一線を超えるロジック

「18禁」って面白い言葉だなあと思います。誰でも思いつく語呂合わせですが、少なくとも私の少年時代にはなかった表現なのです。

「18金」と掛けたことによって、「18歳未満立ち入り禁止」というどんよりと曇った表現がなんだか金ピカの値打ちモノになったような気がしませんか? 現実に18歳未満であった私たちにとって18禁コンテンツは今で言う「お宝」だったではないですか。

ただ、少年であった当時から私はこの表現に、と言うか、この表現が体現している制度に対してどうにも割り切れないものを感じていました。

酒であれ煙草であれ、あるいはポルノであれ、未成年の肉体や精神になにがしかの害があるのであれば、程度の差こそあれ、きっと成年にも害があるはずです。

「いや、発育途上の未成年の場合は特に危ないのだ」という理論構築はできるのでしょうが、逆に「成人になってしまえば何の害もないのだ」とは決して言えないはずです。

それを18歳なり20歳なりという一線でばっさり切ってしまって、その年齢に達する誕生日以降はOK、その1日前まではダメとしてしまうことに対して、少年であった私はとても理不尽なものを感じていたのでした。

ただ、今考えれば、法律の運用上どこかで一線を設けるしか仕方がないということはよく解ります。そうでなければ全面的に禁止するか全面的に開放するかしかないはずですが、そういう全面政策にはいろいろと弊害があるからこそ、そういう運用になっているのでしょう。

こういうのと少し似たものとして、スーパーなどで販売される食品に記載されている「賞味期限」や「消費期限」があります。「賞味期限」は「美味しく食べられる期限」、「消費期限」は「(安全に)食べられる期限」です。

消費期限が11月30日になっていたからと言って、その日までに食べたら何ともなかったのに、12月1日に食べたらいきなり食中毒で入院したなんてことはないでしょう。

ものごとにはたいてい余裕とか歩留まりとかが計算されているものなのです。恐らく注意書きの通りにちゃんと保管されていた(例えば冷蔵庫に入れてあった)場合は、多分消費期限後数日は食べられるのではないでしょうか。

だからと言って正確にギリギリの線を表示するわけには行きません。いや、ものごとにはたいていケースバイケースのことがあるので、正確にギリギリの線は打ち出せないし、仮に打ち出した場合、環境や個人差によって販売した側が痛い目に遭うことが充分想定できます。

だから、これならばまず安心というところに一線を画して、賞味/消費安全宣言がなされているのです。そう、言うなれば「ここまでに食べたら大丈夫だけど、それ以降は知りませんよ」という宣言なのです。

18禁/20禁もそういう風に解釈すれば、少し解りやすくなります。「18歳/20歳以上になってからなら大丈夫だけど、それまでにやっちゃうと知りませんよ」と。

何が「知りませんよ」かと言うと、まあ、それはいろいろあるでしょう。「とんでもなく健康を害しても知りませんよ」かもしれませんし、「逮捕(補導)されたり罰金刑を食らったりしても知りませんよ」かもしれません。

いや、むしろ「知りませんよ」は18歳/20歳以降なのかもしれません。成人後であっても害がないとは言えないのだけれど、それでもやるのは自己責任であり、そんなことは国は知りません。ただ、未成年の場合は関与しますよ──と。

そう考えるとこの「一線」に少し納得できるような気がします。

ところで、こないだ電車の中に、どこがやっているのか知りませんが「お酒は20歳になってから」というキャンペーンのポスターが貼ってあるのを見ました。時々見かける奴です。そこには「どんなに価値観が多様化しても、未成年の飲酒はダメ。法律で禁じられているからダメ」という趣旨の文言がありました。

果たしてこういう表現に効果はあるのでしょうか?

20歳未満の飲酒が法律で禁じられていることは誰でも知っている当たり前のことです。これはそういう誰でも知っている当たり前のことを言わば同義反復してみせただけで、何の意味も説得力もないのではないでしょうか?

こういうタイプの掲示というのは、例えば「ここから先は土足厳禁です」とか「ここで拝観料を払ってからでないと中には入れません」という風に、事情を知らない人に対して宣言するときに初めて意味が出てきます。

「お酒は20歳になってからでないとダメ」ということは誰でもが知っているです。これでは街中に「人を殺してはいけません」と書いて貼ってあるのと同じです。

それよりも、「若い頃に飲酒しているとこういう病気になる可能性が何%高くなる」とか、「未成年者に酒を販売した業者には罰金が、飲酒をした未成年者の保護者にも科料が課される」といったような、みんながちゃんと知らない情報を与えてこそ、まともなコミュニケーションと言えるのではないでしょうか?

「19歳と364日目まではダメ、その翌日はOK」というところにどう考えても論理性がない以上、もしそれを禁じるのであれば、ほかのところでの論理性を展開するべきなのではないでしょうか? このキャンペーンにはそういうものがないところに、私は何か哀しいものを感じてしまうのです。

禁じられると逆になんか魅力を感じてしまうのです。理屈もなく禁じられるとなおさらそうだと思います。しかし、その一線を超えて何十年も過ぎてしまうと、「ああ、若い頃はそうだったなあ」と単に懐かしくもあり、ばかばかしく思えたりもしてきます。

ただ、どう言えば良いのでしょう、ものごとをちゃんと伝えようとするならちゃんと考えるべきではないか、表面の薄い層だけをなぞった表現で済ませてしまうのは良くないなあと、それだけは成人して何十年も過ぎた今でもずっと思い続けています。

Copyright©yama-a Dec.2010mark

目次へ 次号へ 前号へ