続・読むとこんがらがる話

何年か前から言われ始めたことですが、私が勤務している地上波テレビという媒体はプッシュ型に属しています。スイッチさえ入れておけば、なんにもしなくてもいろんな情報をプッシュしてくれるからです。

それに対して、例えばホームページとか、様々な VOD のサービスなどは、自分から中味を選んで取りに行かないと何も得られません。だから、こういう媒体をプル型と言います。

という風に書くと、誰にでも分かりやすい分類のように思えるのですが、しかし、会話の中で突然使おうとすると、これがどっちがどっちだったか咄嗟に分からなくなることがあるのです。

プッシュとプルという対義語を持ってきていて一見分かりやすそうなのですが、なんとなくプッシュという単語に能動的な、プルという単語に受動的なイメージがあるために、受動的な見方をするテレビ=プル型という勘違いをしてしまうことがあるのです。

さあ、1回こういう勘違いをしてしまうと、2回目以降しょっちゅう分からなくなってしまうことになりますよ(笑) 「えっと、自分で引っ張らなくても媒体の方から押し出してくれるからプッシュ型か」などと、頭の中でもごもご唱えて確認してからでないと口にできなくなってしまうのです。

考えてみたら、世の中にはそういう類の対になった単語がいくつかあるような気がします。

例えば円高と円安。円の値打ちが上がるのが円高、円の値打ちが下がるのが円安、と基本的な定義はちゃんと解っているのですが、円の値打ちが上がると$1=¥100 が$1=¥80 になり、円の値打ちが下がると$1=¥80 が$1=¥100 になるのがややこしいんですよね。

ついつい100円が80円になるのが円安で、80円が100円になるのが円高のような勘違いをしてしまうのです。これ、常に1円がいくらなのかという発想をすべきなんですよね。¥1=$0.01 が¥1=$0.0125になるのが円高で、その逆が円安なんだと。

経済学用語にはこういうのってすごくいろいろあって、「えっと、債券の値段が高騰するということは利率が下がるということだから」などと、頭の中で1回考えてからでないと危なくて口にできない気がします。

円高/円安のような例は律儀にペアになってるから余計に間違うのだと思いませんか? もし「円高」という単語しかなかったなら(「春の心はのどけからまし」じゃないですが)間違わないような気がします。

それから、クールビズとウォームビズ。

そもそもはクールビズというのが先に始まって、それを裏返して冬に適用したのがウォームビズですよね?

で、クールビズというのは夏の暑い時にガンガン冷房を効かせるのではなく、上着なし、ノー・ネクタイなどの工夫によって少々高い室温でも涼しく働いて省エネに務めましょうということです。

逆に、冬場に厚着やひざ掛けなどの工夫をすることによって、ガンガン暖房を焚かずに節電/二酸化炭素排出量削減に務めましょうというのがウォームビズのはずです。

そう書けば、それは理解できるのです。しかし、夏は冷房の設定温度を上げよう、冬は暖房の設定温度を下げようという運動じゃないですか。それを考えると冷房をウォームに、暖房をクールにという風に考えてしまって逆になってしまうんですよね。

どうです? 今まで決して間違うことがなかった人でも、これを読んでしまったら少し怪しくなってきたのではありませんか?

そういう事例をまとめたのが、このホームページ開設間もないころに発表した「読むとこんがらがる話」でした。そして、そこから派生したのが「ちゃうちゃう大全」です(註:すみません。このコーナーは2014年5月の全面的改装に伴って削除しました)。

あなたもこんがらがってきたら、是非このページに戻ってきて確認してみてください。

Copyright©yama-a May.2011mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ