通韻(同韻相通)と通音(五音相通)

小学生の頃、江戸っ子は「ひ」が発音できなくて「火鉢の火箸」が「しばちのしばし」になってしまうと聞いて大変驚いた記憶があります。なにしろ周りに江戸っ子の知り合いなどまるでいないものですから、半信半疑でした。

そもそも、「ひ」が発音できないという説に説得力が感じられません。関西ではむしろ逆で、私の祖母たちの世代は「質屋」のことを「ひちや」、「七」を「ひち」、「しつこい」を「ひつこい」と言ってました。これはその江戸っ子と逆のパタンで、「し」が「ひ」になっています。

ただ、この場合は「し」と「ひ」のどちらが発音しやすいかという問題ではなく、「し」の音のあとに、「ち」や「つ」の音を続けることの発音のしにくさが問題になってくるわけで、そういう意味では「ひちや」「ひち」「ひつこい」はこの問題を回避していると言えます。

で、「しばちのしばし」に戻ると、大人になった今考えてみても、これは「ひ」が「し」になることによって何が解決しているのか、よく解らないのです。ただ、言語に於いてこういう入れ替わりというのはたくさんあるのだということは大人になるにつれて解ってきました。

主に江戸時代以前の国語学の専門用語らしいのですが、日本語には通韻と通音というものがあるらしいのです。また通韻は同韻相通あるいは段訛り、通音は五音相通あるいは行訛りとも言われるようです。

例を挙げると、通韻(同韻相通)は「けむり」が「けぶり」になるような、マ行ウ段が別の行であるバ行のウ段に入れ替わるようなケースを指します。「のく(退く)」が「どく」になるのもこの例でしょう。江戸言葉で「まっすぐ」が「まっつぐ」になったり、大阪弁で「仰山(ぎょうさん)」が「ようさん」になるのもこの例と言えます。

そして通音(五音相通)は「すめらぎ(皇)」が「すめろぎ」に、「いを」が「うを(魚)」になるような、同じ行の中の別の段の音に入れ替わることを言うのだそうです。

江戸の国語学からは離れてしまいますが、「ミンチカツ」が「メンチカツ」、「きつねうどん」が「けつねうどん」、「ヒレ(フィレ)肉、ヒレ(フィレ)カツ」が「ヘレ肉、ヘレカツ」になるのも通音です。

「メンチカツ」は東京弁でしょうか? 「けつねうどん」と「ヘレ」は大阪弁ですよね。冒頭の例を見ても解るように、この手の入れ替わりは方言に於いて顕著なように思います。

大阪弁には通韻のほうもたくさんあります。敬称の「さん」が「はん」に転ずるのも通韻の例と言って良いでしょう。あとは「せばい」「ねぶたい」「けぶたい」「さぶい」「むつかし」「まむし」「あむない」などなど。どれもこれも結構イナタイ表現ですね。

一方通音も枚挙に暇がありません。「しょうもない/しょうむない」「そやから/せやから」「そやねん/せやねん」「もみない/もむない」などなど…。

関西以外の方のために解説しておきますと、「せばい」「ねぶたい」「けぶたい」「さぶい」は全てマ行→バ行の例です。「むつかし」は「むずかしい」が転じたもの。「まむし」は蛇ではなくて「まぶし」の転用で、タレをまぶした鰻飯のことです。そして「あむない」は「危ない」。

また、「しょうむない」は「つまらない」という意味ですが、これは本来「仕様もない」が転じたものだと思われます。「せやから」「せやねん」も「そうだから」という意味の「そやから」、「そうなのだ」という意味の「そやねん」の変形だと思います。「もみない/もむない」は語源はわかりませんが「味気ない、不味い」という意味です。

これらは人によって二様の発音と書き方がなされますが、私は常に「しょうむない、そやから、もみない」と発音し、そのように書いています。ま、「もみない」は母の世代と話す時くらいしか使いませんが。

で、大阪弁を離れて通韻・通音の例を見つけようとすると、擬声語・擬態語にたくさんあります。

「ぴったり/ぴったし」「ばっちり/ばっちし」「やっぱり/やっぱし」「ずっぽり/ずっぽし」「さっぱり/さっぱし」「きっちり/きっちし」。全部「り」が「し」に入れ替わる通韻(同韻相通)です。最後の2つは関西でしか言いませんかね?

どっちにしても、なんでこの「り→し」という例がこんなにあるのでしょう? この辺のことに明確な答えがあるのであれば是非教えて欲しいと思います。

最後にちょっと外れるのですが、どうしても触れておきたい単語があります。それは「がっつり」です。

この表現は多分ここ10年以内に広がってきたものだと思うのですが、初めて聞いたときは随分違和感がありました。

「がっつり」って何それ? 「がっちり」でも「がっぷり」でも「がっぽり」でもなくて「がっつり」ってどういう意味? って…。

今になって考えると、それは私が従来から知っていた(と言っても用語は知りませんでしたが)通韻・通音の例に当てはめようとしたものだから、うまく当てはまらずに気持ちが悪かったのだと思います。

聞けば元は北海道弁とか。

こんな風に日本語には、1音違うだけでも全く違う意味や印象になる言葉があるかと思えば、1音入れ替わっても同じ意味を表す言葉もたくさんあります。そして、それぞれの地方でそれぞれの方言が豊かに使い分けられているのです。

日本語って本当に面白いなあと思いませんか?

Copyright©yama-a Aug.2010mark

目次へ 次号へ 前号へ