新語と常套句の狭間で

最近 twitter でよく見る表現で、私が少し嫌だなあと思うものに「ジュルリ」というのがあります。これ、擬声語の類で、よだれが出る時の音です。

誰かが美味しそうなものを食べていると呟いているのを読んだときに、うらやましいなあという意味を込めて「ジュルリ」と呟くのです。少し汚らしいと思いませんか? 聴覚に訴えてくるだけでなく視覚的にも浮かんでくるものがあります。擬声語という、あまりに直接的な表現だからこんな風に感じるのでしょうか?

同じよだれでも「マニア垂涎の」なんて言い方があります。これは私も時々使います。しかし、考えてみると、これも要するによだれなのであってあまり上品な表現ではないはずです。

「垂涎」とはつまり涎(よだれ)を垂れるということです。単に漢字にしただけで、汚いことに違いはありません。ただ、不思議ですよね、「よだれをたれる」と言うと「舌なめずりする」と同じくらい汚らしいのに、これを漢文調にするだけで上品で格調高い表現になってしまいます。表現ってマジックですよね。

しかし、いずれにしても、よだれってそんなに垂れるもんでしょうか? 子供じゃあるまいし、めったに垂れるものではないでしょう。せいぜい居眠りしてしまった時くらいのもんではないでしょうか。

何でも良いのですが、例えば、切手のコレクターが世にも珍しい高価な切手を見て涎を垂れるかと言えば垂れないでしょう。鉄道マニアが歴史的な SL の現物を目の前にして涎を垂れるかと言えば垂れないでしょう。

では、食べ物であった場合はどうでしょう?

「涎」は「食」の縁語ですから、食通が世界の珍味を目の当たりにした時に「垂涎」という表現を用いるのであれば、その食通が実際には涎なんぞを垂れなくても、誇張表現として立派に成立します。しかし、実際に「食通垂涎の豪華料理」などと使ってみると、結びつきが強すぎるために少し生々しくて、却って汚らしい気がしてしまいます。

そうなるとやっぱり「マニア垂涎のコレクション」などという使い方のほうが上品でふさわしいのでしょうか。食べ物という直接的な涎の対象を形容するのではなく、あくまで比喩として「涎が垂れるくらいほしい」とすることによって、如何にも誇張らしい表現がすんなりと成り立つのでしょう。だからこそ定型句として広がったのでしょう。

しかし、定型句というものはあまり使いすぎると今度は逆に意味のないものになってしまいます。これは「放送マン」としては気に留めておくべきことです。

私は報道部門の経験はありませんが、ウチの報道局では記者に対してむやみに常套句を使わないようにという指導をしているのだそうです。

葬式の報道となるとなんでもかんでも「しめやかに行われました」というものでもないでしょう、ということです。

それではまるで、外人に How are you? と訊かれたら体調が悪くても I'm fine, thank you. と答えてしまう日本人みたいなものです。言葉の本来の意味が失われて、単なる枕詞になってしまうということです。

多少浮ついた感じのあるお葬式であっても、ことさらそれを原稿に書き留めて伝えるのはよほどの意図があるときのことです。そうでないなら「しめやかに」などという形容で流してしまうのが楽でしょう。しかし、必ず添えるのであれば逆に「しめやかに」の意味がありません。却って鼻につく表現になってしまうことさえあるのです。

伝統行事はいつも「古式ゆかしく」執り行なわれ、人が亡くなったときには常に「ご冥福をお祈りする」のもどうか、ということです(特に「ご冥福」は相手の宗教・宗派によっては使えない場合も多く、むやみに言うべきものではないようです)。

ストや災害で交通手段が遮断されたときに、いつも「○万人の足に影響が出ました」と言うのも、もういいだろう、ということです(単純に「○万人に影響が出ました」で良い)。

「警察では窃盗事件と見て搜査しています」なんて表現も、いろいろ解釈できる中で今回警察が最有力だと思っている解釈が窃盗であるという時には良いですが、どっからどう見ても窃盗事件である場合にこの表現を用いるのは少し引っ掛かる、ということです(では、どう言うかといえば「窃盗事件として」で良い)。

こんな風に、考えてみると我々の周りには手垢がついて黴が生えてしまった常套句がたくさんあります。一方で、新しいインパクト、新しい意味合い、新しい使い勝手を求めて日々新しい表現が世に出て流通し始めます。

twitter 上の「ジュルリ」もそんな表現のひとつなんだろうと思います。でも、語感の悪い言葉は結局生き残らないのではないかなと、私はそんなことを思いながらこの新語を眺めています。

Copyright©yama-a Nov.2010mark

目次へ 次号へ 前号へ