はいはい

小さかった頃、親や先生に何か言われて「はいはい」と返事をしたら、「ハイは1回でよろしい」とよく怒られました。

あれ、なんで繰り返すんですかね? で、何の気なしにやっているようで、実は繰り返すことによって表されるニュアンスがちゃんとあります。

そして、注意して聞いていると、日常会話の中でそういう繰り返し表現が結構頻繁に使われているのが分かります。

もっともポピュラーなのが(ポピュラーと言うのも変ですが)、「いえいえ」。

いえいえ、そんなことありませんよ。
いえいえ、どういたしまして。

なんで「いえ、そんなことありませんよ」ではないのでしょう? 「いえ、どういたしまして」ではないのでしょう?

語感を考えると、確かに重ねたほうがリズムが良いです。それに、「いえ」1回だけだと、ちょっと突っぱねたような、毅然とした、冷たい感じになってしまいます。「いえいえ」にすると、それが少し和らいでくるような気もします。

「いえ、結構です」の後には「もう二度とこういうことするのはやめてください」が続きそうなのに対して、「いえいえ、結構でございますよ」の後には「どうぞご自由になさってください」が続きそうな、そんな感じです。

ただ、全ての(あるいは多くの)この手の繰り返し表現が口調を整え印象を和らげるためかと言えば、決してそんなことはありません。冒頭に挙げた「はいはい」もそうです。この繰り返しは全く別のニュアンスをつけ加えます。

「はい」だと素直な感じがするのに、「はいはい」にすると急に「うるせえなあ、言われなくても分かってるよ」風になるのが不思議だと思いませんか? 「あ、はいはい」にするともっと舐めた、と言うか、小馬鹿にした語感が出てくるのが面白いと思いませんか?

それ以外に私がよく耳にするのは、「なるほどなるほど」、「確かに確かに」、「全然全然」、「ほんとにほんとに(ほんまにほんまに)」。これらは特に電話での会話で聞きます。

「なるほどなるほど」と「確かに確かに」は繰り返すことによって自分の共感を伝えようとしている感じでしょうか。で、「全然全然」と「ほんとにほんとに」は相手に反論(敵対)する気がないことを念押ししてる感じでしょうか。

ほかには「やだやだ」。ちょっと幼稚っぽい表現ですが、これは「嫌だ嫌だ」の転じたもの。ただし、「やだやだ」は強い拒否や拒絶を表すために早口で言い、「嫌だ嫌だ」は独り言で、呆れた感じや厭世観を伴ってゆっくり言うのが合っているように思います。

「まだ」と言わずに「まだまだ」と重ね、「よし」と言わずに「よしよし」とかぶせるのも基本的には強調でしょう。ここまで見てくると、重ねることの最も一般的な効果は強調だと言ってよいでしょう。

そうなると、元に戻って「はいはい」が「はい」を単に強調したものではなく、「うるせえなあ」のニュアンスが加わってくるところが、一連の繰り返し表現の中では独特であることに改めて気がつきます。

ま、でも、考えてみれば、返事なんてものは単純なもので、本来肯定か否定以外のバリエーションはないはずです。なのに、その肯定をわざわざ強調してみせたりすると嫌味な感じが出てくるのも当然かも知れません。「はいはい」の場合も重ねて強調することによって「何遍も言うなよ」というニュアンスが出てきているのは、言うまでもありません。

そしてまた、言い方にもよりますよね。だら〜っと「はぁいはい」と言うのではなく、甲高く威勢よく「ハイハイッ」と言うと、これはこれで別のニュアンスになってきます。

さっきから何をあてどのない分析をしているのかと思われるかもしれませんが、単に単語を重ねるという単純な技が、単語と言い方と場面によってこれだけのバリエーションを展開する日本語というものが、あるいはことばというものが、なんか不思議で奥深いもんだなあと改めて思ったのでした。

あんまり書いているとほんとに「はいはい」と言われそうなので、今回はこの辺でやめておきます。バイバイ。

Copyright©yama-a Jul.2010mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ