iPhone の謎

皆さん、iPhone をどう読みます? iPhone ユーザならまず間違いなくアイフォンだと思います。でも、新聞などでの標記はアイフォーンなんですよね。これをどう思います?

もちろん、これは一応ルールに適った標記なのです。iPhone の phone の部分に含まれるのは二重母音 [ou] です。で、外国語の二重母音 [ou] や [ei] を日本語にするときは長音を使うことになっているのです。気持ち悪いかもしれませんが、新聞やテレビでは一応これで統一することになっています。

このことについては以前何度か書きました(たとえば、その1その2)。

だから、同じように気持ち悪い表現だと私は思うのですが、main はメーンになります。逆に古くから慣れてしまっているので別に気持ち悪く思わないのが不思議なくらいですが、mail はメイルではなくメールと、coat はコウトではなくコートと表記されています。

アイフォーンはこのルールをそのまま適用した標記なのです。

しかし、これも以前書きました(たとえば、その3その1その2)が、問題は日本語にした場合、往々にして長音のあるところにアクセントがあると思われてしまう、あるいは自然にそういう発音になってしまうところだと思うのです。

iPhone は原語(英語)でも外来語(日本語)でも、アクセントは [ai] にあります。ところがアイフォーンと書いてあると、日本人としてはどうしてもフォにアクセントを置きたくなるのです。

iPhone に慣れている iPhone ユーザは iPhone のことをアイポンと戯れ書きしたりしています。このときもポではなくアイにアクセントを置いています。そういう人たちは、たとえアイフォーンという標記に出くわしてもアイにアクセントを置いて発音するとはずです。

しかし、iPhone を見たことも聞いたこともない人であれば、不思議なことに日本人であれば誰でもフォにアクセントを置きたくなるはずです。

それが証拠に、と言うか、ある種の逆証明になりますが、同じ phone でもテにアクセントのある telephone はテレフォーンではなくテレフォンと表記されることのほうが遥かに多いのではないでしょうか?

これをまた逆に言うと、日本人が英語の発音をするときに、アクセントのない部分の二重母音はついついいい加減になりがちで、[telefoun] と発音すべきところがついつい [telefon] になってしまうということでもあります。

この、日本語における長音とアクセントの関係ってとても不思議で面白いと思います。はたして、こういうことを専門的に研究しておられる学者さんはおられるのでしょうか。少なくとも一般人であまり気づいている人はいないように思います。

しかし、それにしても一方で頑固にアイフォーンと表記しておきながら、他方でスマートフォンなどと平気で書いているこの神経は何なんでしょうね(笑)

結局、そういういい加減さが日本語の面白さなのかもしれませんが。
ではまた。


【註記】

論点がこんがらがってくるので上記記事にはあえて書きませんでしたが、Apple社が iPhone の日本での呼称をアイフォンではなくアイフォーンとした背景には、日本のアイホン社との商標をめぐる交渉の中でなにがしかの配慮があったものと推察されています。

Copyright©yama-a Nov.2010mark

目次へ 次号へ 前号へ