続・とりとめのない話 〜打ち消しの打ち重ね〜

以前「ぞっとする」と「ぞっとしない」という表現について、一方は肯定形、他方は否定形なのに、ともに否定的な意味合いを表すことの不思議について書いたことがあります(「とりとめのない話」)。

似たような例として「ふざけろ」と「ふざけるな」、「馬鹿言え」と「馬鹿言うな」というのも挙げました。

他にもこういうのは結構あるようですね。

こないだ twitter の私のTL上でこんなことを呟いている人がいました。

関東人は「よく言うよ」と言い、関西人は「よう言わんわ」と言って呆れる

なるほど、これも面白い例です。関東/関西の気質の比較ネタにしているところも巧いです。

主語を考えると「よく言うよ」のほうは二人称か三人称、つまり他者であるのに対して、「よう言わんわ」は一人称、つまり自分であるところが面白いですね。

同じような表現でありながら、《関東版》は聞いたほうが「よくもそんなことを言う」と驚き、《関西版》のほうはそういう人に対して自分が「何も言えない」と呆れるのです。

「とりとめのない話」では打ち消しの意味ではない「ない」についても触れましたが、いろいろな例を見ていると、これは本当に打ち消しなのかどうか悩んでしまうことが意外に少なくありません。

例えば、「ふがいない」。これ何でしょうね?

「不甲斐ない」という漢字が当てられていることがあるのですが、「不甲斐ない」だと「甲斐がない」を更に打ち消したみたいな表現で、じゃあ、甲斐があるのかい?と言うと、甲斐はないのであって、いや甲斐があるとかないとかとは少しニュアンスが違って「意気地がない、頼りない」という意味です。

じゃあ、この「不」は何なんだ?と不思議に思ってもう少し辞書を見ると、「腑甲斐ない」という表記があります。どう考えても、こっちのほうがしっくりくる漢字です。結局「不甲斐ない」は当て字だったんでしょうか?

まあ「腑甲斐ない」も所詮当て字であるような気はしますが(笑)

そしてもうひとつ、なんだかよく分からない打ち消しの例。

「食わず嫌い」っていう表現がありますよね。これは解ります。(いっぺんも)食わないで(そのくせに)嫌いだと言うのです。

しかし、これと同じ構造の「負けず嫌い」って何でしょう? いっぺんも負けてないのに負けるのが嫌い、っちゅう意味ではないでしょう? 単に負けるのが嫌い、なんです。ならばなんで「負け嫌い」ではなく「負けず嫌い」なんでしょうか?

「負けず」=「勝ち」(ま、場合によっては引き分けというケースもありますが)であることを考えると、「負けず嫌い」=「勝ち嫌い」=「勝つのが嫌でいつも負けてやってる奴」という意味にはどうしてならないのでしょう?

でも、なんか「負け嫌い」だと「負けず嫌い」の負け惜しみが強い感じが上手く出ません。「負けず嫌い」とすることによって、まだ負けが決まってないのに、負けかけてきた途端に躍起になっている感じが良く出ています。

しかし、また別の例ですが「負け惜しみ」って何ですかね? 負けることを惜しんでいるわけではありません。負けたことを悔しがっているのです。「くやしい」は「悔しい」とも「口惜しい」とも書くので、「負け口惜しみ」だった解らんでもないですが、負けを惜しむとはどういうことなのか、解ったようでよく分かりません。

まあ、吝嗇家が金を出すのを惜しんで出したがらないのと同じような感じで、ともかく負けるのが嫌で負けたがらない、という意味なんではないですかね?

どうです、私の言うこと分からんでもないでしょ? こうやっていろんな表現が分からんようになって行く気がせんでもない…。

──この先打ち消しの表現を使うたびに頭の中がきっとややこしくなってきますよ(笑)

ごめんなさい、今回もまたとりとめのない話になってしまいました。

Copyright©yama-a Mar.2011mark

目次へ 次号へ 前号へ