2.0

Web 2.0 というのはティム・オライリーが提唱した概念で、私は大変優れたまとめ方だと思っています。

この 2.0 というネーミングはソフトウェアのバージョン番号に由来するものです。

ソフトウェア/アプリケーションは公開された時点では一般的にバージョン 1.0 であることが多く(いや、実際にはそうでない場合のほうが多いでしょう。一般的と言うより、むしろ理念的と言ったほうが良いかもしれません)、その後マイナーなアップデートがあるたびに 1.1、1.2 と番号が大きくなります。

もっと瑣末なアップデートの場合は 1.0.1、1.0.2 という変化を辿りますが、逆にもっと大きな、本格的な、根本的な変更が加えられたときには一気に 2.0 というバージョンに上がります。

それを踏まえて、Web の世界が根本的に新しい様相をまとってきた、ということを整理/指摘したのがオライリーの Web 2.0 でした。

Web 2.0 という概念自体をあまりご存じのない方のために書いておくと、これにはいろんな側面からの定義の仕方があるようですが、私が解りやすいと思うのは以下のような定義です。

Web 2.0 Design Patterns

ところが、この用語が大流行すると、そのあと「ナントカ 2.0」という二番煎じが山ほど出てきました。曰く、出版 2.0、民主主義 2.0、ブックビジネス 2.0、ダイエット 2.0 等々。いずれもあまり感心しません、と言うか、ピンと来ないんですね。

結局はこれは昭和の時代のテレビCMの多くに添えられていた「新発売!」というキャッチとそうそう変わらないような気がします。

あるいはニューとかスーパーとかウルトラとかハイパーとかと同じく、時代に応じて考えられた誇張表現の1つでしかないような気がします。

要するにどれも「なんか違うよ」という程度のことしか主張してなくて、「根本的に成り立ちが違う」「構造的に違う」と言えるほどの説得力に欠けるんですよね。本来は「革新的な」存在にこそ充てるべき 2.0 という表現を、単なる「別もの」に使っているような気がします。

そこで思い出したのが Plan B という英語表現です。これは元々あった案を Plan A として、それに替わる別の案という程度の意味です。

用法・用例については SPACE ALC の「映画フレーズつまみぐい」などをお読みいただければ解ると思います。洋画を見ていると本当によく使われている表現ですが、実は字幕では巧くニュアンスが表現できていないケースも多い表現です。

単に第1案が Plan A、第2案が Plan B というまともな使い方もありますが、この表現の面白いのはジョークに使われた場合で、映画などによく出てくるのは、自信たっぷりで始めたことが全然ダメだった相手を(あるいは自分自身を)皮肉って「じゃあ、Plan B を」と言うような場合です。

つまり、実はプランはひとつしかなくて、Plan B なんてそもそもどこにも存在しなかったのに、あたかも周到に用意してあったかのように平然と茶化すのが例えば "OK, then what about Plan B?"みたいな表現なのです。

ナントカ 2.0 という表現は、まさにこの"OK, then what about Plan B?"みたいな表現なのではないかという気がするのですが、如何でしょう?

この件に関して、あなたなりの考えB、いや、考え2.0 はお持ちでしょうか?

Copyright©yama-a Feb.2011mark

目次へ 次号へ 前号へ