浄水は飲めるか?

いずこも同じ光景かもしれませんが、ウチの会社もいつしか不景気に襲われたのをきっかけに、まず契約期間の終わったアルバイトを更新しなくなり、当然新規の採用もせず、その結果、かつてはアルバイトがやっていた雑用をどんどん正社員が分担しなければならなくなってきました。

そういう訳で、おっちゃんたちが慣れない手つきでコーヒーメーカーの準備をしたりしています。

で、ある朝私が給湯室でコーヒーメーカーのタンクに水を補給しようとしていたら、同じく自分の部のコーヒーメーカー用の水を汲もうとしていた隣りの部のS氏が横から「えっ、それですか? 違うんとちゃうの?」などと言うのです。

何かと思ったら、給湯室には水の出る蛇口が2つあるのですが、私が水を出そうとしていた蛇口が飲料水用ではないのではないか、と言うのでした。

いえいえ、私は朝が早いのでほぼ毎朝コーヒーの用意をしています。だから、よく解っているのです。間違っているのはS氏のほうです。彼はどうやらその日が初めてのコーヒー当番のようでした。

彼が「違う」と判断した根拠は、私がひねったほうの蛇口には「浄水」という表示があったからなんです。

「浄水」なら合ってるじゃないか、と思うでしょ? でも、S氏はそうは解釈しませんでした。彼は「浄水」=「食器などを洗浄するための水」=「飲用ではない」と考えたのでした。

考えてみると面白いですね。a sleeping giant と a sleeping bed の違いと同じ。前者は a giant who is sleeping「眠っている巨人」、後者は a bed for sleeping の意(眠るためじゃないベッドってあるのか?というツッコミは置いといて)。

浄い水なのか、何かを浄めるための水なのか?

まあ、こういう問題って多分何語に於いてもあるんじゃないかと思うのですが、日本語の場合は特にその辺がいい加減であるような気がします。2つの漢字や単語を繋げて新しい1つの単語にしてしまうことがほぼ無制限に許されているような感があります。

でも、今回の例で言うと、どうもS氏の感覚はおかしいと言わざるを得ません。例えば「温水」も「冷水」も「硬水」も「軟水」も「汚水」もみーんな「〜な水」というパタンなんですから、「浄水」と来れば「きれいな水」だと考えるのが一般的でしょう。

ただ、「注水」は「水を注ぐ」であるのに対して「断水」は「水を断つ」ではなく、むしろ「水が断たれる」であり、また「浸水」は「水に浸かる」であり、「流水」は「流れる水」であり、一方「雨水」は単に「雨の水」であるなど、「浄水」のような修飾/被修飾語の関係の他にもいろんな形があるのが解ります。

こういうことを我々日本人は瞬時に判断している、のではなく、単に慣用で使い分けているのです。だから、逆に言うと広く使われるようになるとどんなパタンでも違和感がなくなって来るのです。

しかし、それにしても「〜するための…」というパタンは却々他には見つかりません。「浄水」をそのように解釈したS氏はやはりとてもユニークな人物だと言えるでしょう。

ま、もちろん、「いや、こっちが飲むほうの水ですよ」と教えてあげましたよ、水くさいこと言わずに。

Copyright©yama-a May.2010mark

目次へ 次号へ 前号へ