「お好きな」と言われても

昼食をとろうと入った洋食レストランで、いきなりウェイトレスににこう言われました。

「空いているお好きな席にどうぞ」

お好きな席と言われても困ってしまうのです。はて、私は一体どの席が好きなんでしょうか? 自分では端の席のほうが好きかなあと思うのですが、それでも中ほどの席だと居心地が悪くて飯も喉を通らないと言うほどでもないし、逆になんとしても端の席を確保したいというほどの強い意識もありません。

どうして「空いているお好きな席」と言うのでしょう?
「どこでも空いている席」ではいけないのでしょうか?

その前に余談ですが、単に「お好きな席」ではなく、「空いているお好きな席」と言う辺りに、このウェイトレスの、あるいはこのウェイトレスを教育している店主の高い論理性と言うか、あるいは高い論理性を保持していることに対する矜持は感じられます。

「お好きな席」だけだと、先に入って食べている別の客に対して、「おい、そこの席を俺に譲れ」と言い出す客が出ても仕方がありません。だからわざわざ「空いている」という限定を付しています。その周到や良し。しかし、その後なんで「お好きな」なのでしょう? ここに論理性が欠如、いや破綻しているような気がするのです。

果たして英語でもこういう風に言うのでしょうか? any seat you like とか?──うん、言いそうですね。おかしくない。しかし、これは英語を話す西洋人だからおかしくないだけのような気がしませんか?

話は逸れますが、姉の家で姉の友人の帰国子女に会ったときに、姉が「何飲む?」と訊いたら、なんだったか忘れてしまいましたが、彼女は「そんなもんフツーの家庭にあるか?」と聞き返したくなるようなとても特殊なリクエストを出したのです。姉が「生憎それはない」と返したら、「じゃあ、ホットのミルクティ」とかなんとか。

私は驚きました。他人の家で「何を飲む」と訊かれたら、日本人の模範的な答えは「なんでも結構です」ではないでしょうか? それがあまりに投げやりに聞こえるのであれば、「じゃあ、何か熱いものを」ぐらいであり、どうしても具体的に答えるのであれば、どの家にも絶対ありそうな、例えば「日本茶」などと答えておくべきところです。間違ってもその家にはないかもしれない、あまり具体的なものを挙げてはいけません。

そういう人種のそういう言語だからこそ、そういう局面で you like という表現を持ち出すのは理解できるのです。しかし、日本人の日本人社会で「お好きな」と言われると私は少し引くのです。

そうそう、同じ漢字を使っていても「お好きな」ではなくて「お好みの」ぐらいになると、少し違和感は緩和されるように思います。「好み」ならいろんなところに出てきます。しかし、「好きか?」と突きつけられると戸惑うのです。

そんなことを考えていたら、また同じような例に出くわしました。先日映画館に行った時のこと。毎月15日はそこの映画館の日なのだそうで、「誰でもお好きな映画を1本1000円で見られます」とアナウンスしているではないですか。

やれやれ、また好きかどうかを突き詰められてしまいましたよ。
この「お好きな」は必要なのでしょうか?

つまり、ということは、「僕はこの手の映画は嫌いなんだけど、彼女の好みで仕方なくつきあって来た」という場合は1800円支払わなくてはいけないということです。

あるいは好きかどうか分からないという曖昧な気持ちのまま映画館に来てしまった場合はどうなるのでしょう? いや、もっと言えば、本当に好きかどうかは見終わって初めて言えることで、見る前になんて決められないじゃないですか。じゃあ、料金は変動性の後払い?

そんなことを思いながら、はたと気づきました。

多分みんなこういう「好きな」が、と言うかこういう類のことが、全然気にならないんですね。こんなことで頭を悩まして分析したり表現を選びなおしたりする人は、私以外にはほとんどいないんですね、きっと。

私にはそれが不思議でなりません。

もちろん、他人がそういうことを気にしないことがいけないことだと言う気はありません。ただ、純粋に不思議なのです。

中には「人それぞれなんだから、それでいいじゃない。君は君で好きに悩んだらいいよ」なんて言ってくれる優しい人もいます。

しかし、お言葉を返すようですが、残念ながら私は、決して好きで悩んでいるわけでもないのです(笑)

まあ、でも、詰まるところ、これが私好みの生き方なのかもしれません。

Copyright©yama-a Oct.2010mark

目次へ 次号へ 前号へ