丼と私と20分

常用漢字改訂についての諮問に対する答申が出て、年内には施行されるようです。この件については、私も今まで2度取り上げています(その1その2)。

言葉というものは徐々に移り変わって行くものですが、法律とか政令とかいうものはある日を境にばっさりと効力を発揮します。そこにギャップがある限り、言葉の使い手がギャップを感じずに済むことはないんでしょうね。

私も今まで言葉についていろんなことを書いてきましたが、こういうことがあると、このサイトに掲載している記事のいくつかも突然嘘になってしまうようなことがあるかもしれないなあ、と思って読んでいたら、本当にありました。

それは「丼」です。この漢字は使用頻度が高いと認定されてこの度常用漢字表に追加されるようなのですが、その際に「どんぶり」と「どん」という読み方が登録されるらしいのです。

以前「丼で行こう」という文章に書きましたが、本来「丼」という漢字に「どん」という読みはありませんでした。訓は「どんぶり」、音は「セイ」です。

なんで? 「親子丼」の「どん」でしょ? ──と言われるかもしれませんが、あれは本来「おやこどんぶり」だったものが略されて「おやこどん」になっただけの話で、「丼」という漢字に「どん」という読みはありません。

それは例えば「鰻重」は「うなじゅう」だから「鰻」という字に「うなぎ」と「うな」の二様の読みを与えようとするのと同じです。

最近はあちこちに「丼ぶり」という表記を見かけますが、それじゃ「どんぶりぶり」でしょ、屁ぇこいでんじゃねえぞ、と思ってしまいます。そのうちに「鰻ぎ」なんて表記も出てくるのではないかと心配してしまいます。

これは「捏造」に「でつぞう」ではなく「ねつぞう」という読みを与え、「稟議」に「ひんぎ」ではなく「りんぎ」という読みを認めているのとは少し違うような気がします。

大きな時代の変わり目に強制的に国語を変えて行こうとする場合を除いて、言葉に関する法律や指針は、ともすれば現状追認になってしまいます。

他の例で言えば、今回「私」に「わたし」という読みが認められることになりました。これはこれでとても正しいといえば正しい処置です。

私もこのエッセイでは「私」という主語を使っていますが、これは自分では「わたし」のつもりで書いています。考えてみれば、実生活で「わたくし」という表現を使う場面はかなり減ってきたように思います。

ただ、それにしても私は「私」という字は通常「わたし」と読むけれど、公式に認められた読みは「わたくし」でしかないという理解をしてきて、それで何の問題もありませんでした。なんでわざわざ今さら「わたし」を公認しなければならないのか、という気もしないではありません。

同じように、今回「十」という字の備考欄に「『ジュッ』とも」という註記が付されます。

これは何かと言うと、「十」の音読みは本来「ジュウ」と「ジッ」しかなく、従って「20分」「十戒」は「ニジップン」「ジッカイ」と読むべきなのですが、「ニジュップン」「ジュッカイ」と読む人があまりに増えたので「ジュッ」という読みも追認されたということです。

それについても、私は若干違和感を覚えます。私の場合「十戒」は「ジッカイ」と発音していますが、「20分」となると確かに「ニジュップン」と発音してました。しかし、正式には「ニジップン」であることは認識していますし、ワープロで「ニジュップン」と打って「二十分」が出てこなくても、それはそんなもんだと思ってましたし、何の不自由もなかったのです。

変な喩えですが、鮭のことはよく「シャケ」と発音しているけれど「鮭」という字に「しゃけ」という読み方がないことは知っているし、そのことで何の不自由もないのと同じ感覚です。わざわざ「シャケ」という読み方が必要なんですかね?

慣用を公式ルールとして認めるのが適当かどうかは、単にその用例がどこまで熟しているかという時期の問題だと思います。ただ、適当であるからと言って必ずしも片っ端からルールブックに書き足して行くべきものでもないような気がするのです。

そういう意味では、現にこれだけ「わたし」「にじゅっぷん」と読まれているのにその読み方が公式に認められていないのは窮屈なのでいっそのこと認めてしまえ、という感覚は解らないでもありません。

ただ、「丼」に関して言えば、「どん」はあくまで「どんぶり」の省略形なのだから、それを正式な読みにするというのはどんなものかな、と思ったりするのです。

木村拓哉がキムタクだからと言って、「村」という字に「ム」という読みを認めろとは誰も言わないでしょう?

ただ、別に私は今回の答申がおかしいと憤っているわけではありません。少し表現がきつくなってしまいましたが、今回の答申に物申すというほどの気持ちはなくて、単に、漢字というものはそんな風にして読みが変わったりするのだなあ、と知っていただければそれで良いかと思っています。

それが言葉というものの面白さでもあるわけですから。

Copyright©yama-a Jun.2010mark

目次へ 次号へ 前号へ