拡張ことば遊び、あれこれ

言葉遊びと言うと誰もが洒落とか回文の類を思い出すのでしょうが、ひと口に言葉遊びと言っても実際いろんなものがあります。

前にもどこかに書いたかもしれませんが、例えばわざと言い間違えて相手の反応を見るという趣味の悪い遊び(笑)。これは確か漫画家の福地泡介さん(だったと思うのですが)が自著にそんなことを書いておられるのを読んで、ははあ、そんな遊び方があったかと僕は随分感心したのでした。

例えば「一矢を報いる」をわざと読み間違えて「イチヤを報いる」などと言ってみる。

「あ、それは『イッシをむくいる』と読むんですよ」と教えてくれる人がいるかと思えば、そういう風にサラッと教えることができず少しどぎまぎしてる人、さらには鼻で嗤って何も教えてくれない人もいます。そういう反応を見ていると相手の人となりが判ると言うのです。

さらに、福地氏によると、この遊びが高じてくると往々にしてプレイヤが互いに間違い方の独創性を競う羽目になり、「イチヤを報いる」が更に転じて「一夜を迎える」になってしまったり、「よし、今度こそ一夜を迎えてやるぞ」などとなってしまったりするのだそうです。

しかし、そうなるとわざと間違えているのが丸分かりで、この遊びは本末転倒になってしまうのです。でも、そういう馬鹿馬鹿しさこそが遊びの基本のような気がします。

さて、それと少し似ていますが、私がよくやるのは専ら省略形で言われるものをわざと省略せずに言うというあそびです。これは昔よしもと新喜劇で観たこんな台詞から思いついた遊びです。

「暑いでっさかい、どうぞ奥へ入っておくんなはれ。電気扇風機ありますから」

この扇風機のところで出演者全員がガクッとこけ、観客は笑い転げるのです。クーラー(今は専らエアコンと言われますが)ではなく、「なんや扇風機かい、貧乏くさっ!」というギャグなのですが、私は「扇風機」ではなくわざわざ「電気」をつけるところが面白いなあと思い、その後自分でもやってみることにしたのです。

これもどこかに書いたような気がしますが、私の祖母の世代は「電気扇風機」、「電気掃除機」、「電気洗濯機」、「電気炊飯器」などと丁寧に言っていたものです。それは何故かと言えば、扇いで風を起こしたり、そうじや洗濯をしたりご飯を炊いたりするのは本来全て人間の仕事なのであって、それを電気の力でやってくれるありがたい機械、という認識が祖母の世代にはあったからだと思います。

しかし、今やタライで揉み洗いしてる人なんてほとんどいないわけで、洗濯といえば機械でやるのが当たり前、そして、炊飯器と違ってガス洗濯機などという代物はないので、洗濯機といえば電気洗濯機以外にあり得ません。それをわざと電気洗濯機と言ってみるところに面白さがあると私は思うのです。なんか、野暮ったさも醸し出されるのが嬉しいじゃないですか。

他にも私は「水洗便所」とか「ガス風呂」とか「コウモリ傘」などと言ってみて、どれが受けるか日夜観察しています。

今さら「ガス風呂」って言われると変な感じがするでしょ? まるで浴室に特殊な気体が充満しているようなお風呂を想像してしまいます。でも、私は小さい頃は自宅の風呂焚き場に薪をくべていた世代です。父と母が「そろそろガス風呂にしようか」と相談して、今で言うリフォームが実施され、私は風呂焚き業務から解放されたのでした。

そういうことを全く知らない若い世代の前で「ガス風呂」などと口走ってみて、反応を窺うのが面白いのです。

これらは通常は省略される前半を省略しないパタンですが、他にも、通常は短縮されるものをフルネームで言うパタン、つまり「学生割引」とか「合同コンパ」とか「バス停留所」とか「電子卓上計算機」(電卓)などと言ってみる遊び方もあります。

さらに別のバリエーションとしては、もう誰も言わなくなった昔の呼び方を使ってみるというのがあります。この遊びも独特のおかし味を引き出すので、私は密かに愛好しています。

例えばワインと言わずに「ぶどう酒」と言う(祖母はそう言ってました)。サラダ・オイル、オリーブ・オイルと言わずに「サラダ油(ゆ)、オリーブ油(ゆ)」と言ってみる(これまた祖母はそう言ってました)。レーズンと言わずに「干しぶどう」、クレンザーと言わずに「磨砂」、シッカロールと言わずに「天花粉(てんかふん)」、あるいは歯みがきにわざわざ「粉」をつけて「歯磨き粉」等々。

しかし、それにしても(話は随分戻りますが)、コウモリ傘でなければ一体何傘なんでしょう? 自分で言っておきながらこんなこと書くのもなんですが、そう言われてみると実際よく分からないことに気がつきました。何に対する新商品がコウモリみたいな傘だったのでしょうか?

蛇の目? 番傘?

じゃあ、蛇の目って何? あれは多分開いた傘を上から見たら蛇の眼みたいに見える模様になっていたからなんでしょうね。

じゃあ、番傘って何? これは私もよく知りません。いずれにしても、そういう和傘一般に対して、西洋からもたらされた傘がコウモリの羽みたいで非常に新奇に思えたということなんですかね。

そして、和傘が日本中からほとんど駆逐されてしまった今だからこそ、あえてコウモリ傘と言ってみることに、私は軽い喜びと面白さを感じるのです。私たちの祖父母の世代を真似て、「傘」を略して「コウモリ」と言ってみるのも一興でしょう。

皆さんは如何でしょう? そういう笑いのセンス、解ります? ひょっとすると私の方が蛇の目傘のように駆逐されてしまうセンスの持ち主なのかもしれませんが(笑)

Copyright©yama-a Aug.2010mark

目次へindex 次号へnexts 前号へprevious