性格の不一致

私が子供の頃、芸能人が結婚する相手は「青年実業家」、芸能人が離婚する理由は「性格の不一致」と相場が決まっていました。

この2つについてはかつてここにも書いたのですが、今日は「性格の不一致」について、くどいようですがもうちょっと書き足してみたいと思います。

私は当時小学生だったと思うのですが、離婚記者会見で「理由は性格の不一致です」というコメントを聞くたびに、それは違うんじゃないかなと思っていました。

当時は自分の言葉で明瞭に説明できないまま、なんとなく違和感を覚えていた記憶があるのですが、今ならその違和感の理由をちゃんと説明できます。

そもそも、性格は「一致」するものでしょうか?

性格などという複雑なものが、2人の間で「一致」するはずがないではないですか。それを言うなら「性格の不調和」なのではないでしょうか?

そして、この定型句に私が違和感を覚えるのは、それが単なる言い間違いだからではなく、そもそも「性格は近いほうが上手く行く」という人生観に支えられたものであるからのような気がするのです。

自分が結婚してみて、性格の似た夫婦が上手く行くという実感はまるでありません。個人的には、性格が異なっているほうが面白いような気もします。しかし、それを逆に「夫婦は性格がかけ離れている方が上手く行く」と敷衍する気もまるでありません。
似たもの同士の円満な夫婦というのも確かにあるでしょうから。

つまり、性格が似ているかどうか、という要素は結婚生活にとって何等決定的なものではないと言いたいのです。問題は、似ているか似ていないかに拘らず、2人の性格がうまく調和するかどうかなのです。性格の違いを理由に挙げるのは見当違いの言い訳に過ぎないのです。

結婚生活が破綻した芸能人カップルが「性格の不一致」を理由に挙げるのは、私が上で述べたようなことを全く理解しないまま結婚してしまったことの証ではなかったのか、と今になっては思ったりもします。

その後、「性格の不一致」という表現はあまりにも常套句になってしまったので、さすがに段々使われなくなってきました。

良かったなあと思います。それとともに、夫婦生活というものは、協力して何かを一致させて行く作業などではないのだ、ということにみんなが気づけば良いのになあと思います。

いや、夫婦2人して何かを一致させるべく協力して、そこに幸せを見出しているのならそれでも構わないのです。

要は似通ってる楽しさもあるし、対照的な楽しさもあるのであって、ひとつだけ言えるのは一致してないことがうまく行かない理由になんかならないということ、いや、そもそも完全に一致なんかしないということです。

小学生だったあの当時から何十年もの年月が過ぎ、私は青年実業家にはなれなかったものの、上で書いたようなことは学んだのでした。今ではあまり性格が似ていない妻と幸せな結婚生活を送っています。

Copyright©yama-a Oct.2010mark

目次へ 次号へ 前号へ