車内で遠慮

電車に乗っているとアナウンスが入ります。そういうのが気になる人はあまり多くないのかもしれませんが、私は時々気になるのです。時々気になるから時々これをテーマに書いています(その1その2その3航空機のアナウンスではこれ)。

で、今回は何に引っかかったかと言えば、こういうアナウンスです:

「車内での携帯電話による通話はご遠慮下さい」

どう思われます? 何も感じませんか?

私はそういう風に言われると、

「じゃあ、何による通話なら良いのか?」

と聞き返したくなるのです。

携帯電話がダメなら、固定電話か? しかし、固定電話は車両に持ち込めんし、PHS か? でも最近 PHS 持ってる人少ないしなあ。それにPHS なら通話OKってのは解るんだけど、携帯電話で禁じられてるのが通話だけってのが腑に落ちないし…。

いや、解ってますよ、携帯電話で黙ってメールの読み書きしたりゲームしたりするのは良いけど、大きな声で通話されると迷惑だからやめてくれってんでしょ? それは解るんですよ。でも、それを伝えるのがその表現か?って気がするのです。

「車内での携帯電話による通話はご遠慮下さい」という表現は文法的にはどこもおかしくはありません。なのにこの場合何が問題なのかと言えば、「携帯電話による」という表現が、この一文の中で重すぎるのです。

わざわざ付いている感じがするから、「じゃあ何によるならOKなのか?」と問い返したくなるのです。

それではどうすればそういうツッコミを受けない表現になるか? 多分こうでしょう:

「車内での通話はご遠慮下さい」

車内で大きな声で喋られるのが迷惑なのであって、携帯電話かどうかは大して意味がないはずですので、この際「携帯電話による」などという余計な語句は落としてしまったほうがすっきりするはずです。

元のアナウンス原稿を作成した人は、恐らく耳で聞いた場合「つうわ」では分かりにくいかもしれないと思って「携帯電話による」を補ったのでしょうが、「つうわ」には同音異義語はありません。「つうわ」だけで電話で話すことだと理解できるはずですし、状況を考えると固定電話を使ってる人からクレームが来る恐れもありません(笑)

でも、そうすると文が短くなりすぎて、なんかそっけない、つっけんどんな印象が出てきます。

ならば、こうしてはどうでしょう?

「携帯電話による車内での通話はご遠慮下さい」

語順を入れ替えただけです(笑)

ただ、このことによって、他と区別する意味の係助詞「は」の近くにある単語が「携帯電話」から「車内」に変わったために、「他の電話なら良いが携帯電話は」ではなくて「車外なら良いが車内では」の意味に取りやすくなります。

どうです? マジックみたいでしょ? ことばって面白いと思いません?

ところで、前にも一度書きましたが、この「車内での携帯電話による通話はご遠慮下さい」という表現にはもうひとつ良くないところがあります。私も割合最近まであまり自覚していなかった誤りです。

それは何かと言えば、「ご遠慮下さい」です。「遠慮」は本来自分の行動を制して言う表現であり、それを他人に対して使うのは無礼なことなのだそうです。「お前にそんなことする資格はない」みたいなニュアンスになるということですね。

ならばどう言うか?──「お控えください」ですかね?

そう言えば、大阪市営地下鉄のある駅では女性の声でこういうアナウンスが入ります:

「無理なご乗車は控えてくださるよう、お願いいたします」

これを聞くと私はいつもこうツッコミたくなります:

「お主は武士か?」

そう思いません? 「くださいますよう」じゃなくて「くださるよう」っつうのが、そんな感じでしょ?

いやいや、電鉄関係の皆さん、ああ言えばこう言うで、すいません。これ以上書くのは遠慮させていただきます。

Copyright©yama-a Apr.2011mark

目次へ 次号へ 前号へ