ある朝、車掌は

先日、朝のラッシュ・アワーに電車に乗っていたら軽い急ブレーキがかかりました。そして、再びスピードを上げて走りだしたところで即座に車掌さんからのアナウンスが入りました。

「ただいま線路内に危険な立ち入りがあり急ブレーキがかかりました。急ブレーキがかかりましたことを心からお詫び申し上げます」

って、そんな大げさな! と言うか、むしろ「嘘つけ、心から詫びてはいないだろ」って思いません?

所謂逆効果ですよね。せっかく丁寧に謝っているのに却って慇懃無礼な感じがしてしまいます。

本来「心から詫びる」ほどのことではないのです。乗客の安全を守るためには、逆に急ブレーキをかけることが必要なはずで、言わば運転士として当然のことをやったまでのことなのです。

いや、多分、線路内への立ち入りを検知すると自動的にブレーキがかかるような仕組みになっているのではないでしょうか。となると乗員の責任でさえないのです。そう、ここでわざわざブレーキがかかった原因まで説明しているのは、運転ミスではないぞという主張でもあるのでしょう。

にもかかわらず「心から詫びる」なんて言うから、却って馬鹿にされたような気がしてしまうのです。では、なんで車掌は「心から詫びなければならない」というような心境になる、というか、「ここは謝っておかないと」というプレッシャーを感じてしまうのでしょう?

急ブレーキがかかる → 電車が揺れる → 乗客に迷惑がかかる → 詫びる

という図式なのでしょう。逆に言うと多分そういうことでクレームを付ける客がいるということなんでしょうね。

ただ、まあ、電車というものは本来揺れるものですし、その時だって乗客が転んで怪我をするというほどの揺れでもありませんでした。

もちろん多少でも揺れれば転ぶ可能性はあるわけですし、そういう意味では運転士はできるだけ揺れが少ないように努めるべきではあります。

が、一方で車内でもよくアナウンスされているように(それを考えると日本の車内アナウンスって至れり尽くせりだと思うのですが)乗客のほうも近くの手摺やつり革に掴まっておくことが求められているのです。

「こんなラッシュ時に、手摺やつり革なんか掴めるか!」と言うほど混んでいるのなら、多分多少揺れたって周りの人に支えられて転ぶには至らないでしょうし、そんな状態なのに皆で転ぶほど揺れたのであれば、それは例えば脱線とかの大惨事であり、多分手摺やつり革に掴まっていたかいなかったかに意味はなくなってしまったでしょう。

要するに私は何が言いたいかというと、とんでもない国だなあ、日本は、ということです。

電鉄サイドはやれることは全部やった上で過剰なほどのアナウンスも入れているのに、ただ急ブレーキがかかっただけで文句を言う客がいて、そのために「心からお詫び」などと言わなければならないとしたら、これはとんでもない環境と言って良いのではないでしょうか?

もしかして、そういう客に対する皮肉を込めて「心から」なんて言っているのでしょうか? いや、皮肉を込めたジョークこそ、日本人にはまるで不慣れな表現です。

では、私ならばどのような表現にするか? 何にも言わないというのも選択肢のひとつではありますが、一方で何ごとも丁寧に進めたほうが良いでしょうし、上で述べたとおり「運転が下手で揺れたのではない」という主張も必要でしょう。となると、

「ただいま線路内に危険な立ち入りがあり、急ブレーキがかかりました。ご迷惑をおかけしました」

で良いのではないでしょうか。

迷惑をかけたことは認めているけど明確に詫びてはいません。こういう風に謝ったようで謝ってない微妙な表現は、詫びさせないと気が済まない人と詫びたくない人との間で折り合いをつけるためによく使われます。私は実はこういう微妙な表現が大好きです。

なんか急ブレーキがかかって電車が揺れてアナウンスが入っただけで、言葉や表現をめぐるいろんなことに思いを馳せてしまいましたが、これも人間関係に急ブレーキがかからないための知恵と言えるのではないでしょうか。

言葉遣いが難しいのは人間関係が難しいからなのかもしれません。

Copyright©yama-a Jul.2010mark

目次へ 次号へ 前号へ