辞書と響きと語感と連鎖──「ぶっ」とか「すっ」とか

我々関西の人間からすると、「叩く」という意味の「ぶつ」は標準語と言うよりも関東の方言と言ったほうが良いのではないか、という気がします。長年東京人のような顔をして東京で暮らしている隠れ関西人であっても、この「ぶつ」という表現にはなかなか馴染めないのではないでしょうか。それほど関西では使われない表現なのです。

でも、この「ぶつ」という言葉はちゃんと国語辞典に載っています。ある日辞書を見て、ふーん、そうなのかと気がついたのですが、しかし、それよりももっと驚いたのは「打つ」という漢字が充てられていたことです。

なるほど、「ぶつ」は「打つ」が訛ったものだったのか!

ということは、「ぶっ飛ばす」は「打ち飛ばす」、「ぶっ壊す」は「打ち壊す」、「ぶっ殺す」は「打ち殺す」が元の形であったということです。ははあ、なるほどと、これは私の辞書にまつわる経験の中でもかなり納得してしまった事件でした。

しかし、「打ち」が接頭語化して「ぶっ」になった結果、「打つ」という意味はかなり薄れてしまったようです。つまり、「ぶっ殺す」というのは必ずしも拳や棒で打擲して殺すことを指すとは限らず、殴り殺しても蹴り殺しても、場合によっては刺し殺したケースにも使える表現になっています。

ともかく「乱暴に」「暴力的に」というニュアンスを付け加えるために載せられるのが「ぶっ」だという訳です。「殺す!」よりも激しい怒りを込めた恐ろしい表現が「ぶっ殺す!」な訳です。

それが証拠に「打ち出す」、「打ち立てる」、「打ち鳴らす」なんかの場合は決して「ぶっ」パタンには変化しないのです。この辺が面白いなあと思います。

そして、音の面でも、つまり語感ということからしても、「ぶっ」が付くとかなり強くて荒々しいイメージになります。響きとイメージの結びつきというのは事後的に人間の脳内でできあがってしまうものなのかもしれませんが、いずれにしても、これも面白いなあと思う事象です。

「ぶっ」と比較するなら、「すっ」というのもあります。私はまず用いることがない表現なのですが、江戸っ子である妻は「すっ飛ぶ」とか「すっ転ぶ」とか言います。これが関西人の耳にはかなりユーモラスに響くのですが、皆さんそんなことはないですか?

しかし、この「すっ」の元は何なんでしょうね? 「素っ頓狂」とか「すっぽかす」とかの「すっ」も、なんか似たような語感を感じてしまいませんか?

私は「すっ飛ぶ」は「吹っ飛ぶ」、つまり「吹き飛ぶ」が訛ったものかと思っていたのですが、「すっ転ぶ」の「すっ」は「吹き」ではないようです。かと言って「すっ裸」の「素」でもないし、これは一体どこから来たのでしょう?

関係ないとは思うのですが、どうも私は「すっ転ぶ」の「すっ」と「すっとこどっこい」の「すっ」に近いイメージを持ってしまうのです。これも響きの持つ不思議ではないでしょうか?

「すっとこどっこい」も関西では使われない言葉です。「べらんめえ」や「てやんでえ」、「おたんこなす」などと同様に、テレビやラジオで聞いたことはあっても、私は「東西出会い婚」の妻と暮らすようになって初めて人間が眼の前で言うのを目撃しました。これも関西人にとっては、あるいは、関西人にとっても、何とも言えずユーモラスな表現です。

東京暮らしの経験が全くないかつての部下が、東京勤務の長かった私に、「すっとこどっこいって、おっちょこちょいみたいな意味ですか?」と訊いてきたことがあったのですが、これもまた無意識のうちに響きの類似性を意味に相関させようとしてしまった例ではないでしょうか。

私は、「いや、どっちかと言うと、スカタンとボケを足して2で割ったような表現とちゃうか。呆れ返った時の罵倒の言葉やからね」と答えたのですが、それで合ってるでしょうか?

彼は「えー、じゃあ、随分きつい表現じゃないですか!」と驚いてました。

さて、だんだん何を書いていたのか分からなくなってきました。「ぶっ飛ばす」が実は「打ち飛ばす」であったというところから語感とイメージの問題に飛んで、そこからさらに脱線してしまったようです。

で、脱線ついでに書くと、「すっ飛ぶ」は「吹っ飛ぶ」ではないようだと書いたのですが、「ぶっ飛ぶ」はやっぱり「吹き飛ぶ」が訛ったものではないかと思うのです。そうすると、「ぶっ飛ばす」は「打ち飛ばす」なのに「ぶっ飛ぶ」は「吹き飛ぶ」だという変なことになってしまって、そんなこと考えてるとますます訳がわからなくなってきます。

で、結局この文章は何が言いたいのかというと、言葉のうちの「音」の要素、つまり語感というものが持つ働きは大きい──ということはむしろ副産物であって、私が書きたかったのは言葉にまつわるこれらの連鎖的な思考の広がりは、元を正せば「ぶつ」を辞書で引いたというところから始まっているということです。

辞書ってそういう風に、引いた単語そのものの意味よりも、そこから副次的、連鎖的に広がって行くのが面白いって…。

いや、今回はもうこの辺で終わりましょう。何を訳の解らんことをぶつぶつ言うとるんや、とぶっ飛ばされそうですから(笑)

Copyright©yama-a Feb.2011mark

目次へ 次号へ 前号へ