撥音と促音(その6)

前に通音/通韻について調べていたとき、「坊さん」が「ぼんさん」になったり「相撲取り」が「すもんとり」になったりする(大阪の年寄りはそんな言い方します)のも通韻の例であるとした文献に当たったのですが、これはちょっと違うような気がします。

これが通韻だとすれば「ん」はウ段だということになります。そこが少ししっくり来ません。

例えば、「あなた」が「あんた」になったりするのは何なんでしょう? これは通韻とも通音とも言いがたいですよね。でも、なんだか知らないけど、語調を整えるための「ん」って、あちこちで活躍しているという印象がありませんか?

上記とは違う使われ方をした「ん」の例として、新たに加えられた「ん」があります。

例えば「あまり」が「あんまり」になるケース。この例は探してみると意外に多いのです。

  1. まま(「そのまま」の「まま」、「ご飯」の意味の「まま」) → まんま
  2. 鳶(とび) → とんび
  3. こぶ → こんぶ
  4. 皆 → みんな
  5. 真中 → 真ん中
  6. 何も → なんにも
  7. 同じ → おんなじ

上の例で何か思いつくことはありますか?

そう「あんまり」と1)「まんま」はM音の前に「ん」を挟んだもの。
2)と3)はB音の前に「ん」を挟んだもの。
4)〜7)はN音の前に「ん」を挟んだものです。

以前、「ん」について発音の面から書いたことがあるのですが、それに照らすと「あんまり」と1)から3)までの「ん」はM音、4)〜7)の「ん」はN音ということになります。同じ表記で発音が違う面白さですね。

実は6)の例を見たとき、私はこれはちょっと違うのではないかと一瞬思ってしまいました。と言うのは「何」という字は「なに」とも「なん」とも読むからです。

例えば「なんでも」は「なにでも」の「なに」が「なん」に変わっただけで、新たに「ん」を挿入したものではありません。「なんとか」も「なんやら」も同じです。だから、この「なんにも」も同類ではないかと疑ったのでした。

しかし、よく考えてみると、「なんにも」が「なににも」の撥音便ではなく、明らかに「なにも」に「ん」が付け加えられたものです。

さて、ちょっと話は脱線しますが、遡って5)のケースを考えます。「真」はいろんな語にくっつく接頭辞ですが、これを分析してみるのも大変面白いのです。

例えば「真ん丸」は「真ん中」と同じ構造ですが、こっちの場合「丸」がM音で始まるので「ん」もM音です。

ではS音の前ではどうでしょう? 「真」が「逆さま」「盛り」「白」などS音で始まる単語に付くと「真っ逆さま」「真っ盛り」「真っ白」になります。この場合は撥音化ではなく促音化によって語調を整えているんですね。面白いと思いませんか?

他にも「真っ赤」は「まあか」の「あ」を飛ばして促音化、「真っ青」は「あお」の前にS音を挟んで促音化、などバリエーションはとても豊富です。

この語調を整えるための促音というのも少なからずあり、「疾くに(とくに)」が「とっくに」になり、「歴とした」が「れっきとした」になるのがその例です。

発音しやすくするためならば、言葉はこんな身勝手な変貌を遂げるのかと思うと少し感慨深いですね。 実はこういう身勝手な例は身の周りの日本語に山ほどあるのです。

非常に端的な例を挙げれば、「錯」には「さく」という読みしかないのに、後ろに「覚」が来ると「さくかく」ではなく「さっかく」と促音化してしまいます。「ほく」+「ほう」で「ほっぽう(北方)」になるのも同じで、こういう例はたくさんあるのですが、なんかちょっと違和感ないですか?

「けつ」+「こん」で「けっこん(結婚)」になるのは解ります。「つ」が「っ」になっただけですから。でも「く」が「っ」になるのは字面で見るとご都合主義な感じがしませんか?

でも、音の面で考えると「さくかく」が「さっかく」に転ずるのは非常に滑らかな変化であることが分かります。ただ、滑らかな変化であるのは確かなのですが、漢字本来の読みはあっけなく変更されてしまうんですね。

さて、他にもまだまだいろんな例があるんですが、あんまり書くのもアレなんで、この辺でダンマリということにしたいと思います(笑)。

なお、この文章のタイトルに(その6)とつけたのは、今までこのコーナーで撥音や促音を中心に書いたものが下記の通り5本あったからです。よろしければ、こちらもご参考に。

  1. 明治生まれのPの音
  2. 理屈に合わないアウの音
  3. 真逆と、真逆の真っ逆さま
  4. ローマ字は一表記にして成らず
  5. 言語感覚

Copyright©yama-a Sep.2010mark

目次へ 次号へ 前号へ