクセントがつきます。いや、ディープな大阪弁なら「ラー」が第1アクセントかもしれません。しかし、このことによって、1つの単語内に第1と第2のアクセントができて、リズミカルに発音できるようになるのではないでしょうか。

最初から長音を含んでいる「ゼブラナース」「ゼブラクイーン」の場合は、「ゼ」が第1、「ナー」や「イー」が第2アクセント、という風に最初から2つの山があって口調が良いのです。

そして、口調のために発音が変えられるというのは、実は日本語ではよくあることなのです。

例えば「タイガース」「イーグルス」などと複数形の s が往々にして「ス」になってしまうこと。もちろん「ホークス」など「ス」で良いケースもあります。直前が無声音の場合は[s]、有声音の場合は[z]というのが英語のルールですから、私は日本語でも「タイガーズ」「イーグルズ」と表記するほうが良いかなと思うのです。

あるいは「スムース」なんてのもあります。私が中学生の時に、ある教師が「スムーズと違うよ。スムースですよ。スムーズやと引っ掛かるような感じがするでしょう」と言っているのを聞いて無茶苦茶だと思いました。

それって「川が濁ってはいけない」という理由で「日本橋」を「にほんはし」と書くのと同じような勝手な理屈です(現に東京の日本橋の欄干にはそう書いてあります)。でも、「にほんはし」では逆に発音しにくくなってしまいますが…。

ちょっと話が逸れてしまいました。元に戻ってもうちょっと広げて行くと、「毎度おさわがせ」が「毎度おさがわせ」になるのも同じように口調が良いように言い換えられてしまった例です。

そういうことを考えると、人間ってなんて勝手なんだろう、と言うか、人間の口ってなんて勝手なんだろう、そしてなんて不器用なんだろう、という気がしてきます。

でも、生きるためには伝えなければならず、伝えるためには喋らなければならず、喋るためには喋りやすいように変えられて行くのが世の必定なのかもしれません。

今回はゼブラーマンから変なところに話が飛んでしまいました。映画と違ってあまり白黒つけられなかったみたいで申し訳ありません。

Copyright©yama-a Apr.2010mark

目次へ 次号へ 前号へ