「守株」が伝える意味

卯年に因んで新聞が「守株」の話を書いていたのを読んで思ったことがあります。

「守株」は有名な故事成語で、私も小学校の高学年か中学校で習った覚えがあります。もしご存じない方があるといけないので一応概略を書いておきますと、

宋の国に畑を耕している男がいた。ある日、彼の前を走り抜けてきた兎が木の切り株にぶつかって死んでしまった。味をしめた男はそれ以来鋤を捨ててずっと切り株の見張りをしていたが、二度と兎が手に入ることはなく皆の笑いものになった。

という話です。

で、これを北原白秋が詩にして、童謡『待ちぼうけ』ができました。

まず、私が気づいたのはこの「まちぼうけ」のほうです。

私はずっとこれを「待ち儲け」というイメージで捉えていました。私自身がそのことを忘れていましたし、どうしてなのかも分かりませんが、ともかくずっとそういう印象を持っていたということに突然気づいたのです。

子供ってとかく自分の理解できる範囲に押し込めて理解してしまう傾向があるということなのでしょう。あるいは「骨折り損のくたびれ儲け」と混同したのかもしれません。

しかし、これは「待っていて儲けた」という話ではなくて正にその逆の話であり、皮肉な意味でも「何かを得た」という話ではないので、「まち+もうけ」であろうはずがありません。音の面から言っても、これは「まち+ほうけ」、つまり「待ち呆け」あるいは「待ち惚け」のはずです。

どちらの漢字も読みは「ほうけ」で意味もほぼ同じなので、「待っていて呆けた」、つまり「アホみたいに待ってた」という意味になります。そんなことに、初めて聞いてから何十年も経ってから気づきました。

以前にやまと言葉の熟語について書いたことがあります(「大和の豊かな言い回し」)が、「待つ+呆ける」で「待っていて馬鹿になる」ではなく「馬鹿みたいに(いつまでも)待っている」という意味になるところが、この種のやまと言葉の熟語の味わいの深さだと思います。

で、元ネタの「守株」に戻りますが、調べてみるとこの話は韓の国の王族・韓非が政治を一新しようとしたときに、周囲の貴族たちは旧来の聖人的な統治に拘って反対したことを揶揄して、「そんなことをするのは切り株を見張っているのと同じだ」と言ったのが原典とされています。

ところが、私がこの話を習ったときの記憶を紐解くと、私はこの話を「怠けていないで地道に働こう」という意味に受け取っていました。いや、これは私が勝手にそう理解したというのではなく、当時の大人(それは教師ではなく母であったかもしれませんが)からそういう風に教えられた記憶があります。

しかし、今改めてこの話を検分してみると、ここで批判されるべきなのは、1羽の兎が切り株に当たって死んだのを見て、もう一度同じことが起こると考えた論理の破綻、と言うか、あまりといえばあまりの(論理の)アナーキーさです。

立て続けに2羽のうさぎが切り株にぶつかって死んだのを目撃して「これは行ける!」と考えたのであればまだ論理らしい筋道はありますが、たったの1例を見てそれがまた起こると考えるのは飛躍というものを通り越して、あえて言うなら芸術的な閃きと称するしかありません。

確かに兎が切り株に衝突することはあるのでしょう。しかし、それはひょっとしたら100年に1回のことかもしれません。あるいは、世界規模で見ると兎が切り株に当たって死ぬのは日常茶飯事で毎日どこかで起こっているにはいるのだけれど、100万平米に1件の割合でしか起きないのかもしれません。

であれば、待っていてももう一度美味しい目をする可能性は極めて低いはずです。そして、そういう可能性を考えるのが論理的思考というものではないでしょうか?

つまり、この話の本質は「こいつはアホや」というだけのことなのかもしれません。

元の韓非の話も、一つひとつが何かに対する巧みな比喩になっているという構造だと思って読み解こうとするとよく分からなくなる話なのです。要するに韓非も「お前らアホや」と言いたかっただけではないかと考えたほうがすっきりします。

今考えればそんな類の話を、当時の私は「怠けていないで地道に働け」という意味に取りました。当時の大人たちはそういう教訓として教えました。

それは奇しくも、日本人が持ち前の勤勉さで世界の先進国の仲間入りをした時代でした。

話というものはそんな風に、時代の雰囲気や周囲の環境によって読み替えられるものなのかもしれません。

大人になった私が、この話を論理性の欠如の話と読み直したのも、つまりは私が長ずるに従って論理的思考力を身につけたという証なのでしょうか?

自分ではよく分かりません。
とりあえず自分の畑に戻って耕し続けてみることにしたいと思います。

Copyright©yama-a Jan.2011mark

目次へ 次号へ 前号へ