1字空ける無駄遣い、1字空けない心遣い

人名を表記するとき、姓と名の間を1字分空けますか?

私自身の経験で言うと、昔はよく空けて書いたものです。いえ、手書きの話ではありません。パソコンが普及する少し前、ワープロの時代です。しかし、考えてみたら最近は空けて書くということをしなくなりました。何故でしょうか?

その前に、昔は何故1字空けたかということを考えてみましょうか。と言うか、それはどういう状況であったかを考えてみましょう。

姓と名の間を1字空けて書いていたのは一般の文中ではありません。現代の日本語では、詩でない限りスペースは使いませんから。1字空けていたのは表の中の人名でした。

そう、ある程度以上の年齢の方は、あのワープロでの作表の面倒臭さを思い出されたのではないでしょうか。

ワープロ専用機に Excel はありません。Word のもっとボロい奴で表を作ってたようなもんです。表と言っても要するに字の代わりに━とか┏とかを使って表に見えるようにしていただけで、言ってみれば罫線ではなくアスキーアートで作表していたわけです。

従って表のセルの大きさは自由にはなりませんでした。4字分や5字分にすることはできましたが、4.5字分の幅というのはできなかったのです。

じゃあ氏名欄の桁の幅は何字にするか? 日本人の名前では苗字が2字、名前も2字というパタンが多いですが、どちらかが3字というケースもたくさんあります。従って5字分取ることが多かったように思います。

そうすると、姓名合計4字の人は、姓と名の間を1字空けておくとバランスが良かったのです。これを詰めてしまうと5字分の幅の左4字分だけ使ってしまい、右にある1字分の余白がなんかバランス悪いのです。

ワープロ初期の時代にはもちろんセンタリングなんてものはありませんでした。従って、こういう形が一番バランスが良かったのです。

┏━━━━━┓
┃田中 太郎┃
┣━━━━━┫
┃野村のぞみ┃
┣━━━━━┫
┃五十嵐信昭┃
┣━━━━━┫
┃秦  杏子┃
┗━━━━━┛

その後、ワープロ機には「均等割付け」なる機能がついてきて、上記の「秦□□杏子」みたいなバランスの悪さを「秦□杏子」にして、そのスペース込みの4字を5字分に均等割付けなんてこともよくやりました。

その場合「田中□太郎」も「田中太郎」にして5字分に均等割付けするという手も考えられるのですが、私がよくやったのは氏名欄には最初から6文字分を割き、「田中□太郎」と「秦□杏子」は均等割付け、「野村□のぞみ」と「五十嵐□信昭」は6文字をフルに使うというやり方でした。

いずれにしても、なんか姓名の間を空けようという意志はかなりあったような気がします。

これは、日本語の場合、アルファベットを使う国のように単語と単語の間にスペースを挟みこむという習慣がないために、どこまでが姓でどこまでが名なのかひと目では分からないという事情があるからなのでしょう。

ただ、だからと言って、平常の文中で氏名を書くに限ってスペースを使うわけには行かないので、やっぱり表の時だけスペースを使うのは少し抵抗があります。だから私は、ワープロからPCへという時代の変遷も手伝って、いつの間にか姓名の間を空けないようになりました。

しかし、世の中には、表やリストにする場合はどうしても姓名の間を空けるというルールを頑固に守り続けている人がいるようなのです。

ま、もちろん、スペースを空けるのには空けるなりのメリットはあるわけで、それを頭ごなしにダメだという気はありません。ただ、問題なのは2つの書き方が混在するということなのです。

私が最近困ったのは携帯音楽プレイヤのデータベースでのことでした。そこには「小泉今日子」と「小泉□今日子」が、「中島美嘉」と「中島□美嘉」がいたのです。人間ならば簡単に理解することですが、機械にとっては両者が同一人物だとは認識できないのです。

ワープロの時代からコンピュータ/データベースの時代になって、名前は頻繁に検索されるようになりました。一方、音楽コンテツの場合、アーティスト名はネット上のデータベースから拾ってきます。そのデータベースへのインプットはどこかの誰か、つまり人間がやっているのですが、その人間の書き方に2様あるために、こんなことが起こってしまうのです。

そんなことはどうでも良いと仰る方も多分いらっしゃるのでしょうが、私にとってはこれは非常に気持ち悪いことです。同一人物が同一でなく登録されている気持ち悪さというものもありますが、間違って同じ曲を別のソースから2度収録したときに、その間違いに気づかないなど、現実のデメリットも起きてしまうのです。

だから、やっぱり統一してほしいと思います。で、統一するとしたらやっぱりスペースなしでしょう。

唯一のデメリットはたまにどこまでが姓でどこからが名か分からないことがあるということです。例えば仲里依紗。前に日本人はどうも4=2+2だと思い込む傾向があると書きましたが、この場合私も最初は「なかざと」と読んでしまい、「沖縄出身なのかな? 名前のほうは何と読むんだろう?」などと考えてしまいました。

しかし、ま、こういうのはレアケースで、大体は見当がつくものです。

検索を完璧にするためには、確かに、検索自体に柔軟性を持たせて精度を上げるという方向性もあります。でも、その前に「1字空けない」というくせをつけるほうがよっぽど早いように思うのですが如何でしょうか。

せっかくのコンピュータ/データベースの時代ですから、このことによって完璧な検索並べ替えが達成されることを切に望みます。

Copyright©yama-a May.2010mark

目次へ 次号へ 前号へ