誰々さんの携帯

例えばお店に何かを買いに行ったら品切れであったので取り寄せてもらうことにしたとします。連絡先に自分の携帯電話の番号を書いておくと、例えば1週間後に入荷したとの電話がかかってくるわけですが、その際に、

○○さんの携帯でしょうか?

と言われることが多くないですか?

普段から言葉に対して尋常ならざる拘りを見せている私としては、それがかなり気になるのであります。

この表現だと一般的には「これはあなたの携帯なのか、それとも他人の携帯なのか」と問われているように思えるのではないでしょうか?

この電話をかけてきた主は、今電話に出ているのが誰であるかではなく、この電話の所有者が誰であるのかを確かめたいのでしょうか?

はい、確かにこれは彼の携帯なんですが、今ちょっと手が離せないので代わりに出ています

とか、

あ、あの、なんて言うか、僕が使っている携帯ではあるんですが、料金は親が払ってます

とか、そういう答えを期待しているんでしょうか? さもなければ、なんで誰々さんですかと訊かずに、誰々さんの携帯ですかと訊くのでしょうか?

いや、私が何故こんなに拘るかといえば、仮に私が書き残した電話番号が何らかの事情で誰かに借りている携帯の番号であったとしたら、と考えるからです。

お店から電話がかかってきて、それは紛れもなく私に対する電話であるということは分かっているのに、「いえ、私の所有物ではありません」と答えなければならないような気がするからなのです。

お店の人はどうしてこんなにも私を悩ませる表現をするのでしょうか? なんでわざわざ「誰々さん」ではなく「誰々さんの携帯」と言うのでしょうか?

あなたのかけた電話番号は頭に 090 がついていたでしょう? 携帯電話に決まってるじゃないですか?

そこではたと気がつきました。これは多分、かつて携帯がなかった時代に固定電話にかけた時の口上を引きずっているのでしょう。

昔は固定電話に電話して、開口一番こう言ったものです。

誰々さんのお宅ですか?

そう、固定電話は世帯対世帯のコミュニケーションでした。電話をかけたら、その家の誰が出てくるかは分かりませんでした。

だからあの時代、彼女の家に電話をするのはとてもドキドキしました。うるさい親父やお節介なお姉さんが出てくるかもしれないからです。

ま、そんなことはどうでも良いのですが、あの時代、まず確認すべきことは、自分のかけた電話がとりあえず自分の目指す家庭に繋がったかどうか、ということでした。だからまず「誰々さん(姓)のお宅ですか」と確かめた上で「誰々さん(名)いらっしゃいますか」と続けました。

で、その「お宅」を言う必要がなくなって何となく口寂しくなったのを埋め合わせるために借り出されたのが「携帯」という言葉だったのではないでしょうか?

かけているのが携帯であることは自明なのですが、「誰々さんですか」と直截に言うのではなく、「携帯」という言葉を挟むことによって少し曖昧になって敬語っぽくなる。──これは私がこのコーナーで何度か書いてきた若者ことば、コンビニ敬語と同類の表現なのかもしれません。

ひょっとすると「誰々さんの携帯ですか」としか言われたことのない私はまだ幸せな部類で、人によっては「誰々さんの携帯のほうでよろしかったでしょうか」などと言われているのかもしれません。

そう考えると少し納得が行きました。丁寧語のつもりで言ってくれているのであれば、あまり目くじらを立てないほうが良いのでしょう。

ただ、そうは言いながら、どうも引っかかる表現であることは間違いないのです。私としては、相手の敬意は受け止めつつ、しかし、そのまま流せない表現なのです。

こういう場合はどうすれば良いか。──模範的な対応はひとつしかないような気がします。それは、相手の「誰々さんの携帯ですか」という問いに答えないこと。もちろん答えないままにするのは失礼ですので、別の形で返します。問いに対して問いで返すのです。

「誰々さんの携帯ですか」
「あ、〇〇商店さんですか。お願いしてた商品が入荷したんでしょうか」

こういう返しなら、かろうじて自分の精神の安定を保てそうな気がします。

では、逆に自分がかけるときはどうするか?

確かに「誰々さんのお宅ですか」に慣れてしまった世代にとっては「誰々さんですか」は少し軽くて寂しい感じがします。語調も良くないように思います。しかし、それは「誰々さんでいらっしゃいますか」と敬語の程度を一段上げるだけで一気に語呂は良くなるのです。

ああ、こんなにもいろいろ悩んで電話に出てたりかけたりしている私は考えすぎなんでしょうか? 彼女の家にびくびくしながら電話をかけていた中学時代からずっと、電話は私を悩ませ続けているような気がします。

Copyright©yama-a Sep.2010mark

目次へ 次号へ 前号へ