ん?

若い人たちの新しい言葉に出くわすと少し気持ち悪い思いをすることがあります。そんなとき私は何故それを気持ち悪く感じるのかということを突き詰めてみることにしています。

最近で言えばそれは「なく」を「んく」に置き換える言い方です。これはひょっとすると関西だけなのでしょうか?

例えば、

行けなくなった → 行けんくなった
たとえできなくても → たとえできんくても

等々。

これが聴いていてとても耳障りなのです。で、何故これが私にとって耳障りなのかを考えてみたわけです。

この例では「なく」を「んく」に置き換えています。ただし、この「なく」が「んく」に置き換わるのは今のところ動詞の活用語尾だけであって、形容詞の場合はまだこういう言い換えは適用されていない──つまり、

情けなくなった → 情けんくなった

とは言わないようです。

さて、では動詞の場合に限って考えると、「ん」を使うのはそんなに変なことではないようにも思えます。何故なら「行けん」=「行けない」なのですから。ただ、ここでミソなのは「行けない」が終止形であるということなのです。

その前にまず「ん」について考えてみましょう。

「行けん」=「行けぬ」ですから、「ん」=「ぬ」です。で、これは連体形なのです。

文をそこで終わらせるのであれば本当は「行けぬ」ではなく「行けず」になるはずなのです。「ぬ」は打ち消しの助動詞「ず」の連体形です。だから本来このあとに体言(=名詞)が続くはずなのです。

「あってはならぬ」というのは「あってはならぬものなり」などの表現をぶっちぎってしまった表現なのです。そうすることで少し余韻が残ります。「行けず」よりも「行けぬ」のほうが無念感が漂っているような気さえします。

語源や文法的な解釈についてはよく分かりませんが、ひょっとするとこれは「ぞ・なむ・や・か+連体形」という係り結びと関係しているのかもしれません。「我行けず」ではなく「我や行けぬ」とした表現から派生したものかもしれません(この辺は完全に私の素人考えですが…)。

ただ、歴史的・文法的にはどうあれ、今ではこの「ん」は完全に終止形と同じように使われています。

ところが「行けんくなった」「できんくても」という用例においては、その終止形に準じた「ん」を連用形の「なく」の「な」の代わりに使い、動詞「なる」や接助詞「て」に繋げているのです。そこが、私が違和感を覚える理由だったのです。

何度か書いているように、私は規範的な日本語の使い手であると自認しています。規範的であるということはある意味文法に忠実であるとも言えます。そういう人間からすると、連用形の代わりに終止形(の代用)を持って来ることに対して戸惑いがあるのは当然です。

そこで思い出したのですが、かつてこのエッセイで「なにげなく」を「なにげに」に言い換えることの気持ち悪さについて書いたことがあります。この場合は活用形の不一致ではなく意味的な反転が原因でした。

で、ここにも「なく」があります。これに上の「んく」を適用してみたらどうでしょうか?

なにげなく → なにげんく

ふむ、こっちのほうが幾分抵抗感が小さいように思います。逆に「なにげに」という表現が如何に耳障りなものなのかを改めて実感してしまいました。

「なく」という打ち消しの意味を持つ単語を打ち消しの意味を持たない助詞「に」に置き換えるよりも、「なく」という連用形を同じく打ち消しの意味を持つ「ん」という終止形(の代用としての連体形)+クに置き換えるほうが、私にとっては抵抗が少ないということです。

まあ、しかし、これは多分私にとってだけの問題であって、いずれの表現もなにげに定着して阻止できんくなるのは確実でしょう(笑)

せめて分析してみるのが若者言葉に対する抵抗勢力の務めなのではないかと思ってこんなことを書いてみるのでした。

Copyright©yama-a Jun.2010mark

目次へ 次号へ 前号へ