見分けのつく組、つかない組

以前『開くドアと開かないドアのマーク』というタイトルの文章を物しましたが、何故こんなことが気になるかといえば、それはそれぞれのマークが明快でないと、焦ったときに押し間違う惧れがあるからです。

そういう意味で言うと、漢字一字で書いてある「開」「閉」という表示も実は見分けのつきにくいものです。『開くドアと開かないドアのマーク』で示したようなシンボルマークで書いてあるほうがよほど簡単に見分けがつきます。

何故見分けがつきにくいかと言うと、これはわざわざ言うまでもありませんが、「開」と「閉」の字が大変似ているからです。対をなす漢字なので似ていて当たり前なのですが、その似ているところが仇になるのです。

しかも、外側が同じで、内側の小さな部分が異なっているという構造がなおさら識別を困難にします。要するにぱっと見て分からないのです。視力の良くない人にとってはなおさらです。

例えば水道の蛇口の「温」と「冷」の表示。これは左半分はサンズイとニスイで似通っているのですが、右側が「温」のほうは□っぽく「冷」のほうは◇っぽいので見分けがつきやすいのです。

また、往々にして「温」は赤字で「冷」は青字で書かれていることも多く、そうすると直感的に理解しやすくなります。不思議なもので青が熱くて赤が冷たいという風に考える人は非常にまれだからです。

これが時には「H」と「C」になったりするわけですが、これも青字と赤字で書き分けていてくれさえすれば、「えっとHは hot だから温水か」などと考えなくても間違うことはありません。Hが□っぽいのに対してCが○っぽいことも、記号としては良いと思います。

しかし、確かどこかの国の言語では「冷たい」がHで始まり「熱い」がCで始まると聞きました。この国に旅行するときは要注意だと思うのですが、残念ながらどこの国だか忘れてしまいました。まあ、この国でも赤と青で書き分けられていることを願うばかりです。

さて、話は元に戻って、では日本のエレベータのボタンを分かりやすくするにはどういう表示に変えれば良いか?

ひとつは「開ける/閉める」でしょうね。送り仮名があるとひと目で分かります。実際にそういう表示をしてあるエレベータもあります。ただ、3字に増えた分1字辺りのスペースは小さくなり、その分見にくくなるのも確かです。

英語で open / close と書いてある場合は、上記と同じように字が小さくなって読みにくいという問題はありますが、私の場合はむしろこちらのほうが「開」「閉」と書いてあるのより分かりやすい気がします。

ただし、一度「O」「C」と書いてあるボタンに出くわしたことがあり、この時たまたまドアに挟まれそうになった人がいて、それを助けようとした私はやはり「えっと、開けるは open だからOボタンか」というルートを頭の中で素早くたどる必要がありました。

この場合は hot / cold のような色分けのしようがないので結構難しいです。

で、結論としては、やっぱり形の似ていない字に変えるということかと思います。しかも、ひと目で意味が通じる字に。ところが、そういう漢字の組み合わせが却々ないんですよね。

もう少し画数の少ない字があればひと目で判るんですがね…。

しかし、私はどうしてこんなことを一生懸命考えているのでしょう?

一瞬で区別がつかないと困ることって意外に少なくなくて、少しでもそういうことを減らしたいという、そういう思いからだと自分では思っています。いや、あるいは区別がつかない状況に自分が置かれることに恐怖感を覚えているからかもしれません(笑)

そう言えばエレベータ以外にも区別がつかなくて往生したことがありました。それはこのコーナーでも書いた KANE と WAHINE でした。

どちらも密室ではありますが、エレベータでうろたえるのとトイレでうろたえるのではどちらが大変でしょうか? ま、こんなこといつまでも書いていても埒があかないので、今回はこの辺で締めさせていただきます。ではまた。

Copyright©yama-a Dec.2010mark

目次へ 次号へ 前号へ